取引のメリット

バイナリーオプションで生活してる人

バイナリーオプションで生活してる人
リュウさん

「簡単に大金を稼げる」、「確実にもうかる」というおいしい話に要注意

事例1 勤務先の先輩に誘われて食事に行ったところ、「お金欲しくない?」と言われ、後日、業者の人も同席して、バイナリーオプション取引(注1)のアプリを使うだけでもうかるという話を聞かされた。強引な勧誘を断り切れずに消費者金融に連れていかれ、77万円の借金をして業者の会員になる契約をしてしまった。お金を支払ったあと電話でやめたいと伝えたが、説得を続けられてやめることができない。先輩の収入源は、他人を勧誘して自分と同じように契約をさせることで得られる紹介料であることを後で知った。解約して支払ったお金を取り戻せるか。(20歳代 男性)

事例2 娘(20歳代)が友達に食事に誘われて出かけると、友達の彼氏だという男性もいて一緒に食事をした。その際にSNSに掲載された楽しげな写真を見せられ、仲間になって一緒に遊ぼうと勧誘を受けた。数日後、また食事に誘われて出かけて行くと、かなり強引な勧誘で契約を迫られ、消費者金融で借りた50万円と預金から引き出した27万円の合計77万円を支払い、情報商材(競馬投資ソフトやバイナリーオプション取引ソフト)を利用できるという会員権の売買契約書にサインをしてしまった。娘は契約内容を全く理解しておらず、楽しいイベントなどに参加できる権利だと考えているようで、商品に関する十分な説明を受けているとは思えなかった。契約を取り消したい。(40歳代 男性)

事例3 中学時代の同級生から食事に誘われ待ち合わせすると、同年代の見知らぬ男も同席し一緒に食事をした。2人は同じ会社の仲間で、楽にお金を稼ぐ仕組みについて説明を始めた。初めは断ったが、彼らのゆとりのある暮らしぶりに興味を持ち、消費者金融3社から合計70万円を借り入れ、手持ち分と合わせて77万円を支払い、情報商材の会員権の売買契約書にサインした。その後、業者のセミナーに通い知人のリストを作成して、実際に友達2人をイベントに誘い、自分と同じ会員権の勧誘をした。幸いにも断られたので被害が広がらずに済んだが、友達への連絡はブロックされており、同級生からも無視されている。契約を取り消して、お金を取り戻すことができるか。(20歳代 男性)

注1:バイナリ―オプション取引 バイナリーオプションで生活してる人 為替相場や株式など様々な銘柄における売買取引のひとつで、一定時間の間に相場が上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば一定額の金銭を受け取ることができる一方で、予想がはずれた場合は、支払ったオプション料がすべて損失となるリスクの高い取引です。

相談内容から見る問題点

相談事例を見ると、相談者を誘い出した先輩や友達は、仲間とともに複数人で取り囲むなどして長時間にわたる強引な勧誘を行い、「帰りたい」、「お金がない」と断っても消費者金融などで借りればよいと連れていき、借金をさせてまで契約するよう迫ります。そのため相談者は、「この状況から解放されたい」、「(先輩や友達との)関係を壊したくない」などの理由から、根負けして高額な契約をしてしまいます。また、相談者の中には、契約の内容を理解しておらず、「有名人に会える」、「楽しいイベントに参加できる」といった断片的な事しか理解していない方もいることから、商品に関する十分な説明が行われず、興味を示す部分だけが強調されて、無理解のまま契約を結んでいると考えられるケースもあります。高額な借金をして購入した情報商材ですが、説明のとおり素人が「簡単」にもうけられるものではありません。そのことを理解している業者は、情報商材の契約後に「友達を勧誘すれば紹介料がもらえる」といった「マルチ商法(注2)」への勧誘も行っており、借金返済や投資資金に充てようと安易な考えで契約してしまい、自分を勧誘した先輩や友達と同じく、今度は加害者となって悪質な業者に利用されることになります。しかし多くの場合、友達や知人を勧誘してもうまく収入に結びつかず借金だけが残り、さらには強引な勧誘が原因で、人間関係が破たんするなどの問題にも発展しています。

バイナリーオプションで生計を立てたい人に伝えたい大切な事をご紹介!

リュウさん

私は「 収入の柱を他にも作っておく 」ということが大事だと考えています。

ユウヤ

リュウさん

他に収入源があると、焦りがなくなって「 トレードに集中できる 」ようになります。

ユウヤ

僕は一時期、「 バイナリーオプションだけで食っていく! 」と決めて1日中チャートを見ていた時があって、その時は相当精神的に追い込まれてました。笑

リュウさんの意見に加えて、僕自身専業を経験したからこそお伝えしたいことが 他に2つ あるので、そちらについても続けてお話ししていきます。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析の知識

バイナリーオプションをなんの知識もなくいきなりお金を使って始めてしまう方もいますが、生計を立てていきたいと考えるなら「 知識をつける 」ということは必要不可欠です。

すると 精神的にも非常に安定してくる んですね。

テクニカル分析を勉強して、 ローソク足の見方や波形の見つけ方 を覚えます。

rsi

そして 重要経済指標 などのファンダメンタルズ分析で大まかな相場の方向性を読めるようになれば、負けることはそうそうなくなります。

指標

生活費を抜いた資金

なので 常にカツカツの生活をしていると、どこかで資金がショートしてしまう可能性もある んです。

生計を立てるのに意識すべき事

ユウヤ

「 勝率をキープする 」「 プロ意識を持つ 」「 税金 」なども意識する必要があると思うんですが、

リュウさん

専業になるためには、「 負けを減らす 」ということがとにかく大事です。

ただ勝つよりも、 「負けない」ことの方が間違いなく重要 になってきます。

✔「勝つ」よりも「 負けない 」 が 重要

ユウヤ

みんなとにかく「勝つ、稼ぐ」ことばかり考えて、それで 焦ってしまう 人も多いのかなと思います。

リュウさん

という質問もよくいただきますが、それは 稼げるようになってから考えれば良い です。

1. まずは稼ぐ
2. 税金を払う
3. 資金を守る
4. バイナリーオプションで生活してる人 資産に変えて増やす

ユウヤ

✔生計を立てる順番は、
1.まずは稼ぐ
2.税金を払う
3.資金を守る
4.資産に変えて増やす

勝率をキープしなくてはならない

バイナリーで生計を立てるには、当然ながら 勝率をキープ しなければいけません。

ユウヤ

リュウさん

最低でも目安として 「60%以上」 は維持できるようにならないと厳しいです。

専業トレーダーになるプロ意識

リュウさんのお話の中で、「 資金を守る 」という話が出ましたが、生計を立てたいのなら「 収支をしっかりと把握する 」ということも重要です。

利益が出ると税金がかかる

税金

凍結のリスクに注意

そもそもなぜ凍結されるかというと、バイナリーオプションは「 ユーザーと取引所の間で、利益の奪い合いが生じるから 」なんです。

バイナリーオプションは市場規模が小さいのでそういったリスクがありますが、 FXであればそもそもの市場規模が大きく稼ぎすぎで凍結されることはまずない ので、

投資資金が1000万円を超えたくらいの段階 で、 バイナリーで適度に利益を上げつつ、FXに移行すると安全に運用し続けることができるのでおすすめです。

ブログや日記に記録を残し充実した生活スタンスを築く

pc

ブログやYouTubeが「 他の収入源 」になってくれるんですね。

アウトプットをすることで自分のトレードスキルも上がるし、収入源にもなり、トレード仲間もできることがあるということで、 一石二鳥以上のメリット があるんです。

バイナリーオプションで生計を立てたい人に伝えたいことまとめ

ユウヤ

リュウさん

バイナリーオプションだけで生活する成功者が必ず守る7つの鉄則

バイナリーオプション生計

家族を養うには、自分一人分の利益以上の金額が必要です。
そのため、取引額や取引回数が増えるでしょう。
ある程度、バイナリーオプションの経験や知識があれば、家族を養うこともできる可能性があります。
しかし、家族の人数にもよりますが初心者ではかなり難しいです。
そのため、始めは副業から始めてみましょう。
副業だと仮に失敗や稼げなくともリスクが少ないです。
副業で稼げるようになってから、バイナリーオプションの専業を目指すことをおすすめします。

バイナリーオプションで生活していきたい単身者の人

単身者の人は、知識・経験によってはバイナリーオプションで生計を立てられる可能性があります。
単身者だと、自分一人が生計を立てられれば良いので気が楽です。 バイナリーオプションで生活してる人
また、生計を立てることができれば嫌な人間関係を絶ち、誰にも気を遣わず自由に生活できます。
しかし、バイナリーオプションで生計を立てるには知識・経験が必要です。
単身者の人も、まずは副業で始めて徐々にの勝率が上がってきたら専業を目指す方が安全でしょう。

バイナリーオプションで生計を立ててる人が守る7つの鉄則

バイナリーオプションだけで生計を立てている人には、ある共通点があります。
それは、7つの鉄則に従っていることです。

生計を立てるためには環境が重要

バイナリーオプションは、基本的に短期取引でおこなうため1分1秒の遅れが取引に影響します。
特に生計を立てるためには、小さな遅れが大きな影響を与える可能性があるでしょう。
そのため、通信環境を整えて接続エラーや通信エラーが起こらないように気をつけて下さい。
具体的には、Wi-Fiではなく有線LANがおすすめです。
また、パソコンを置いているデスク周りを整理することで取引に集中できるでしょう。
スマートフォンでも取引できますが、画面が小さく分析がしにくいためパソコンがおすすめです。
しかし、いきなりバイナリーオプションで生活を安定させるのは難しいため、始めは本業と平行して取引することで収入面で安定し気持ち的にも楽だと思います。

テクニカル分析の知識は必須

経済指標の発表は必ず確認

経済指標を確認し、世界経済の動向を把握しましょう。
政府関係者や経済的に影響力がある人の一言で相場が大きく変動する可能性があります。
そのため、バイナリーオプションで生計を立てたい人は経済指標の発表やニュースの確認が大切。
勝率を上げるには、知識や経験同様に情報収集も非常に重要です。

目先の利益よりトータルの勝率を重視

自分の取引ルールを決める

自分なりのルールを作るためには、過去の取引を分析する必要があります。
勝ちパターン・負けパターンを鮮明に記録し、勝ちパターンと同じ相場が現れたら再現しましょう。
また、取引を記録し分析することで気がつかなかった自分の癖が見つかるかもしれません。
バイナリーオプションで勝率を上げるためには、他人の取引方法は参考程度にし、自分の知識と経験を基にした取引が重要です。
1回1回のエントリーポイントに根拠を持たせましょう。

資金管理の徹底

資金管理を怠ると、気がつかないうちに損失が膨らみ資金ショートする恐れがあります。
また、投資資金がないため生活資金に手をつけてしまったら生活が苦しくなるでしょう。
バイナリーオプションは、稼ぐことができますが当然リスクもあります。
投資資金のために、多額の借金をしても勝てる保証はありません。
バイナリーオプションで生活するには、投資資金と生活費をしっかり分ける必要があります。
生活できる資金を確保したうえで、投資しましょう。

メンタル管理の重要性

メンタルは、取引に影響します。
たとえば、負けが続いている場合は精神的に余裕がなくなり正しい判断ができなくなる可能性があるでしょう。
また、感情的になりテクニカル分析せず勘や運でエントリーするかもしれません。
さらに、勝ちにこだわるあまり高額な情報商材に手を出す可能性もあります。
専業トレーダーにとって、メンタル管理は資金管理と同じく重要です。
投資の世界で確実に勝つ方法は存在しません。
勝つこともあれば負けることもあることを頭に入れ、失敗を活かし成功へ近づきましょう。

バイナリーオプションで生活する人の現実

次に、バイナリーオプションで生活する人には何が待ち受けているのか解説します。
収益が発生するからには、税金の支払いも必要です。
また、専業トレーダーは大きな利益が狙える分、口座凍結する恐れもあります。
では、バイナリーオプションで生活する人の現実を見ていきましょう。

勝率の安定=生活の安定

専業トレーダーにとって、勝率の安定は生活の安定です。
いくら、1度で大きな利益を出せたとしても勝率が低いとお金はなくなり生活が安定しません。
生活するためには、最低60%以上の勝率も維持する必要があります。
バイナリーオプションは、上がるか下るかの二者一択であるため勝率60%を安易に考える人もいるかもしれません。
しかし、相場の変動を予測することは決して簡単ではないため知識や経験がないと負け続く可能性も十分あります。
また、勝率60%以上でも資金管理ができていないと損失額が利益額を上回るでしょう。
専業トレーダーは、サラリーマンのように収入が保証されていないため取引に勝つしか収入源はないです。
生活資金に余裕がない場合や勝率が安定しない場合は、専業トレーダーになる前に副業として結果を出すことを意識しましょう。
結果が出ると、自信にもつながりメンタルも安定します。

儲けに対する税金の支払い

申告分離課税とは、給与所得以外の所得に対して、他の所得と分けて計算する課税方式です。
総合課税とは、他の所得と合わせた課税所得に所得税の税率をかけて計算する課税方式を指します。
また、確定申告が必要な収入額は以下の基準です。

口座凍結のリスク

実は、儲けすぎると口座凍結する可能性があります。
口座凍結する利益額は、正確には決まっていませんが目安としては1,000万円という噂が濃厚。
また、禁止事項を破った場合も口座凍結口座が強制解約される場合も。

口座の強制解約について

以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。

・レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
・業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
・クレジットカードの乱用が認められた場合
・取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
・同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

出典:ハイローオーストラリア よくあるご質問

口座凍結すると、取引や入金、場合によっては出金が不可能です。
基本的に、ルールさえ守れば口座凍結しません。
きちんとルールを守った取引をおこなったのに口座凍結された場合は、サポートに相談しましょう。

バイナリーオプションで生計立てたいならまずは副業から

知識・経験がない状態で、専業トレーダーになることは危険です。
バイナリーオプションだけで現在の月収を上回ることができていないなら、まずは副業から始めましょう。
では、おすすめのバイナリーオプション業者について解説します。

おすすめのバイナリーオプション業者

バイナリーオプションを始めるなら、ハイローオーストラリアやザオプションがおすすめです。
ハイローオーストラリアは、国内の利用者数が一番多い海外業者。
海外業者は、国内業者と違って短期取引が可能です。
また、取引回数に規制がなく高いペイアウト率で取引できるため生計を立てたい人は海外業者を利用しましょう。
ハイローオーストラリアでは、4つの取引方法があり最短30秒で取引が終わります。
さらに、最大ペイアウト率が2.3倍と高く取引通貨も17種類と豊富です。
ザオプションは、2017年に営業を開始し、ハイローオーストラリアと同じく人気の高い海外業者です。
ザオプションも30秒取引が可能で、最大ペイアウト率が2倍、取引通貨は18種類。
どちらの業者も安心して利用できます。

最初は無料のデモ取引から始める

バイナリーオプションを始めるなら、無料で実際の取引を体験できるデモ取引から始めることをおすすめします。
デモ取引では、負けてもお金を失う心配はありません。
学んだ知識を活かし、さまざまな分析方法やエントリーを試すことで本番で安心して取引できます。 バイナリーオプションで生活してる人
まずは、取引の感覚を掴むことが大切です。

まとめ:バイナリー1本で生計立てるのは結構大変

この記事では、バイナリーオプションで生計を立てるのか・生計を立てるうえで必要なこと・専業トレーダーになるリスクについて解説しました。
結論、バイナリーオプションで生計を立てることは可能ではありますが決して簡単ではありません。
勝率を上げるために重要なことは、知識・経験・情報収集です。
ハイローオーストラリアでは、4種類の取引や17種類の取引通貨などを無料で取引できるデモ取引が利用できます。
まずは、デモ取引から始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる