初心者に最適なトレーディングプラットフォーム 2022

相場の天井

相場の天井
Source : Trading view

相場の天井

どんな相場も永遠に上げ続けることはなく、いつか下がる時が来ます。
急に高く上がった相場ほど落ちるのも早かったりします。
欲を出さずに時が来たら手仕舞いなさいという格言です。
⇒山高ければ谷深し

株式投資をしていると、あの時買って(売って)おけばよかったと後悔することも多々あります。
しかし、もはやどうにもならないことを悔やんでも仕方がない。
銘柄や相場に未練を残すのは禁物、新しい心持ちで次ぎの新しいチャンスを活かす準備をすることが大切です。

相場に参加するには、資金が必要です。余裕のある資金で参加することは言うまでもありません。
教育資金や老後の資金に手をつける事は避けなければなりません。
思惑がはずれて損する事をも考慮した資金計画(資金配分)をたてることが必要です。
なくなれば困るような資金を投資すべきではありません。

株価の里帰りとも言われます。相場に限らずすべてに本当の価値が存在します。
実体から離れ異常な高値が付いたものは、実体価格に下がろうとし、異常な安値が付いた場合は、実体価格に戻ろうと再評価されます。
本当の価値に対して割高かまたは割安かを知って投資するのが正攻法ではないでしょうか。

逆日歩が付いている時、株価が上昇すれば売り方の買い戻しが入って、株価が急騰することがあります。
その点では逆日歩の付いている銘柄に売りを仕掛けるのはリスクが大きいです。
しかし信用売りが増えたということは、それだけ多くの投資家が株価の水準を割高だと考えているからこそ起ることなので、上昇に勢いがなくなれば株価は急落するケース圧倒的に多いのです。
逆日歩が付いた銘柄には、とにかく手出し無用という格言です。

相場は小手先で勝ち続けることはできない。
ドテン売買を巧みにこなす者が最後の勝利者となることはない。 相場の天井 相場の天井
相場の土台(基礎)をしっかりと固める者が勝利を得る者となる。

相場の世界では、難病治療の特効薬が存在するのではと、勘違いすることもあります。
情報に頼って投資する人は、その情報が発表されたらもうおしまいと言うことも少なくありません。
情報に頼らず、しっかりした売買方法を持つのが、流布の噂に惑わされない方法です。

何事にもムキになる人がいます。
負けが重なり、その負けを取り戻そうと、カジノで手持ち財産のすべてを失う人もいます。
少し負けた時点で、そこを離れると言う冷静さを持つ人は、全資産を失うことはありません。
相場でも「取り戻したい」と言う思いがある時は相場に参加してはいけません。
相場は明日も逃げません、落ち着いた心で臨みたいものです。

チャートで「ダブルボトム」の考え方を示し、重要視されている相場の格言です。
下落した株価が反発した後、再度下落して安値をつけたところを 「二番底(にばんぞこ)」と言いい、絶好の買いポイントとなります。
株価が底を打った後にある程度のところまで戻ると、下落局面で売り損ねた投資家の消極的な売りが出て再び下降するケースが良くあります。
週足で観るのが一番分かりやすいと思います。

市場が弱気一色で更に不安材料が出たときの勇気は、大きな収穫の実を結びます。
人はまだ下がる、まだ上がると恐れるとき、賢明な人は買いの種を蒔く人です。
安いときに買い、高い時に売る、誰もが分かる投資法です。

「船頭多ければ船丘に登る」の如く、相場世界では異常が常に起こります。
冷静に判断して異常と思えるものは本当の「異常」となることが少なくありません。
その為の基準となる実体は絶えず知っ置く必要があります。お祭り騒ぎは売りのサインです。

人は、上昇している株を見れば乗り遅れてはいけない飛び付いてしまいます。
相場の終末期には特に顕著に表れます。季節の変わり目が現れるように、相場に加熱感と言う変わり目が現れたら売り準備を整えるのが賢明な投資家です。 相場の大底と天井は誰にも分かりません。しかしそれを季節と同じく、相場の変わり目で見極める霊の目を備えたいものです。

相場の行き過ぎは常に起こります。上にも下にも同じ現象が繰り返されます。 上がれば買いたくなり、下がれば売りたくなるのが人間です。 売りたい人が多い時に買い、買いたい人が多い時に売る、このタイミングを逃がさない人に勝利の女神がほほえみます。

判断を誤ることは正常な事だ、それを修正しないのが異常である。 また間違いをゼロにする事は不可能である。その間違いはゴミにもなれば肥やしにもなる。 失敗や間違いを肥やしとし次の勝利へ結び付ける者が命を保つ。

「高安に 気の安らかな 半扱商内 寝ても起きても 徳とれるなり」
「売買に 徳の乗りたる 相場の天井 商内は 半扱商内の すくい場と知れ」
冷静に相場を判断しリスク管理ができる心理状態を維持することに真の狙いがあるようです。

目先の小さな損失を恐れていては、相場で勝つことは絶対に出来ません。 損切りが遅れたために逆に大きな損失を生む場合もあります。 勝てる見込みがない時は未練を残さずに損覚悟で売ることで、やがては大きな利益につなるという意味です。

「柳の下のどじょう」ではありませんが、前回の成功が今回も通用するとは限りません。 自らの経験を過信し、大きな流れに逆らった目先感覚で玉を建てる事は失敗につながる事が多い。 「あや」戻しを取りに行く建て玉は絶対に避けたいものです。

相場がひとたび下げ波動を確認した後、戻りを待って売ろうとするが、そういう場合、相場はなかなか戻らないものである。 また、戻りがでても「今少し戻ってから」となるので、結局、戻りがないのと同じことになってしまうという格言。 リバウンドを狙って下で待ち構え、戻りを待って売ろうとしますが、なかなか戻らないので、結果的に含み損を抱えてしまうことをいいます。

相場に確実と言うことばはありません。 思惑が外れた時の備えがある人とない人では天国と地獄の開きがあります。 知恵ある文殊さまでも余裕がなければ案外もろいものです。 資金的な余裕、余裕を持った計画、そして心の余裕、絶えず備えておくべである。

株価が低いから安い、株価が高いから高いとは限りません。 投資家が持つ物差しは、時に応じて伸び縮みします。 伸び縮みしない正しい物差しを持つ人だけが、本当に安いか高いかを測る事ができます。 株価の高安よりも、株価に対して価値があるか否かを知ることが大切です。

「運は寝て待つ」ではなく、「運は練って待つ」が勝利のもととなります。 大きな収穫を得るには、この時期の用い方で天地の開きが生じます。 銘柄研究を通して次の投資に備える時期が「休む」時期である。

人は少し儲かると気が大きくなり、自らの腕を過信してします。 そこにもっと儲けたいと言う欲望が加わると、つい深追いをしてしまいます。 戦いに敗れ振り返って見ると、どうしてこんな危険を犯したのかと、悔いることになってしまいます。 当たっている時ほど「手を休める」ことが次の勝利を呼び込む知恵となります。

上昇相場が加熱してくると、今まで投資に興味のなかった人までが「買えば儲かる」とばかりに市場になだれ込んでくる。 資金が流入してくれば、ますます相場は加熱し上昇していくのである。 そういったときには、素直に相場の上昇についていけばよい、大相場には下手に逆らうなという格言です。

相場の天井

はじめてのテクニカル分析

酒田五法は、日本古来の罫線の中でも最も古典的であり、罫線分析の基本として非常に有名です。
酒田五法は、「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」という5つのチャートのパターンが基本になっています。
これらの基本パターンは、チャートのフォーメーション分析や様々な複数足分析の土台になっています。

三山(さんざん)

三山(さんざん)①

三山(さんざん)②

三川(さんせん)

三山の逆で逆三山(ぎゃくさんざん)ともいいます。
3回突破できなかった安値は、もう突破できないだろう、という推測で相場の底を見極めるパターン分析です。
3つの安値を谷と考え、谷には川が流れていると考えて、三川です。
3つの谷の真ん中の谷が一番低いパターンを特に逆三尊(ぎゃくさんぞん)といいます。

三川(さんせん)①

三川(さんせん)①

三空(さんくう)

空(=窓)に焦点を当てたパターン分析です。
空は、突発的なニュースなどで、相場がパニック的に動いたことを示唆しています。
それが3回続けば、パニックは行き過ぎであり、逆張りのチャンス!という活用法になります。

三空(さんくう)①

三兵(さんぺい)

相場の安値圏で、3本の連続した陽線が出るパターンを赤三兵(あかさんぺい)といいます。
陽線は、白または赤でチャートに記入するのが基本なので、この名前になっています。
陽線の基本的な考え方を理解していれば、底値圏で3本連続の陽線が出現するパターンが買いの基本パターンの1つになることは、理解できると思います。
強い相場についていく順張りの買いのパターンとして活用します。

相場の高値圏で、3つの連続した陰線が出るパターンを黒三兵(くろさんぺい)といいます。
陰線は、黒でチャートに記入するのが基本なので、この名前になっています。
黒を烏(カラス)に例えて、三羽烏(さんばがらす)ということもあります。
高値圏からの下落を示唆する不吉なパターンを三羽の烏(カラス)に例えた名前です。
江戸時代の米相場が激しく動いていことを示唆するネーミングセンスです。 相場の天井
弱い相場についていく順張りの売りのパターンで活用します。

【売りのサイン】オニール流クライマックス・トップなど10パターン!〜強気相場の天井を示すいろいろなサインまとめ〜

Source : Trading 相場の天井 view

1日 (週)の「出来高」が最大

「株価が上昇を始めた日から出来高が最大になる日」が天井となることがある。

イグゾースション・ギャップ

急速に株価を上昇させながら何ヶ月も前の最初のベースから大きく離れ、さらに上に窓を開けてより着いたら天井が近い。( イグゾースション・ギャップ)

  • 通常は最初のベースと2番目のベースを抜けて最低18週間以上3番目以降のベースだと12週間以上
  • 例えば長い上昇のあとに50ドルの高値で引けた銘柄が、翌朝52ドルで寄り付きその日は52ドル以上のママままだったら2ポイントのキャップを空けたことになる。

Source : Trading view

Source : Trading view

クライマックス・トップの動向

以下の場合は売りのサイン。( クライマックス・トップ)

  • 株価の上昇が急になり、週足チャートで急速な株価の上昇が2〜3週間見られる
  • 日足チャートで7〜8日連続か10日中8日間で急速な株価の上昇が見られる
  • 何ヶ月も前に買った時点から最大となることがほとんど

Source : Trading view

  • まれにクライマックストップ近くで、株価が前週の安値から高値と大きな値幅を繰り返すように辿って、多い出来高はそのままにほんの少しだけ上昇して引けることがある。
  • この理由は、大商いにもかかわらず上昇が見られず、売り抜けがあったことを示している。

売り抜けの兆候

長期の上昇のあと、出来高急増の大商いなのに株価が上昇しない場合は、売り抜けを示している。

  • 何も知らない買い手がこれに気づいて驚く前に、早めに売ってしまう
  • 鋭敏な投資家が長期キャピタルゲインの期限を迎える時期を早めに知っているとよい

Source : Trading view

株式分割のあと、株価が1〜2週間で25から50バーセント上昇したら、売りのサイン。

  • 1999年末のクアルコムの極めて稀な例では、100パーセント以上の上昇を見せた。
  • 過剰な株式分割の前後は、株価は天井を打つ傾向がある。
  • 株価がベースから抜けて上昇しその後株式分割が公表されたら、多くの場合うったほうがいい。

Source : Trading view

連続下落日の増加

ほとんどの銘柄が天井を打って下落を始めると、株価が連続して下落する日のほうが連続して上昇する日よりも多くなってくる。

  • 以前は4日上昇した後に2〜3日下落していたのが、4〜5日下がった後に2〜3日上昇したりすると要注意

上方チャネルライン

大きな上昇のあとに株価がその上方チャネルラインを向けたら売りのサイン

  • チャンネルラインとは、過去4から5ヶ月の間につけた3つの安値同士をつないだ線と、高値同士をつないだ平行線のこと
  • 適切に描かれた上方チャネルラインを抜けて株価が上昇したら、売りのサインである事は研究成果から分かっている

200日移動平均線

200日移動平均線から、70〜100%以上離れたところまで株価が上昇したらうりのサインになることがある(が、あまり使われない)

天井から下落

上昇中に早めに売れなかった場合、天井から下落を始めたらすぐに売る。

  • 最初の下落のあとに株価が一度戻ることがある

Source : Trading view

相場の天井と底で現れるサイン

canslim投資

CAN-SLIM投資

「オニールの成長株発掘法」で紹介されている 株価が天井や底を付けるときに現れる特徴的な動き を学ぶことで、勝率の高い上昇相場を選んで投資をする術を身につけましょう。

相場の状態はチャートに現れる

相場の状態を知りたければ、相場を注意深く観察するしかありません。 相場の全てを織込んだ情報媒体が株価チャート です。株価指数や個別銘柄の動きを観察することで、新たな相場の始まりと終わりの予兆を掴むことができます。

相場を操る大口投資家の買い場と売り場

相場全体に影響を及ぼすことができるのは機関投資家を始めとした大口投資家たちです。大口投資家が株を 買い始めれば市場に資金が流入し株価は上昇 、 売り始めれば市場から資金が流出し株価が下落 に転じてしまいます。…気づきましたか?大口投資家の売買が天井や底を作り出すため、 相場の反転サインは実際の天井や底より前に現れる のです。

上昇相場の天井に現れるサイン

ストーリングとディストリビューション

株価の失速(ストーリング)

上昇トレンドの終盤、株価が天井を付ける直前に機関投資家を始めとした大口投資家は株を売り抜けます。チャート上に初めて現れる売り抜けサインはストーリング(失速)の動きです。 ストーリングとは出来高が増加したにも関わらず株価は横ばいの状態 を指します。 出来高が多いのに株価が上昇できないのは、売り圧力が強まっている ことを示しています。

次の4本の陽線で考えてみましょう。出来高を増やしながら4連続で陽線が現れました。よく見ると 4本目の陽線は出来高の割に小さい ですね。 売りたい投資家が増え失速がはじまった と考えられます。

大口投資家の売り抜け(ディストリビューション)

ストーリングに続いてチャート上に現れる異変は 出来高増の下落、ディストリビューション(売り抜け) の動きです。ストーリングでは株価は上昇~横ばいでしたが、本格的な売り抜けが始まると下落が目立ち始めます。

オニールの成長株発掘法では、ディストリビューションの判断基準を 出来高が前日より多く、下落幅が0.相場の天井 2%を超える日 としています。Trading viewのインジケーターで自動でディストリビューション日を表示してくれるものがあるので参考にしてみてください。

ディストリビューションが起これば相場が天井を付けるわけではありません。オニールの研究によると、 天井を付ける前の売り抜けは4~5週間に3~5日起こる と言われています。まだ市場が上昇中であっても、売り抜けの動きが見えたら保有資産の現金化を進めることが望ましいでしょう。

とは言ったものの、個人的にはディストリビューションの動きだけで天井を見抜くことは難しいと考えています(^_^;)。上昇相場の調整でもディストリビューションが発生することがあるからです。ディストリビューションは市場に現れる異変のひとつに過ぎず、 他の要素と組み合わせなければ相場環境を正しく分析することはできない でしょう。

急落からの弱い反発

ディストリビューションが連発することで、相場の天井を迎え弱気相場に入った可能性が高くなったとしても、株価が勢いよく底を目指すことは稀です。多くの場合は急落した後に反発し、再び高値を目指そうとします。 ディストリビューションによる天井サインが本物であれば、反発の流れの中で弱さが見える はずです。弱さを示す動きには次のようなものがあります。

  • 株価が上昇していくのに出来高が減少していく
  • 上昇過程で平均株価の上げ幅が小さくなっていく
  • 寄付きは強いが引けにかけて株価が下落する
  • 前回高値まで半値戻しにも失敗する

主導株の異常な動き

  • クライマックストップ
  • 直近四半期収益の深刻な伸び悩み
  • 適切なベースを形成している銘柄が見当たらない

主導株の失速と停滞株の上昇

株価指数が上昇した日であっても個別株はそれぞれ値動きが異なります。勢いよく上昇して市場を牽引する銘柄もあれば、下落して足を引っ張る銘柄もあります。注目すべきは市場を牽引している銘柄がどのようなものかということです。 上昇相場をけん引することができるのは主導株(優れた成長株)だけ です。天井を付けた後、指数が戻りを試しているのに 主導株が反発しないときは危険サイン です。この 反発を牽引しているの割安だからと買われているだけの魅力のない停滞株 です。輝かしい主導株が牽引できなかった相場を停滞株が牽引できるわけがありません。指数は再び下落に転じる可能性が高いと考えられます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Market-leaders.jpg

下落相場の底に現れるサイン

上昇相場の天井を察知して暴落から資産を守ることができれば、次はいつ市場に戻るかが気になりますよね。しかし下 落相場が底を打つ前後はボラリティが高くなる ため、判断を誤れば大きな損失を被ります。大底を当てることに拘るのではなく、 新たに始まる上昇相場にうまく乗るという感覚で市場に戻る 感覚の方が事故が少ないでしょう。

フォロースルーの動き

「落ちるナイフを掴むな」という格言がありますね。セリングクライマックスの動きが見られたらナイフが床に刺さったと考えて拾いに行く人たちがいますね。しかし実際にはナイフが床にきれいに刺さることは滅多にありません。 床に当たったナイフは転がり暴れまわります 。このタイミングで手を出せば血塗れになります。怪我を防ぐための方法として、オニールの成長株発掘法では フォロースルーを確認することを推奨 しています。

フォロースルーとは出来高増加を伴った+1.5~2.0%以上の株価上昇の動き を指します。通常は反発の1日目(底で表られる陽線 or 下髭陰線)から数えて4~7日目に起こります。まれに3日目に起こることもありますが、1~3日目の全てで出来高増加&大幅な上昇が起こることが条件です。

下落相場の底打ちサインが現れても、株価が一直線に高値に戻ることは稀です。多くの場合は再び調整の動きを見せます。調整の過程で出来高が減少する、安値を切り上げて上昇に転じるなど フォロースルーの確かさを裏付ける証拠を探しながら徐々に相場に戻る ことでだましを回避しましょう。

新たな主導株のブレイクアウト

下落相場が底打ちし新たな強気相場が始まるために必要なものはフォロースルーだけではありません。 強気相場の上昇を牽引する主導株が現れたかを確認する ようにしましょう。

天井と底を過去チャートから学び備えよう

さて、これで皆さんも天井と底を見分ける方法を学ぶことができました。強気相場の始まりと終わりが分かるんだから億万長者ですね!…なんて甘いことはありません。実際に相場と対峙していると、本当にこれが天井…?うーん…判断が難しい…。ということが大半です。いくら 本を読んで学んだからといっていきなり自信満々で確実に実践することはできない と思います。過去の下落局面のチャートをみて、ディストリビューションやフォロースルーの動きがどのように見られたか実践演習しておくことが大切です。

強気相場の天井サイン

  • ストーリングとディストリビューションの動き
  • 最高値更新の動きの失敗
  • 強気相場を牽引してきた主導株の失速

弱気相場の底サイン

  • フォロースルーの動き
  • フォロースルーを裏付ける調整の動き

「マーケットの動きを予測するのは絶対に不可能でだれにもなし得ない」―このような誤った思い込みは、元はといえば四〇年以上前に投資信託のマネージャー数人がマーケット予測に挑戦して失敗して終わったことから生まれた迷信だ。

ウィリアム・J・オニール. オニールの成長株発掘法 【第4版】

マーケットの方向を知るには、主要な指数を毎日のように観察して分析しなければならない。市場の今後の動きを人に聴くなど、もってのほかだ。日々の市場の動きを正確に読みとる力を自分で身につけるのだ。

ウィリアム・J・オニール. オニールの成長株発掘法 【第4版】

天井リフォームの費用はいくら?種類別の相場と注意点まとめ

天井

天井リフォームの費用相場はどのくらいですか? 種類によりますが穴あきの補修で1.5万円程~、クロス(20㎡)の張替えや塗装ですと3万円~5万円程でリフォームが出来ます。 天井のリフォームを行う際には何を気を付けた方がよいですか? 天井は印象を大きく変えるため、攻めすぎたデザインにしすぎない方がよいです。
また、表面だけでなく天井裏も確認いただく事が大切です。 天井リフォームをDIYで行う事はできますか? 塗装やクロスの張替なら、脚立やカッターなど準備をしっかり行えばDIYを行う事もできます。ただし、張る人と押さえる人の最低2人がいないと出来ないので注意が必要です。
こちらの記事を参考にしてみてください。
>>「DIYで天井をリフォームできるの?種類や手順をご紹介」

関連記事 RELATED

和室のリフォーム費用解説!畳・障子の張り替えや洋室から和室の費用は?

リフォーム箇所別の費用相場と工期を解説!!予算に合わせたリフォームを!

プロが徹底解説!夢の砂壁リフォームはコレでOK!壁紙・塗装・DIYのポイント

リビング・LDKのリフォーム費用の相場と注意点について解説

工事対応エリア [ 仙台エリア ] 仙台市泉区・仙台市宮城野区・仙台市青葉区・仙台市若林区・仙台市太白区・富谷市・塩釜市・利府町・大和町・七ヶ浜町・多賀城市・名取市・岩沼市・村田町・柴田町・亘理町・大河原町・白石市・角田市・山元町
[ 福島エリア ] 福島市・国見町・桑折町・飯野町・伊達市・川俣町・二本松市・郡山市・三春町・田村市・小野町・本宮市・大玉村・須賀川市・鏡石町・矢吹町・玉川村・平田村・石川町・古殿町・白河市・天栄村・泉崎村・中島村・西郷村・浅川町・棚倉町・塙町・栃木県那須町
[ 宇都宮エリア ] 宇都宮市・鹿沼市・日光市 取扱いリフォーム内容 増改築・全面リフォーム・LDKリフォーム・二世帯リフォーム・戸建てリフォーム・マンションリフォーム・古民家再生リフォーム・キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・浴室リフォーム・水廻りリフォーム・ 相場の天井 内装リフォーム・玄関リフォーム・耐震リフォーム・断熱リフォーム・デザインリフォーム. リフォーム&増改築のONOYAとは 宇都宮周辺で住宅リフォームをご検討の方は、ONOYAへご相談ください。お客様のご要望・お困りごとをしっかりヒアリングし、お客様が本当に望むライフスタイルをご提案し、新築以上の価値をリフォームで実現いたします。
デザイン実績・施工実績を誇る私たちの実力をぜひご確認ください。また、アフターサービスにも力を注いでいるのもポイントです。ご相談・お見積りは無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

当社のウェブサイトでは、お客様に最適のサービスを提供するためにクッキー(Cookie)を一部使用しています。 クッキーから個人情報を特定できるような情報を得ることはありません。クッキーの利用に関して同意いただくことで、引き続き当きウェブサイトをご利用になれます。 クッキーの受け入れに抵抗をお感じでしたら、ご使用のブラウザの設定によりいつでも変更することが出来ます。 詳細はプライバシーポリシーをご確認ください。 承諾プライバシーポリシー

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる