FXとはなにか

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは
当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

ボリンジャーバンド (BB)

ボリンジャーバンド (BB)は、幅広く知られているテクニカル分析ツールで、1980年代初頭にジョン・ボリンジャーによって開発されました。ボリンジャーバンドは銘柄の価格に関連して描画される3本のラインのバンドで構成されています。通常ミドルラインは20期間に設定された単純移動平均線 (SMA) です(トレンドラインの種類や期間はトレーダーによって変更されますが、20期間移動平均が通常一般的です)。そしてミドルラインのSMAはアッパーバンドとロワーバンドのベースとして機能します。 アッパーバンドとロワーバンドは、バンドと価格の関係性を観察することでボラティリティを測る手法として用いられます。通常アッパーバンドとロワーバンドは、SMA(ミドルライン)から2標準偏差離れた位置に設定されますが、標準偏差の設定はトレーダーにより調整可能となっています。

歴史

ボリンジャーバンド (BB) は1980年代初頭に金融トレーダーであり、アナリストであり、教育家であるジョン・ボリンジャーによって開発されました。ボリンジャーバンドの開発当時、ボラティリティは静的なものとして見られていましたが、ボリンジャーバンドは、ボラティリティの変化を(もちろん動的に)視覚化するニーズを満たしました。

計算

基礎

着目点

高値/安値価格

エクスパンションとスクイーズのサイクル

プライスアクションの確認

  • ボリンジャーバンドは非常に重要な指標(ボラティリティの変化)を表示できる為、高度なテクニカル分析を実行するために他の指標と組み合わせて使用されることがよくあります。 この良い例には(オシレーター的な)ボリンジャーバンドで(オレレーター的ではない)トレンドラインを使用するケースが挙げられます。以下の例で示すように2つの異なるタイプのインジケーターで確認することで、価格が予測通りに動いているという確信レベルを強化できます。
  • もう1つの良い例は、ボリンジャーバンドを使用して、ダブルボトムなどの古典的なチャートパターンを確認することです。ボリンジャーはしばしばボリンジャーバンドを使用して、アーサー・メリルによって分類された古典的なチャートパターンであるダブルボトムの存在を確認しました。
  1. ボリンジャーバンドのロワーバンドをブレイクする可能性がある(しかし常にではありません)下降のリアクションが形成され、少なくともロワーバンド近くまで安値を形成する動きが見られます。
  2. ボリンジャーバンドとは
  3. 価格がSMA(ミドルバンド)付近に戻ります。
  4. 価格の再下落が発生し、条件1で形成された最初の安値を更新してより低い位置の新安値を形成します。しかしながらこの2度目の新安値形成ではロワーバンドをブレイクには至りません。
  5. 価格が強い動きでミドルバンドへ戻ります。条件2の下落によって形成された上値抵抗線を突破するとブレイクアウトの可能性があります。

バンドウォーク

強い上昇トレンドの間、価格がアッパーバンドにタッチしたり突破したりする動きが繰り返される場合があります。これは売りシグナルではなく、上昇の動きが全体的に強い事を示しています。

同様に強い下降トレンドの間、価格がロワーバンドにタッチしたり突破したりする動きが繰り返される場合があります。これは買いシグナルではなく、下降の動きが全体的に強い事を示しています。

【仮想通貨(ビットコイン)FX】ボリンジャーバンドの使い方や設定、チャート分析手法を解説


本記事では、仮想通貨(ビットコイン)FXで多く用いられるテクニカル指標の「ボリンジャーバンド」についてを解説していきます。

仮想通貨(ビットコイン)FXのチャート分析で使われる「ボリンジャーバンド」とは?

  • 相場の価格変動幅を予測できる
  • 現在の相場がレンジなのかトレンドなのかを把握する事ができる

ボリンジャーバンドを用いる事で相場の価格変動幅を予測できる

  • 1σ〜-1σまでに収まる確率=約68%
  • 2σ〜-2σまでに収まる確率=約95%
  • 3σ〜-3σまでに収まる確率=約99%

ですが、価格が±2σ内までに収まる確率が95%なので、ほとんどの確率でその価格は±2σに落ち着くと考えても良いでしょう。(もちろん収まらない場合もあります。)

現在の相場がレンジなのかトレンドなのかを把握する事ができる

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるボリンジャーバンドの見方

  • スクイーズ
  • エクスパンション
  • バンドウォーク

スクイーズ

スクイーズとは、ボリンジャーバンドの幅が狭まっている状態を言い、主に価格変動幅の少ないレンジ相場で発生します。

エクスパンション

バンドウォーク

バンドウォークとは、バンドに沿ってローソク足が並ぶ事をいい、強いトレンドを示唆する一つの指標となります。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるボリンジャーバンドを使ったトレード方法

  • レンジ相場で発生するスクイーズを見て逆張り
  • トレンド相場で発生するエクスパンション、バンドウォークで順張り

レンジ相場で発生するスクイーズを見て逆張り

トレンド相場で発生するエクスパンション、バンドウォークで順張り

なので、ローソク足が勢いよく2σを突き抜けるとトレンド入りのサインとなります。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるボリンジャーバンドの設定方法

TradingView

TradingViewの場合、まず画面上にある「インジケーター」をクリックし、「ボリンジャーバンド」と検索して選択しましょう。

GMOコイン

bitFlyer

ボリンジャーバンドは仮想通貨取引アプリからも確認できる!

仮想通貨(ボリンジャーバンドとは ビットコイン)FXにおけるボリンジャーバンドの注意点

  • 他のテクニカル指標と併用しておくこと
  • 必ずしも一定の範囲内に価格が納まるわけではない

ボリンジャーバンドは他のテクニカル指標と併用しておこう

必ずしも一定の範囲内に価格が納まるわけではない

ボリンジャーバンドはそのバンド内に価格が収まる確率を表しており、±2σ内に収まる確率は「約95%」であると上述しましたが、必ずしも一定の範囲内に価格が納まるわけではありません。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるボリンジャーバンドのまとめ

ボリンジャーバンドのメリット

  • 相場の価格変動幅を予測できる
  • 現在の相場がレンジなのかトレンドなのかを把握する事ができる

ボリンジャーバンドを用いたトレード手法

  • レンジ相場で発生するスクイーズを見て逆張り
  • トレンド相場で発生するエクスパンション、バンドウォークで順張り

ボリンジャーバンドを用いる際の注意点

  • 他のテクニカル指標と併用しておくこと
  • 必ずしも一定の範囲内に価格が納まるわけではない

執筆者プロフィール

ペイ編集長

キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる