投資助言

トリガー方式を徹底解説

トリガー方式を徹底解説
自分に合った掃除機を選ぼう

おすすめの掃除機12選!掃除機の種類と選び方などを徹底解説

サイクロン掃除機で掃除する人

自分に合った掃除機を選ぼう

掃除機がゴミをためる方式には「紙パック方式」「サイクロン方式」の2種類があります。

それぞれ構造的な特徴やゴミの捨て方、手入れの方法が異なるため、特徴を知って最適なものを選ぶことが大切です。

手入れの手間が少ない紙パック方式

最後は紙パックごと捨てることができるため、ゴミに直接触れたり、舞い散ったホコリを吸いこんだりすることがなく、衛生面で優れているといえるでしょう。

紙パック自体がフィルターの役割も果たすため、手入れがほとんど必要なく手軽なのもメリットです。 しかし、紙パックは使い捨てで、定期的に交換しないとゴミが詰まったり、においの原因にもなったりします。

ランニングコストの低いサイクロン方式

空気と一緒に吸引したゴミを、遠心力を利用して分離させながら取りこみ、清潔な空気だけがフィルターを通して排気されます。

最後は内部に残ったゴミを処理する必要があるものの、使い捨ての紙パック方式と比べるとランニングコストを低く抑えられる上に、吸引力が落ちにくいのが特徴です。

ただし、ダストカップの定期的なお手入れをしないと、においやカビの原因になりえます。丸洗いができるタイプを選ぶとよいでしょう。

また排気フィルターの性能が高くないと、空気と一緒に細かいホコリが外に出てしまうこともあるため、購入前の確認をおすすめします。

掃除機の種類

キャニスター型のサイクロン掃除機

パワフルなキャニスター型

コンパクトなスティック型

コンパクトな形状が特徴の掃除機です。片手でも使えて疲れにくく、収納にも便利なため現在では主流になりつつあります。

コードレス式の商品も現在では多く販売されており、小回りがきくため階段やせまい場所の掃除もしやすいのが特徴です。一人暮らしの方やワンルームでの使用にもぴったりでしょう。

パワフルなキャニスター型

昔からあるスタンダードな形の掃除機です。タイヤのついたモーター部分を転がしながら、ノズルを使ってゴミを吸引していきます。

パワフルで吸引力が下がりにくいのも特徴といえるでしょう。 キャニスター型には紙パック式の掃除機が多く、ゴミの処理や手入れが楽なのもうれしいところです。

自動で掃除ができるロボット型

さらに高性能なモデルであれば、稼働時間を細かく設定できたり、部屋の情報をマッピングしたりすることで掃除範囲を指定することも可能です。

定期的なゴミの処理と手入れさえすれば、掃除のためにかかる時間を削減できるでしょう。家事や育児、仕事で忙しい人にはかなり便利な掃除機といえます。

その分、価格は他の掃除機と比べてやや高めです。また最低限の稼働スペースを確保する必要があり、階段を昇降することもできないため、掃除できる範囲には限界があるでしょう。

細かいところに届くハンディ型

片手で操作できる小さくて軽量な掃除機です。テーブルの上の食べカスや大型の掃除機では届かない場所、車内などをピンポイントで掃除したいときに重宝します。

お手入れがしやすく、かなり気軽に使えるでしょう。価格もお手頃で収納スペースがほとんど必要ないため、メインの掃除機とは別にサブで持っておくと便利です。

ヘッドの形状の違い

掃除機のヘッド部

掃除機のヘッドの種類は主に3種類

掃除機のヘッド部分には主に3種類の形状があり、使い勝手や最適な利用シーンが異なります。ライフスタイルに合わせて、購入前にしっかりチェックしておきましょう。

パワフルなモーター型パワーブラシ

モーター型パワーブラシはヘッドの部分にモーターで回転するブラシがついており、微細なゴミもしっかりと吸引可能です。

また、じゅうたんやカーペット、畳など、ふつうの掃除機ではゴミが取りにくい場所もスムーズに掃除できるため、さまざまな場面での活躍が期待できます。

ただし、ブラシに髪の毛などのゴミが絡まることもあるため、定期的な手入れが不可欠です。

ヘッドが軽いタービンブラシ

タービンブラシも回転式のブラシがついている点は、モーター式パワーブラシと同じです。しかし、構造に違いがあり、ヘッド部分にはモーターが内蔵されておらず、ゴミの吸引に伴ってブラシを回転させます。

そのため軽量かつコンパクトなのが特徴で、使い勝手のいい掃除機といえるでしょう。階段などの掃除も簡単です。

手入れが少ない床ブラシ

ブラシを手入れする必要がなく、手軽に使える点がメリットです。価格もそこまで高くはならず、比較的安い価格で入手できます。

コードの有無による違い

掃除機でカーペット掃除する人

掃除機にはコード式とコードレス式がある

安定して使えるコード式

コード式の掃除機のメリットは安定した吸引力です。コンセントから直接給電できるため、ゴミを吸いこむパワーがあり、効率的に掃除ができます。

バッテリー切れがなく、長時間にわたり利用できるのもうれしいポイントといえます。

使いやすいコードレス式

コードレス式の掃除機ならコードが絡まることがなく、テーブル・椅子・家具類などを気にせずに掃除ができてストレスフリーです。

ただし、バッテリーは内蔵式のため、電力切れの際には充電しないと使えません。購入前には連続で稼働できる時間もチェックしておくことをおすすめします。

掃除機を選ぶポイント

掃除機でカーペット掃除をする様子

掃除機を選ぶときに重視するべきポイントとは?

ここからは掃除機を選ぶポイントを3つの視点から解説していきます。用途にマッチする掃除機を選択するために把握しておきましょう。

吸引仕事率を確認する

吸込仕事率とは、掃除機がゴミを吸引する強さをあらわす数値です。ヘッドの形状と同様に、ゴミの取りやすさを左右する重要なポイントといえます。

ただし、コードレス式の掃除機の場合はバッテリーの状態によって吸引力が左右されるため、吸込仕事率が明記されていない場合も少なくありません。

その場合は、代わりにバッテリー性能を判断基準にするとよいでしょう。

2階建てなら軽量モデル

2階建て以上の家で使う掃除機を選ぶときは、吸引力もさることながら、本体が持ち運びやすいかどうかも考慮する必要があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる