オンライン外国為替取引

お金がなくなる9つの習慣 あなたは大丈夫

お金がなくなる9つの習慣 あなたは大丈夫
何気なくお金を使っていては、貯められません|イメージ画像:ピクスタ

30代で知っておきたい「お金」の習慣

(1)「お金持ち=収入が高い」ではない!「お金持ち」とは、お金の心配をしなくていい人
(2)30代で、お金を貯められる習慣ができれば一生、「お金に困らない」生活が手に入る!
(3)いまの高齢者も年金だけでは暮らしていない! 昔もいまも、そしてこれからも老後の準備資金は必要
(4)30代の年金は、親世代よりも多くもらえる!? 働く女性は現在の世代の3倍以上もらえる人も!
(5)老後期間の見方を変えてみよう! いまの30代は、親世代と比べて準備する老後資金は少なくすむ
(6)90歳まで長生きしても60歳時点で「1250万円+α」あれば大丈夫!
(7)シングルの目安は「60歳時点で最低限1500万円+α」でも、「一生シングル」と決めつけないで!
(8)“年金不安”にいたずらに振り回されない!「10年以上先のことはゆるく考える」スタンスを持とう
(9)どんな人でも、誰でもお金は必ず貯められる! 95%の貯まらない人を救う「貯蓄の先取り」法
(10)新・生活防衛術! 保険と住宅ローンを2200万円節約する方法
(11)夫婦2人で働けば、年収700万円の生活が手に入る。さらに年金が増えるメリットも
(12)たった3つ! 将来、後悔しないために、30代のうちに身につけたい「お金」の習慣
コラム ● 数字のトリックにだまされるな!「老後に1億円」説のカラクリ

第2章 どんな人でもこうすればお金が貯まる!「貯める」しくみの作り方

(13)お金が貯まれば「会社の奴隷」にならなくていい!まずは半年分の生活費を貯めよう
(14)あなたの“貯める力”がすぐわかる! 年間貯蓄額がすぐにわかる人、わからない人
(15)貯めるしくみ化の基本は積み立て! まずは給与天引きできるかを確認しよう
(16)給与天引きができないなら、給与口座からの自動積み立てでしくみ化をする!
(17)口座は3つ用意して「貯める」しくみを作る!「日常で使う口座」、「年間で使う口座」、「貯める口座」で使い分け
(18)日常で使うメイン口座と、年間出費のサブ口座は同じ銀行の同支店で作ると、タダで振り替えできて便利!
(19)思い立ったら1日でも早く始めよう! 早く始めるだけ積み立て額が増える!
(20)積み立て額に悩んだら……まずは1万円から始めて、後から変更する!
(21)最初は100万円を目標に! 貯蓄のペースを確認してシミュレーションする
(22)お金は「使いながら貯めていくもの」。大きなお金が必要になる時期とは?
(23)人生には「お金の貯めどき」が3度到来! その時期は頑張って貯めておこう
コラム ● 人生は計画通りには進まない。大切なのは「柔軟に対応する力」

第3章 3年後、後悔しないための「お金」の使い方をマスターする

(24) 30代のお金の使い方は、一生を左右する。無駄遣いは20代で卒業しよう
(25)お金管理はシンプルにする! 「通帳記載」と「現金の出金」だけで支出がわかる
(26)節約だけでは続かない。 先取り貯蓄をすれば残りは好きに使っていい!
(27)年間支出、年間貯蓄を見直して「ボーナスで補塡する」習慣はやめる
(28)ひとりでも、夫婦でも「ボーナス会議」を開催! 事前に予算を振り分ける
(29)1カ月の総額がすごい金額になる!? 気がつきにくい「なんとなく消費」を防ぐ方法
(30)お金が貯められない人の残念な習慣。それは「ATMでちょこちょこ引き出し」だ!
(31)ATMで生活費をおろすのは、「月に一度、まとめておろす」のが正解!
(32)お金の管理を簡単にするためにも、「クレジットカードは2枚まで」
(33)今の30代には欠かせない!「電子マネー」との上手なつき合い方
(34)夫婦の「お小遣い」は例外は作らずに、定額制を導入する
(35)共働き夫婦は、積み立て額を情報共有し、「別名義」で貯蓄する
(36)給与が増えたときがチャンス! 収入アップの分は積み立てへ
(37)月間ではよく見えない支出は、項目をまとめて年間支出を確認する
(38)お金の管理は「年間」でできれば合格。1年ごとに収支決算してみよう
コラム ● 他人と比較して焦る必要はない。メディアの情報は話半分に聞いておこう

第4章 なぜ、40代バブル世代は稼いでいるわりに、お金が貯まらないのか

(39)40代バブル世代の家計は“隠れメタボ”! 反面教師にすればお金は貯められる
(40)年収1000万円あっても「お金に困っている」「将来が心配」な理由
(41)30代は絶対にマネしてはいけない! バブル世代が「貯められない」5つの習慣
(42)クルマの支出は年間約100万円! 年収100万上げるのと、どっちが楽?
(43)クルマを持たずタクシー活用〜年間50万円まで乗り放題! タクシーを使っておトクで便利な生活をする
(44)シングル女性必見! 結婚、出産を乗り越えて「細く長い」働き方ができれば、年収は下がらない!
(45)年収200万円でも正社員ならば、パートとは30年で3000万円の差、プラス年金が大幅増額になる!
(46)ネット生保vs大手生保はズバリどっちが得? 生保選びで大切なのはイメージではなく保障内容と保険料
(47)バブル世代の住宅ローンは「ボーナス返済」に頼りすぎ。ボーナスに頼らない30代の賢い住宅ローンの組み方とは
(48)公立中か私立中か? 30代は子どもが小学生までに、進路や将来のおおまかな見通しをつける!
(49)「中学受験」は、受験準備だけで最低300万円。中学校からの学費も含めて計画を
(50)教育費は子どもが高校までは生活費から捻出しようこの期間で貯金ができないのは、家計の破綻の第一歩!
コラム ● お金に関する話は夫婦間の意思疎通が大事。いつまでも“仲良しカップル”でいよう

第5章 知れば1200万円トクをする! 30代の保険の選び方、入り方

(51)保険は「必要な分だけ買う」。コツを押さえれば保険料は1000万円もカットできる!
(52)保険料は人件費分、おトク! シンプルな商品をネットでダイレクトに買おう
(53)生命保険で必要なのは「死亡保障」か「医療保障」のみ。目的別に別々の商品で加入しよう
(54)「独身」と「結婚しても子どもナシ」は医療保険のみでOK。子どもができたら死亡保障を追加しよう
(55)病気になったら、頼れるのは「健康保険」と「現金」。民間の医療保険は入院や手術に備える、3番目に頼るもの
(56)知らないとソン! 医療費の自己負担は最高で月9万円弱。月2万円までしか、かからない会社も!
(57)医療保険で必要なのは「入院給付金」と「手術給付金」だけ。無事故ボーナスやお祝い金などの「特約」をつけると割高に
(58)30代の医療保険の保険料は、月々5000円では払いすぎ! 月々2000円前後で十分な保障が手に入る!
(59)あなたが死亡したら「国」や「会社」の保障あり。「遺族年金」「死亡退職金」「遺児育英年金」などを確認しよう
(60)死亡保障は高ければ高いほど、保険料も高額に。本当に必要な保険にだけ入って、ムダなお金を節約しよう
(61)死亡保障を安く買うには「掛け捨ての定期保険」に「必要な期間だけ」、「ネット通販で」加入するのがコツ
(62)国が保障してくれる「遺族年金」は、共働きの妻が死亡したら、夫は年金をもらえない!?
(63)30代は保険で「貯蓄」をしないこと! 年金保険、変額保険などの「貯蓄型保険」に入ってはいけない!
コラム ● 医療保険は、ある程度貯蓄ができたら“卒業”しよう

第6章 家は40代で買いなさい! お金を減らさないマイホーム購入術

(64)なぜ結婚と同時に家を買ってはいけないのか。住宅購入は「遅いほどトク」と心得よう
(65)賃貸と持ち家は、「どちらがトクか」と比較せず、自分のメリット、デメリットで選ぼう
(66)親世代と決定的に違うので要注意! いまの30代は、マイホームを一度買ったら住み替えが難しい
(67)30代で「終の住み処」を選ぶのは危険! ライフスタイルが固まる40代で買うのがベストな理由
(68)30代のうちは賃貸を上手に利用して、ライフスタイルに合う住環境を手に入れよう
(69)マイホームの「頭金づくり」でローン返済期間のトレーニングをしよう
(70)「物件価格の3割+200万円」が用意できるまでマイホームは買ってはいけない
(71)「借りられる額」と「返せる額」は違う! 住宅ローンは60歳までに完済できるプランを組もう
(72)「家賃並みの返済額」「いざとなったら貸せばいい」…売り手が流す情報をうのみにしてはいけない
(73)すでに買った人も大丈夫! ローン60歳完済計画を立て利息を減らす方法
(74)繰り上げ返済すると利息が減っておトクだけれど、必要な貯蓄は残しつつ、計画的に実行するのが大切
(75)マイホームや保険を決める時、売り手側にだまされて後悔しない方法とは
コラム ● 住宅は新築のほうがいいに決まっている? 中古の意外な魅力とは

第7章 将来泣かないために、30代で「だまされない」投資力を身につける!

(76)「貯める力」と「減らさない力」に加えて「殖やす力」を身につければ、これから怖いものなし!
(77)30代は投資のトレーニングの開始時期。だまされないためのお金の知識をどう身につけるか
(78)預貯金が「徒歩」なら、投資は「自転車」。投資の勉強は、実際に「やってみる」ことが大切
(79)投資をするには、銀行や郵便局は向かない手数料が安いネット証券に口座を開くといい理由
(80) 30代だったら、まずは10万円を投資! 痛い思いやおいしい思いを体感するのが大事 お金がなくなる9つの習慣 あなたは大丈夫
(81)投資するなら“練習向き”の「投資信託」から。なぜ、日本株の「インデックス・ファンド」がお勧めなのか
(82)投資商品は「手数料」が安いものを選ぶのが鉄則。金融機関で勧められる商品は要注意!
(83)「ギャンブル性が高い」「カモにされる」「手数料が高い」この3つは買ってはいけない金融商品の代表!
(84)「買って、持って、売る」が1つの経験。投資商品を買ったら、「いくらになったら売るか」を考えよう
(85)「おつき合い」でいい商品と実感できたら、長期の「結婚」へ! お勧めは積み立て投資
コラム ● 投資を始めると、自然に経済の知識がついてくる。景気の先を読む力をつけ”稼ぐ力”も鍛えよう

あとがき

深田 晶恵(ふかた・あきえ)
ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。1967年生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない、独立系のFP会社である生活設計塾クルーのメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて、「買う側に立った視点」でのマネー情報を発信している。15年間で受けた相談は3000件以上。「すぐに実行できるアドバイスを心がける」のをモットーとしている。
日本経済新聞夕刊、日経WOMAN、日経ビジネスAssocie等でマネーコラムを連載中。
『住宅ローンはこうして借りなさい・改訂3版』、『住宅ローンにだまされるな!住宅ローン見直し編』、『災害時 絶対に知っておきたい「お金」と「保険」の知識(共著)』、『生命保険はこうして選びなさい・新版(共著)』(いずれもダイヤモンド社)、『女子必読!幸せになるお金のバイブル』(日本経済新聞出版社)などがある。

貯金したいのにできない!そんなあなたも大丈夫。
ほったらかしでお金が貯まる5つの貯金術

小南由花
FPwoman Money Writer's Bank 所属ライター

ファイナンシャルプランニング技能士2級(AFP)・日本学生支援機構認定スカラシップ・アドバイザー(平成29年9月認定)。
「島村由花」の筆名で学校系の執筆活動をしています。
社会制度が激変する現代、朝日新聞「知恵蔵」の時事用語コラムの執筆経験を活かして、
世の中の動きをわかりやすく解説。読者のみなさんの大切な「お金」と「安心」を守りたいですね。

f 若い女性

「老後資金は2000万円」って本当?どうやってお金を貯めたらいいの?

お金を貯める5つのメリット

1.冠婚葬祭・家電の故障・交通事故など、不意の出費に備えることができる
2.ほしいものが買える
3.お金がなくなる9つの習慣 あなたは大丈夫 頭金があれば、自分の気に入ったマイホームを手に入れることができる
4.子どもの教育費で悩むことが減る
5.老後も安心して暮らせる

お金を貯められない人の7つの習慣

2.贅沢する習慣がある
「年収が高いのに貯金できない」と悩んでいるあなたは、高価な服を買ったり、外食が多かったり、頻繁に飲み会や旅行に出かけたりする習慣がありませんか。
たまに贅沢するのはいいことですが、まず必要な金額を貯金しましょう。

3. 食費が高い
無農薬野菜や国産の食品にこだわると食費がかかります。
まずはエンゲル係数をチェックしてみましょう。

4.住宅費がかかりすぎている
あまり意識しないことが多いですが、住宅ローンや家賃をたくさん払っていませんか。住居費は収入の30%以下が目安。
節約のために家賃の安い家に引っ越す、実家に住むなどの方法もあります。

5.教育費が多い
「子どもには好きなことをさせたい」というのが親心ですが、塾や習い事が多すぎると教育費が家計を圧迫します。
教育費がかかりすぎているような気がした時には、きちんと教育費を計算することをお勧めします。

6. なんとなく無駄づかいしている
毎日、会社の帰り道にコンビニに立ち寄って、なんとなくスイーツやお菓子を買ったり、頻繁に自販機でコーヒーやジュースを買ったりしていませんか。ちょっと思い返してみましょう。

お金を簡単に貯める3つのポイント

1.貯金をする目的をはっきりさせる
2.貯金する目標額を決める
3.自動的に貯金できる仕組みを作る

ほったらかしでも大丈夫!5つの楽々貯金術

f 金貨

1. 天引き貯金をする
給料の振込口座から、自動引き落としサービスなどを活用して貯金します。給料日と同じ日に引き落とし日を設定しておくとよいでしょう。

2.財形制度の利用
もし、お勤めの会社に給与天引きの財形制度があれば、積極的に利用しましょう。
車・旅行・結婚・教育など自由に使える「一般財形貯蓄」、貯蓄残高550万円まで利子等非課税の「財形住宅貯蓄」、「財形住宅貯蓄」と合わせて貯蓄残高550万円まで利子等に税金がかからない「財形年金貯蓄」の3種類があります。

5.「iDeCo」に申し込む
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」は、毎月一定金額を積み立てる年金。月額5,000円から積み立てられて所得税や住民税が節税でき、運用で得た定期預金利息や投資信託運用益も非課税。
60歳以降にまとめて一括で受け取ると「退職所得控除」、分割で受け取ると「公的年金等控除」の対象になります。
iDeCoを始める前に読んでもらいたい注意事項4つ

自己肯定感が低い人必見!高める方法と悪い習慣を学ぶ

自己肯定感を高める方法

ものを捨てられない人は、自分の好きなものが定まっていない証拠。自分の好きなものを見失っている状態ということです。「いつか使うかも」と、不明確な未来を心配するのは止めましょう。「もったいないから」と、自分が好きかという基準を無視するのは止めましょう。自分が好きなものを厳選する…。ただそれだけで、自分の感覚が尊重されることに繋がり、自然と自分を受け入れられるようになります。さらに、好きなものに囲まれて過ごすだけで、毎日が楽しくなりますよ。1年以上着ていない服や使っていない小物などがある場合は執着せず、思い切って手放しましょう。

  • 【関連記事】断捨離で人生が変わる!初めてのミニマリスト・ガイド

ちょっと良いものを買う

日常的に「安いやつで良いや」と、安売り商品を優先的に買っていませんか?特に歯ブラシ・タオル・ペン・コップなどは、特にこだわりなく使っている人は多いと思います。でも実は、そんな人こそ知らず知らずのうちに「自分みたいな人間は安いやつで十分」と自ら自己肯定感を下げる考えを根付かせてる可能性が。ちょっと高級な歯ブラシ・タオル・ペン・コップを1つ買うだけで、使うときになんだかワクワクするはずです。そんな風に、自分の身の回りにあるものをグレードアップすることは、自分の何気ない日常に楽しみを与えることにも繋がります。さらに、この小さな自己投資をしたことで"自分を大切にしてる"という気持ちも芽生えるはずです。

1日に自分ができたことを記録するポジティブ習慣化アプリ。できないことではなく"できた"ことを書くだけなので無理なく続けることができます。また、ちょっとした格言がでてくる面白い仕掛けも。直感的に操作できる機能とシンプルなデザインは男女問わず利用しやすいです。

App Storeからダウンロード

日常の小さな幸せを見つけて、心を癒したい人にはこれ。デザインが可愛らしいので使っているだけでも気分が上がりそう。写真を添付できるのも嬉しいポイントです。過去の記録も読み返しやすく"良いこと"だけに触れる時間も自然と確保できるので、次第にポジティブな気持ちになりますよ。

App Storeからダウンロード

人とできたことを共有したい人におすすめ。アカウントを作ったりする必要もないので、始めるときの煩わしさもありません。他の人のできたことを見ているだけでも面白く、こちらまで前向きな気持ちになれます。「こんなことでも褒めて良いんだ!」という新しい発見もできるはずです。もちろん、自分の投稿は公開・非公開どちらも可能です。

Google Playで手に入れよう

その日の"良いこと"を3つ探して書き出すアプリ。3つというと難しそうだけど、リフレーミングの練習にも最適です。自分の成功体験を記録して積み重ねていくことで、次第に自信が生まれてくるはず。また、普通の日記としても活用できるので、自己肯定感が上がったな、と思う人でも日常便利ツールとして使うことができます。

Google Playで手に入れよう

人が生きるために必要な"食"。それを探求することで得られるメリットは意外と多いんです。料理が好きになると積極的に自炊をするので外食やコンビニ弁当などが減り、食生活も改善されます。その影響で体の調子が良くなるだけでなく、痩せる効果も期待できるんです。そうすることで、体調不良で悩んでふさぎこんだり、自分のビジュアルに劣等感を抱く回数も激減!さらに、料理は女性と話すときの話題やネタとしても振りやすく、話も広げやすいです。日々の食事を作るのはちょっとハードルが高い…。そんな人は、週末の楽しみとして燻製作りやパン作りなど、ひとつのジャンルに特化して作るのもおすすめ。

運動や筋トレ

運動や筋トレは続けることで体や体重にも変化が現れるので、自己肯定感UPにはもってこい!だからといって「毎日ランニングを30分する!」「筋トレ15分を4セットしなきゃ!」というような高い目標を最初に立てるのは止めましょう。雑誌やYouTubeで紹介しているトレーニング方法をそのまま実践しようとすると、途中でイヤになってしまい三日坊主になる可能性大です。そうなってしまうと「結局自分はダメだ」と再び自己肯定感が下がる…というドツボにハマってしまいます。週3くらい「とりあえずやる」といったゆるい気持ちで続けてみてください。"継続している"という状況を作り出すことが、1番自己肯定感が高まります。

これはやめて!あなたの自己肯定感を低くする6つの習慣

お金がなくなる9つの習慣 あなたは大丈夫
1会話中に何度も「すみません」と言う

「すみません(すいません)」って便利な言葉ですよね。声をかけるときにも、謝るときにも、お礼を言うときにもつい使いがちな言葉です。上司と会話をしているときの返事が「すみません、それは~」。電話口での最後の言葉で「すみません、失礼します」。何かを手伝ってもらったとき「すみません、ありがとうございます」。こんな風に「すみません」が咄嗟につい出てしまう人は要注意。へりくだる物言いに慣れてしまっている可能性が高いです。「すみません」という言葉を付け加えず、気持ちがストレートに伝わるような言い方を心がけましょう。そうすることで気持ちの表現が豊かになり、他人とのコミュニケーションも円滑になります。

2 先のことばかり考えて不安になる

いわゆるマイナス思考の人は、何か行動を起こすたびに最悪なことを想定して動いてしまうのだとか。最悪なことが起こる確率は極めて低いのに、起こったときのことばかり想像してしまうんです。予期せぬことが起こると「何かの前兆だ!」「破滅フラグが立った!」などと思い込み、常に不安がつきまとっている状態に。そんな状態をずっと続けていると身体も疲れてしまいます。起こるかどうかわからない未来の心配はせず、目の前のことを楽しむことを意識してみましょう。

3 他者からの評価ばかり気にする
お金がなくなる9つの習慣 あなたは大丈夫

「人からどう思われているのか」それは、誰もが気になるものです。でも、すべてのことを他人基準で考えていると自分の本当に好きなこと&好きなものがなんなのか、わからなくなってしまいます。そうなると、自分の意思と反する言動が繰り返されることとなり、次第に心がストレスでいっぱいに。あなたのことはあなた自身が好きだったらOK!他人にどう思われているかは二の次です。自分のやりたいこと、好きなものを優先して物事を決断するように心がけてみてくださいね。

4 何事も他人のせいにしてしまう

「なんでも良いよ」「お任せします」。こんな台詞をよく使う人は、自分で物事を決める機会を自分で損失していることに。それを繰り返すうちに何事も"人のせい"にすることがクセになってしまいます。人のせいにするのは楽ですが、それはただの責任転嫁です。問題解決能力が下がるだけでなく、自分の意見を尊重できない人になってしまいます。まずは"自分の気持ち"を第一に行動したり、判断したりするように心がけて。仮に失敗しても、自分で決めたことなら諦めもつくし、そこまで落ち込まないはずです。

お金がなくなる9つの習慣 あなたは大丈夫
5 他人への愚痴や悪口を言う

人間関係でイライラしたときに、ついやってしまいがちな愚痴や悪口。発散という意味でたまに口にするなら良いですが、特定のキライな人への不満を言うのが常習化していませんか?他人のダメな所にばかり目がいく人は、心の中で「あの人より自分の方がマシ」と思い込むことで自分の価値を確認したがる節があります。比べるなら、他人ではなく過去の自分と比べましょう。そうすることで自己成長への意識が生まれ、物事を前向きに考えられるようになります。

お金がなくなる9つの習慣 あなたは大丈夫

6 SNSの「いいね!」の数字を気にする

最近よく耳にする【SNSによる承認欲求】。投稿した内容にたくさんの「いいね」がもらえると、自分が「多くの人に認められてる」と嬉しくなることを言います。この「他者から評価されたい」という感情に振り回され、投稿後SNSを頻繁にチェックしてしまう人は要注意!「いいね」の数が自分への評価だと思い込み、数が少ないと「自分はダメだ…」と自己否定に繋がってしまいます。さらに、SNSは人と自分を比べてしまう最大の危険ツール。「自分より楽しそう・すごい・優れている」と思う投稿であふれ、それに精神的疲労を感じることも。気にしすぎる人はSNSをスッパリ止めるのも、自己肯定感を高める手段のひとつです。

子どもの自己肯定感を高めるには?親がすべきこと

仲良し親子

先ほどの内閣府のデータからわかる通り、日本の若い世代は海外の子たちと比べても圧倒的に自己肯定感が低く、高校生になるとなんと7割以上の子たちが「自分はダメだ」と思っているのだとか。幼少期の親の教育が大きく影響を与えると言われる自己肯定感…。そんなこと言われると、親の方もプレッシャーですよね。子どもの自己肯定感を高めようとするのは本人の問題も大きいので、親でもなかなか難しいかもしれません。でも、親が子どもの自己肯定感を下げないようにすることはできます。どんなことを気を付ければ良いのか。子育て中に意識してほしいことを簡単にまとめてみました。

子どもの意見を尊重する

小さいときは思わず「こっちの方が良いんじゃない?」「これをやろうね」なんて声かけてしまいますよね。私にも思い当たる節がありすぎて…反省。子どもの行動を親が決めてしまうのは極力避けた方が良いそうです。まずは干渉することを極力控え、子どもの考えや行動をすべて受け入れてあげるようにしましょう。

子どもの話をよく聞く

忙しいときに話しかけられると思わず「はいはい」と適当な相槌をうって聞き流してしまいますが…。これも子どもは気づいています。「自分の話を聞いてくれないのは、自分に興味がないからだ」。そう思った瞬間から、子どもの自己肯定感はどんどん下がっていく一方です。また、話を聞いてあげたとしても、それを頭ごなしに否定するのもNG。突き放される言い方をされると、子どもは自己否定された気持ちを引きずってしまいます。

結果だけでなく、過程にも目を向ける

勉強や運動は「できる・できない」。歌や踊りも「うまい・下手」。こんな風に結果だけを見て、子どもに声をかけていませんか?子どもが何かに挑戦するときのほとんどは、好奇心からです。本人にとっては楽しくやっているのに「次はもっと頑張ってうまくやろうね」「〇〇できないと将来苦労するよ」など言われてしまうと、それだけでやる気が下がってしまいます。結果よりも継続して頑張ろうとする気持ちを尊重してあげましょう。子どものやる気スイッチを押すのは、いつだって親の言動です。

他の子と比べない

よくあるのは兄弟・姉妹で比較する発言をしてしまうこと。競争心を煽るために使ってしまいがちな「〇〇ちゃんの方が上手だよ」というのも、子どもはどんどん自信をなくしてしまいます。「どうしてできないの?」「頑張らないからできなんだよ」など、子どもを否定するような言葉も決して投げかけないように。できないことがあっても責めたり怒ったりせず、マイペースにやらせてあげることが重要です。

自己肯定感を高めたい人におすすめの本3選

自己肯定感を高める方法は、まだまだ世の中にはたくさんあります。心理カウンセラーや精神科医などの専門家が監修した専門書も数多くあり、独自のやり方や哲学を絡めた方法など、さまざまなことが書籍で紹介されています。多くの自己肯定感に関する本があふれている中、古本屋スタッフmomoが特に読みやすかった本を3冊選んでみました!

お金持ちになれない人の10の習慣。逆をやればお金持ちになれる!


もしも自分が当てはまると感じる場合は、まずは お金を得ることを前向きに捉えられるようになること が大切です。お金持ちになるにはまずはお金に対する考え方を変える必要があるんですね。例えば過去にキャッシングやカードローンの使い過ぎで返済地獄に陥った経験がトラウマになっている場合は「お金を得たらまたたくさん使ってしまうかもしれない」とネガティブに考えるのではなく「使っても大丈夫な額を決めて、その範囲内で使えば大丈夫」と肯定的に考えましょう。

2.争いを好まない

こうした人は、人との争いではなく、 自分の目標に焦点を当ててみましょう。 目標達成に向けて努力すれば、おのずと結果は付いてきます。そして新たな目標を掲げ、そこに集中できる環境を整えていくことが、お金持ちへの近道といえるでしょう。

3.「~べき」と考えてしまう

もちろん何か目標がある場合、それに向けて浪費を抑えるのは良いことですが、極端にセーブすることはやめましょう。我慢しすぎず、 小さな欲求を叶えながら目標達成を目指すこと で、効率良くお金を貯めることができます。

4.当たり前のマナーを守れない

まずは身の回りのことをひとつひとつ見つめ直し、 マナーを守った生活を送ることから始めましょう。 きちんと整った生活は心にゆとりをもたらしてくれます。その心のゆとりこそが、お金持ち体質への大きな1歩です。

こうした4つの要因によって「お金持ちになりにくい体質」が形成されてしまいます。そしてこれからご紹介する10の習慣によってその体質はますます強まってしまいます。逆にいえば、 それらの習慣と逆のことをすれば、着実にお金持ち体質へ近付ける ということです。今すぐチェックして、当てはまるものはどんどん改善していきましょう。

■【お金持ちになれない人の習慣1】財布の中身を把握していない

支出のバランスを掴むために、 常に財布の中身は把握しておきましょう。 そのためには財布の中にレシートなど余計なものは入れず、いつもスッキリと見やすい状態にしておくことが大切です。ちなみにレシートは1日の終わりに集計して、別の場所に保管すると良いでしょう。そうすると常に出費と残金を振り返る癖がつき、無駄遣いをしなくなります。

■【お金持ちになれない人の習慣2】限定品に弱い

お金持ちの人はこういったワードに踊らされることがなく、 必要なものを必要なタイミングで購入するスタイルが定着しています。 必要であれば定価で購入するし、必要でなければ限定品であっても、セールでどんなに安くなっていても購入しません。そういった潔さが、お金持ち体質になるために必要不可欠です。価格が安くなっている時はすぐに飛びつくのではなく、一旦冷静になる時間を作りましょう。後から後悔しないためも衝動買いは避けましょう。

■【お金持ちになれない人の習慣3】行列に並ぶ

お金持ちは 行列が嫌い です。混雑した場所も同じように好みません。行列に並ぶことや混雑で疲れることを避けるために、時期や時間帯をずらしたり、事前に予約をしたり、場合によっては多少お金を払ってでも混んでいない時期や場所を選んだりします。つまり、人と同じことに時間やお金を使うのではなく、ときには 時間をお金で買うくらいの余裕を持っています。

お金持ちを目指すなら、 人と違う行動を取りましょう。 どうしたら時間やお金を効率良く使えるかに重点を置くことで、無駄なストレスもなくなり、充実した生活基盤が整っていきます。

■【お金持ちになれない人の習慣4】買い物の目的を決めていない

お金持ちになれない人ほど 「ついで買い」 をしてしまう傾向があります。例えば100円ショップに行ったとき「どうせ100円だし」とあれもこれも買ってしまったり「いつか使うだろう」と同じものをまとめてたくさん買ったりします。目的のものを買うだけで欲求が収まらず、つい他の棚もチェックしてしまう行動によって、無駄遣いが生じるのです。

一方お金持ちの人は、 買うと決めたものしか買いません。 何となくお店に入って計画性のない買い物をすることがほとんどなく、目的がぶれません。逆に本当に必要なものには、惜しみなくお金を使います。このメリハリこそが、お金を効率的に貯めるコツといえるでしょう。

■【お金持ちになれない人の習慣5】支出を把握していない

収入と支出の把握を避け、何となくお金をやりくりしている人はたくさんいます。確かにお金の流れを随時チェックすることは面倒ですが、お金持ちになるためにはとても重要なことです。むしろ、 きちんと支出を把握できていなければお金は貯まらない といっても過言ではありません。

■【お金持ちになれない人の習慣6】自分に投資をしない

お金持ちの人ほど、 自分への投資を惜しみません。 例えば仕事に役立つ資格取得のための講座受講費用など、自分自身の成長に繋がるもの、あとで何らかのリターンが来ると予想されるものに関しては、迷わず投資する傾向があります。それに対して貧乏体質の人の場合は、そういった「確実性のないもの」に関しては財布の紐が堅く、悩んでしまいがちです。仮にその講座費用がトータルで数十万円かかる場合、その目先の出費ばかりに気を取られ、なかなか投資に踏み切ることができないのです。

そのように閉鎖的に考えて努力をしないでいても、なかなか収入は増えません。逆に 自分にお金を投資して実力を伸ばしていけば、確実に結果は付いてくるでしょう。 そういった自分への投資マインドの強い人に、成功者は多いです。目先の損得ではなく長期的な損得を考え、自分への投資は惜しまずに行いましょう。

■【お金持ちになれない人の習慣7】「暇つぶし」をする

なかなかお金が貯まらない人に共通しているのが、暇を見つけては 「暇つぶし」 をすることです。テレビや読書、映画や旅行などさまざまな暇つぶしがありますが、中でも特に多いのがスマートフォンを使った暇つぶしです。SNSをしたり、ゲームをしたりと空き時間にスマートフォンを操作している人はたくさんいるでしょう。そんな暇があったら、ブログを書くとか、本を読むとか、自己投資に使った方が良いです。

お金持ちの人は基本的に、 暇つぶしをしません。 仕事に役立つ勉強をしたり、本を読んだり、副収入になることを行ったりと時間を有意義に使っています。お金持ちほど時間を大切に使い、お金持ちになれない人ほど時間を無駄に使ってしまいます。

■【お金持ちになれない人の習慣8】貯金が好き

お金持ちの多くが、ある程度まとまった貯金ができた段階で事業や株式に 投資 をします。目的のない貯金を行うよりも、そのお金を使って資産運用する方が効率良くお金を増やせると知っているからです。目的もなく貯金をしている人は「貯金=最も堅実なお金の運用法」という固定概念を捨てて、もっと賢くお金を運用することが求められます。

お金を運用するには、 「ソーシャルレンディング」 がオススメです。ソーシャルレンディングとは「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」をインターネット上で結びつけるサービスです。

ソーシャルレンディングは 1万円から投資 をすることができ、株式投資やFXに比べて予備知識をあまり必要としないため、 投資初心者にも向いています。 またソーシャルレンディングに投資した場合、平均8%と銀行預金に比べ高利回りのため今注目を浴びている投資方法です。

以下にオススメをご紹介します。 口座開設は5分 でできます。 1万円からの少額投資 ができますので、以下のバナーから気になるソーシャルレンディングに無料登録をしましょう。

■【お金持ちになれない人の習慣9】ATMでお金を引き出す

こうした習慣を打開するためには、 給料日に一度すべての生活費を引き出して、週ごとやカテゴリーごとに袋分けする という方法があります。ただこれはきちんと管理ができる人には適した方法ですが、1ヶ月に自分がどのくらいお金を使う予定なのか見えていない人には向いていません。どれかひとつの袋のお金がなくなりそうなとき「他の袋にまだお金があるから大丈夫」と、結局管理できずに終わってしまうことが多いです。

お金持ちの人は、 ATMの使用頻度は週に1回程度 。曜日を決めてお金を引き出します。このスタイルをきちんと実行している人ほど、お金を貯めることに成功しています。おすすめは、 週の初めの月曜日を「ATM利用日」と決めておき、その週に使う予定のお金をまとめて引き出すこと です。お金の減り具合を見ながら計画的に1週間を過ごすことができるため、自分のお金を使うペースがわかりやすいというメリットがあります。この方法なら、気付いたらお金がなくなっていることもありません。週に1度ならお金を管理するのに長すぎず、短すぎずちょうど良いタームで続けやすいです。ぜひ実践しましょう。

■【お金持ちになれない人の習慣10】ものを捨てない

お金を効率良く貯めることができる人は、片付け上手です。特に重要なのが、不要なものを処分する 「断捨離」 。読まなくなった本などのものを捨てることができるかどうかで、上手に貯金額を増やせるかどうかが決まります。

つい不要なものを買ってしまう人は、捨てることも苦手です。まずは断捨離して不要なものを片付け、手持ちアイテムの種類や数を把握することから始めましょう。そうすると読まなくなった本など余計なものを買うことがなくなり、自動的に節約に繋がります。そしてこだわって選んだお気に入りのものだけを購入することで、 ものを大切に使おうとする気持ちがより一層芽生え、長年使い続けることができるでしょう。 本当に必要なものだけに囲まれた生活を送ることで、お金の貯まりやすさが確実に変わるはずです。

■【お金持ちになる方法1】無駄な付き合いに時間を使わない

社会人になると会社の先輩、後輩に飲み会に誘われることが多いです。会社の関係だけではなく、プライベートな友達も含めると毎週飲み会に誘われる方も多いでしょう。しかし、全ての飲み会に参加していると無駄な出費が増えて、 お金を稼ぐための時間やお金を自分に投資することができません。 お金持ちになる為には自己投資(本を読むなど)がオススメであり、無駄な時間やお金を使うべきではありません。 お金以上に時間の無駄使いが問題です。

既に経営者として成功されている方は娯楽に幾ら時間を使っても問題ありませんが、これからお金持ちになりたいと考えている方は 1日24時間を無駄なく将来の自分に投資 をする必要があります。特に資産がない頃はお金の代わりに、時間を投資する必要がありません。

お金持ちになるための習慣として、 無駄な時間を使わないことが重要 です。考える時間が多ければ新しいビジネスモデルの模索にも時間を使うことができます。

■【お金持ちになる方法2】働いていない時間をお金に変える

ビジネスオーナーになれば 自分が管理者として何もしていなくてもお金を稼ぐ ことができます。サービス業、飲食店、IT会社、人材派遣業、営業会社など、どの業種でも同じです。最初は仕組み作り、その後に自分が居なくても回るビジネスを作ることができれば、自分が直接的に働かなくてもお金を稼ぐことができます。ビジネスオーナーになれば、違うビジネスを立ち上げることで収入の幅を広げることができます。

お金持ちの方は上記のように自分が直接的に 働かなくてもお金を稼ぐための思考を習慣的に行なっています。 インターネットの発達によってビジネスチャンスが広がっています。自分の得意な事とインターネットを組み合わせる事で、人を惹きつける何かを生み出せるかもしれません。

FPは見た。お金が貯まらない女子がやりがちな5つの習慣

何気なくお金を使っていては、貯められません|イメージ画像:ピクスタ

財布の中の金額を回答できない方は、何気なくお金を使っていることが多いです。

出勤前にカフェを購入したり、帰宅前にはコンビニに立ち寄ってスイーツを購入したりしています。1つ1つの金額が安いため「ご褒美に買っても良いよね~♪」と気持ちが緩みがち。しかし、安い金額でも積み上がれば、大きな金額になってしまいます。

お金が貯まらない習慣②起床時間のギリギリまで寝ている

起床時間は何時ですか?起床時間のギリギリまで寝ている方は、慌てて身支度をしてしまいがちです。その結果、ムダな出費が増えてしまいます。

お金が貯まらない習慣③人に誘われると断ることができない

「人に誘われると断ることができないんだよね…」と悩む方は多いです。相手に嫌われるのが怖くて断ることができない人は、お金に嫌われてしまいます。

交際費は積み上がると、大きな金額に膨れ上がります。交際費は削れば良いものではありませんが、有意義な飲み会であるか、頻度は適切かを考えて参加するように心掛けましょう。

お金が貯まらない習慣④「新製品」「限定品」の言葉に弱い

しかし、新商品がイメージと違って、使用しないまま収納の中に眠りっぱなしということも多いです。身に覚えがある方は注意が必要です。

お金が貯まらない習慣⑤ATMに行く頻度が多い

ATMに行く頻度が多い人は、残念ながら貯金体質になれません。毎月の支出額を把握せずに、予算内で生活ができないため、ATMに行く頻度が増えてしまうのです。

「口座にお金があるし、ATMで引き出しちゃえばいいや♪」という軽い気持ちを持っている人は、早朝や深夜の手数料がかかる時間帯にATMを利用している傾向もあります。

実際に、筆者の私は貯金が苦手な体質でしたが、貯金体質になれました。誰でも貯金体質になれるのです♪お金が貯められないと悩んでいる方は、これを機会に生活習慣を見直してみてくださいね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる