暗号資産オプション取引の基本

米国株投資までの5ステップ

米国株投資までの5ステップ
クレジットカード

【海外市場動向】米国株式市場は続落、景気後退懸念が重し(19日)

「米国預託証券概況(ADR)」(19日)
NTT 、デンソー 、HOYA 、富士通 が堅調な半面、ソニーG 、ファナック 、任天堂 、ファーストリテ 、日東電 が冴えないなど、対東証比較(1ドル127.84円換算)で高安まちまち。
コード 銘柄名 終値 前日比 日本円換算価格 日本終値比
7203 (TM) トヨタ 155.89 0.41 1993 -12
6758 (SONY) ソニーG 88.71 1.64 11341 -49
9432 (NTTYY) NTT 30.72 0.56 3927 44
8306 (MUFG) 三菱UFJ 5.59 0.00 715 -0.5
9984 (SFTBY) ソフトバンクG 19.83 0.54 5070 15
6954 (FANUY) ファナック 15.60 0.米国株投資までの5ステップ 30 19943 -37
7974 (NTDOY) 任天堂 57.60 0.68 58909 -251
9983 (FRCOY) ファーストリテイ 45.39 -0.24 58027 -133
7267 (HMC) ホンダ 25.01 0.47 3197 -1
6902 (DNZOY) デンソー 28.93 0.55 7397 51
8001 (ITOCY) 伊藤忠 55.60 -0.51 3554 -16
8316 (SMFG) 三井住友 6.05 0.09 3867 -23
8031 (MITSY) 三井物 480.00 5.00 3068 11
7741 (HOCPY) HOYA 98.99 1.79 12655 50
8766 (TKOMY) 東京海上HD 52.13 -0.89 6664 5
7751 (CAJ) キヤノン 25.05 0.33 3202 -11
6702 (FJTSY) 富士通 30.99 -0.米国株投資までの5ステップ 24 19809 104
8411 (MFG) みずほFG 2.32 0.04 1483 -28.5
4901 (FUJIY) 富士フイルム 53.90 -0.14 6891 6
5108 (BRDCY) ブリヂストン 18.99 0.45 4855 -23
7733 (OCPNY) オリンパス 20.32 米国株投資までの5ステップ 米国株投資までの5ステップ -0.28 2598 -14.5
6301 (KMTUY) コマツ 24.40 0.57 3119 -21
6503 (MIELY) 三菱電 21.90 0.53 1400 4
8591 (IX) オリックス 89.53 米国株投資までの5ステップ 1.59 2289 -12
6723 (RNECY) ルネサス 米国株投資までの5ステップ 5.61 0.18 1434 3
8802 (MITEY) 菱地所 14.14 0.17 1808 -10
8002 (MARUY) 丸紅 105.61 0.44 1350 0
8053 (SSUMY) 住友商 14.15 米国株投資までの5ステップ 米国株投資までの5ステップ 0.03 1809 -7.5
1925 (DWAHY) 大和ハウス 24.96 0.46 3191 -15
4911 (SSDOY) 資生堂 40.51 -0.03 5179 16
7201 (NSANY) 日産自 7.60 -0.04 485 2
8267 (AONNY) イオン 17.94 -0.26 2293 -15
9735 (SOMLY) 米国株投資までの5ステップ セコム 16.53 0.18 8453 -73
2503 (KNBWY) キリン 15.13 0.29 1934 15
2802 (AJINY) 味の素 24.31 0.24 3108 -11
6762 (TTDKY) TDK 33.56 0.37 4290 20
7270 米国株投資までの5ステップ (FUJHY) SUBARU 8.14 0.03 2081 -30.5
4523 (ESALY) エーザイ 42.55 -0.17 5440 -30
8604 (NMR) 野村HD 3.73 0.08 477 -1.7
1928 (SKHSY) 積水ハウス 17.16 0.15 2194 -9
6645 (OMRNY) オムロン 56.72 0.48 7251 34
3407 (AHKSY) 旭化成 16.30 0.41 1042 -7.5
8309 (SUTNY) 三井トラスト 3.03 0.04 米国株投資までの5ステップ 3874 46
6988 (NDEKY) 日東電 34.52 0.04 8826 -44
9202 (ALNPY) ANA 3.79 0.01 2423 -61.5
7202 (ISUZY) いすゞ 11.75 0.15 1502 -6
5802 (SMTOY) 住友電 10.75 -0.米国株投資までの5ステップ 米国株投資までの5ステップ 米国株投資までの5ステップ 16 1374 -13
5201 (ASGLY) AGC 7.34 0.09 4692 -78
6586 (MKTAY) 米国株投資までの5ステップ マキタ 29.18 0.60 3730 2
3402 (TRYIY) 東レ 9.93 0.18 635 -2.9
(時価総額上位50位、1ドル127.84円換算)

「ADR上昇率上位5銘柄」(19日)
コード 銘柄名 終値 日本円換算価格 日本終値比 (%)
6471 (NPSKY) 日精工 11.54 738 10 1.37
8309 (SUTNY) 三井トラスト 3.03 3874 46 1.米国株投資までの5ステップ 20
9432 (NTTYY) NTT 30.72 3927 44 米国株投資までの5ステップ 1.13
7012 (KWHIY) 川重 7.85 2509 20 0.80
2503 (KNBWY) キリン 米国株投資までの5ステップ 15.13 1934 15 0.78

「ADR下落率上位5銘柄」(19日)
コード 銘柄名 終値 日本円換算価格 日本終値比 (%)
9202 (ALNPY) ANA 米国株投資までの5ステップ 3.79 2423 -61.5 -2.米国株投資までの5ステップ 48
6753 (SHCAY) シャープ 2.06 1053 -22 -2.05
8411 (MFG) みずほFG 2.32 1483 -28.5 -1.89
5201 (ASGLY) AGC 7.34 4692 -78 -1.米国株投資までの5ステップ 64
5332 (TOTDY) TOTO 32.96 4214 -66 -1.54

「米国株式市場概況」(19日)
NYDOW
終値:31253.13 前日比:-236.94
始値:31262.62 高値:31569.13 安値:31016.41
年初来高値:36952.65 年初来安値:29856.30
前年最高値:19987.63 前年最安値:15450.56

Nasdaq
終値:11388.50 前日比:-29.65
始値:11364.40 高値:11562.82 安値:11313.31
年初来高値:16212.23 年初来安値:11108.76
前年最高値:5512.37 前年最安値:4209.76

S&P500
終値:3900.79 前日比:-22.89
始値:3899.00 高値:3945.96 安値:3876.58
年初来高値:4818.62 年初来安値:3662.71
前年最高値:2277.53 前年最安値:1810.10

米国株投資までの5ステップ

米国株か世界株のインデックスファンドが“定番”のようですね。

いいと思います。それはきっと、 将来に向けた“本気の資産形成” をする人が増えた結果だと思います。 最大の経済大国でありながら、次々に新しいイノベーションを生み出す米国の懐の深さとポテンシャル は、悔しいけれど認めざるを得ないところですから。

ランキング


※上図はイメージです。

銀行では無理。でも証券会社の口座ならOK

ETFは「上場投資信託」 という日本語訳が与えられる通り、証券取引所に上場しており、ひとことで言えば 「個別銘柄と同じように売買できるインデックスファンド」 です。

「上場」しているということは、証券会社を通じて証券取引所に発注する必要があるので、銀行では買うことができません。でも 証券会社で口座を開いている方なら、すぐに銘柄コードを打ち込んで注文 米国株投資までの5ステップ することができます。そう、例えばトヨタ自動車なら[7203]のような4桁のコードがそれぞれのETFにも振られており、それを用いて発注するのです。それを 「東証ETF」 といい、日興アセットが作ったものだけで、28銘柄あります。

ETF?上場投信?

合理的な人が選ぶ「ETF」という選択肢

一方、若者だけでなく、あの 著名投資家であるウォーレン・バフェット氏も、死後には資産の9割をS&P500のETFにするように と、すでに遺産管財人に指示しているそうです。

*出所:BlackRock ETF 米国株投資までの5ステップ Pulse Survey
※上記銘柄について、売買を推奨するものでも、将来の価格の上昇または下落を示唆するものでもありません。

ミレニアル世代の3人に1人/ウォーレン・バフェット氏

つみたてNISAと東証上場ETFの“合わせ技”

その毎月の積立に加えて、ボーナスなどで大きなお金が入ってきたり、お金が少しまとまったタイミングで活用したいのが、東証ETFのスポット(単発)買いです。つまり 「つみたてNISA」の毎月コツコツ買い 米国株投資までの5ステップ + 「東証上場ETF」でのスポット買い、というスタイル です。

このあと紹介する 「東証上場の米株ETF」は数万円くらいから買える ので、使わないお金が出来たらタイミングを計らず少しずつ買ったり、ボーナスなどまとまったお金が入ったりしたらその時に、いつもの証券口座に4桁の銘柄コードを打ち込んで買っていくわけです。

毎月コツコツ買い/まとまったお金でスポット買い

東証上場ETFで米株指数を買う。控えめに言って「賢者のスタイル」では?

シンプルかつ「自ら管理している」という気持ちよさ

「つみたてNISA」と「東証ETF」の合わせ技を自分のスタイルとして決めてしまうことで、 資産運用の管理は「つみたてNISA」と「証券口座」のワンストップで完結 することになります。「証券口座」のリストには、以前気に入って買った「トヨタ100株」などと一緒に「S&P500 ETF 」が一覧で並び、 シンプルで主体的な管理 ができるようになります。

つみたてNISAとETF

「東証上場の米株ETF」という意味

「東証上場の米株ETF」はそれらのハードルを極めて低くしたETF です。S&P 500やNYダウや、さらには新進気鋭の銘柄で構成されたNASDAQ 100(ナスダック100)の指数までもを、 日本時間で、日本円で、いつもの証券口座で取引することが可能 なのですから。

図:アメリカと日本の時差

“気持ち悪さ”がありません

何より投資信託ではどうしても発生する、 注文と価格決定の間の大きな時間差が発生しない ことがETFの一番のメリットかもしれません。

もちろんETFの場合だって、「この値段で!」と入れた指値(さしね)で買えるかどうかは分からないままの発注ですし、成行(なりゆき)注文ならその時のタイミングで取引価格が決まってしまいます。それでも、少なくとも ライブな時間の中で自らコントロールしようとしている 点が、投信とETFの取引における感覚の大きな違いなのだと思います。

投資信託待機中

自動積立には向かないのがデメリット

一方「東証上場ETF」は、投資信託で一般的な毎月の自動積立はできないことがほとんど(可能な証券会社もあります)。これは証券会社など金融機関のシステムの問題ですが、当面は ETFは「スポット買いのツール」 として割り切ることが必要です。ETFの買付時に資産全体を見回す機会と捉えてもいいかもしれません。もし「つみたてNISA」の月3万3千円以上に毎月の自動積立をしたいなら、投資信託を選ぶしかないでしょう。

「米株指数・3兄弟」あります。何なら3つとも育ててみては?

NYダウ ETF
日興アセットが組成する、NYダウ指数に連動する「東証上場ETF」

NYダウ は米国を代表する優良企業30社を平均して算出する指数で、日本でいえば「日経平均株価」的な存在。歴史も古く、日本のニュースでも日経平均と一緒に毎日報道される点で、 最も身近な米国株へのインデックス投資です。

日興アセットの「東証上場ETF」の「米株指数・3兄弟」のいわば、 “皆が知っている安定感ある長男” です。

NYダウETF 構成銘柄


※上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジあり(コード:2562)の運用状況をもとに日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

S&P500 米国株投資までの5ステップ ETF
日興アセットが組成する、S&P500指数に連動する「東証上場ETF」

S&P500 は米国を代表する500社程度を対象に算出する指数で、日本でいえば「TOPIX」的な存在。NYダウに比べて幅広い業種から500社程度を押さえているため、 プロの投資家などが参照する指数として有名で信頼度も高い指数 です。投資信託でも、この指数のインデックスファンドが人気のようです。

日興アセットの「東証上場ETF」の「米株指数・3兄弟」のいわば、 “実力たっぷりの信頼の次男” です。

S&P500ETF 構成銘柄


※上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(コード:2521)の運用状況をもとに日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

NASDAQ100 ETF
日興アセットが組成する、NASDAQ100に連動する「東証上場ETF」

最近ではニュースで「昨日のNYダウとナスダック総合指数は. 」と報道されるようになったナスダックですが、日興アセットが「東証上場ETF」にしたのは、その ナスダックの中でも金融株(または、金融セクター)を除いた組入比率が高い100社だけで算出する「NASDAQ100」という指数 です。

日興アセットの「東証上場ETF」の「米株指数・3兄弟」いわば、 “伸び盛りの元気一杯の三男坊” です。

NASDAQ(ナスダック)100ETF 指数構成銘柄


※上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり(コード:2569)の運用状況をもとに、日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる