初心者でもめざせ

移動平均線を抜けられない相場

移動平均線を抜けられない相場
詳しくみる

日本株の先高示す指標続出-三役好転、W底、ゴールデンクロス

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮田直彦チーフ・テクニカ ルアナリストは、日経平均が75日移動平均線から約12%下方かい離する と底入れするパターンが、2009年以降続いていると指摘。直近では、6 月4日に12.8%までマイナスかい離が広がったが、その後日経平均は底 入れ、反発に向かった。上昇局面では過去4年程度でみると「日経平均 は75日線から10%程度上振れる傾向がある」と指摘。これを足元の75日 線から試算すると9600円強となる。

もっとも、日本株が一段の上値追いとなるためには、TOPIXで のWボトム形成など、超えなければならないハードルがまだ控えている との指摘もある。

大和証券の木野内栄治チーフテクニカルアナリストは、日本株が現 状水準から一段高となるには、「騰落レシオ(25日移動平均)がピーク アウトする可能性が高い今月29日ごろまでに、同レシオが140%台に到 達するとか、TOPIXが7月4日に付けた直近高値(781.94)を上抜 け、Wボトムのパターンが完成するといったチャートイベントを確認す る必要がある」と話す。

東証1部の上昇銘柄と下落銘柄の割合を示す騰落レシオは22日 に114%まで上昇し、7月11日(117%)以来の高水準を付けた。23日時 点では110%。同レシオは一般的に120%以上が短期過熱感を表す水準と される。

12年の日経ヴェリタスによる金融機関のアナリストランキングで 「市場分析アナリスト」部門の1位となった木野内氏によれば、本来的 に短期の逆張り系テクニカル指標である騰落レシオは、一方向に行き過 ぎると順張り指標に姿を変え、「140%台に乗せた場合には、そこから 1カ月くらい余韻が残り、株高は続くことが多い」という。

一方、三菱Uモルガン証の宮田氏は、目先のハードルは日経平均で フィボナッチ比率の61.8%戻りに当たる9500円辺りとみる。「61.8%戻 りまでの範ちゅうなら、リバウンドという見方もできないことはな い。9500円を上回ってくれば、単なるリバウンドでなく、1万円を目指 した強い展開が期待できるようになる」と話している。

騰落レシオと同様、短期逆張り指標であるストキャスティクスは、 TOPIX、日経平均ともに90%前後まで上昇している。過去の高値と 安値から相場の状態を判断するストキャスティクスは70%以上で短期過 熱を示すとされることが多い。SMBC日興証券株式調査部の西広市部 長は、「高値警戒水域入りとして、より信頼度が高いのは80%超え」と 言い、現状の水準はそれを上回ることから、短期的には相場がいったん 調整することも視野に入れる必要があるとみている。

24日の東京株式相場は反落しており、午後1時50分時点の日経平均 は前日比119円22銭(1.3%)安の9058円90銭、TOPIXは同8.37ポイ ント(1.1%)安の756.22。米国で23日発表された先週の新規失業保険 申請件数が低調だったほか、ギリシャが債務削減の時間的猶予を得ると の楽観的な見方が後退したことも重し。証券や不動産、鉄鋼、電機など 景気敏感業種を中心に安い。

テクニカル分析で相場の流れをつかもう!具体的な分析手法を紹介

テクニカル分析とは株の分析手法のひとつ

株の分析手法にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2種類があります。過去の値動きから考えるのがテクニカル分析、企業業績等を使って分析するのがファンダメンタルズ分析です。

2種類の株の分析手法

テクニカル分析は過去の値動きから考える

ファンダメンタルズ分析は企業業績等を使う

テクニカル分析で使う指標には2種類ある

テクニカル分析で使う指標にはトレンド系とオシレーター系の2種類あり、相場の流れや方向性を判断するために使うのがトレンド系テクニカル指標、買われ過ぎや売られ過ぎを判断するために使うのがオシレーター系テクニカル指標です。

1.トレンド系テクニカル指標

移動平均線

一目均衡表とは、相場が買い方と売り方の均衡が崩れたときに大きく動くことに着目して、どちらが優勢なのか均衡関係を一目でわかるようにしたテクニカル指標です。

2.オシレーター系テクニカル指標

MACD

RSI

テクニカル分析3つのメリット

テクニカル分析のメリット

1.株価チャートは視覚的で分かりやすく分析しやすい

2.経済や財務諸表の知識がなくても分析できる

3.プロと個人投資家で情報量の差が小さい

テクニカル分析3つのデメリット

テクニカル分析のデメリット

  1. 事象に対応できない
  2. 複数の指標で違うシグナルが出る場合がある
  3. 分析結果が常に正しいとは限らない

1.株価の急落など突発的な事象に対応できない

2.複数の指標で違うシグナルが出る場合がある

3.分析結果が常に正しいとは限らない

テクニカル分析を実際に使う場合の注意点

テクニカル分析の注意点

テクニカル分析を活用して投資銘柄を探そう

テクニカル分析を活用して投資銘柄を探そう

【株初心者向け】株式投資の始め方や勉強しておきたい3つのことなどを解説

株の売り時の見極めポイント4つや注意点、分析ツールを解説

株の買い方や証券会社選びのポイント、注文方法の種類や違いを解説

MONEY HUB PLUS 編集部

未来につながる投資情報メディア「Money 移動平均線を抜けられない相場 Hub Plus(マネハブ)」の編集部です。
みなさまの資産形成に役立つ情報を日々発信しております。

資産運用セミナー オンラインでも開催!投資信託相談プラザ

資産運用に役立つ情報配信中!投資信託相談プラザ Youtube公式チャンネル

限定セミナーや最新情報をお届け!メールマガジン登録受付中!|ご相談無料の投資信託相談プラザ

AIが株の買い時・売り時をサポート!アルパカロボはこちら

AIが株の買い時・売り時をサポート!アルパカロボはこちら

商号等:株式会社Fan 金融商品仲介業者 登録番号:北陸財務局長(金仲)第35号
当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。 移動平均線を抜けられない相場
当社は金融商品仲介業に関してお客様から直接金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

【所属金融商品取引業者等】
株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
楽天証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第195号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第2884号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
AlpacaJapan株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第3024号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ソニー銀行株式会社 登録金融機関 移動平均線を抜けられない相場 登録番号:関東財務局長(登金)第578号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる