テクニカル分析の基礎

口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説

口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説
こちらのキャンペーンは、「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」の第3弾です。概要は、期間中に2万円以上の入金後、キャンペーン対象の現物5銘柄のいずれかを2万円以上購入すると抽選で5,000円が当たるキャンペーンです。さらにキャンペーン対象の現物5銘柄全て購入すると、当選確率が5倍となります。キャンペーン期間、2022年3月30日(水)メンテナンス後~2022年5月1日(日)6:59。当選者数とプレゼント金額は、当選者数:対象者の中から抽選で200名、プレゼント金額:5,000円です。プレゼントの抽選条件は、①期間中の日本円入金額の合計が2万円以上、②以下の対象銘柄の内、どれか1銘柄の「購入金額」が合計2万円以上。現物 ETC/JPY、現物 OMG/JPY、現物 ENJ/JPY、現物 BAT/JPY、現物 MONA/JPY

ビットコインに10万円投資したら思いがけず儲かって
しまった方法を公開!「不合理」な仮想通貨でリスク
を抑えて利益を狙う「格安セレブ流」の投資術とは?

facebook-share

ビットコインは経済合理的な存在じゃない?
格安セレブ流「不合理」なビットコインと付き合う方法

ビットコイン投資

「格安セレブ流」のビットコイン投資とは?

経済合理的な投資対象とは言えない可能性がある ビットコインについては、合理的な判断をして投資するなど、とてもできそうにない 。だから行動経済学の視点では「経済合理的ではない行動」と言われてしまうだろうが、今回はそれを踏まえたうえで私が編み出した 「格安セレブ流のビットコインとの付き合い方」 を紹介したい。

ビットコインは数百円から買える!
“あぶく銭の10万円”が手に入ったときに始めてみた

ビットコインに興味を持っているが、投資に踏み切れないあなた。 ビットコインに投資するのは「あぶく銭を手にしたとき」に限定しよう

当時、1ビットコインの価格は15万円。ちょっと待てよ、である。元手が10万円でビットコインの価格が15万円だったら「買えないのでは?」と思うところだが、ビットコインの仕組みはうまくできている。なんと、0.001ビットコインといった具合に小さい単位でも購入できるのだ。それぞれの取引所の最低取引単位にもよるが、要は 数百円からでもビットコインを買うことができる のだ。

しかし、現実には値上がりをそれほど待つ必要はなかった。なぜならビットコインは今、待つ必要がないほど、どんどん値上がりしているからだ。実際、その翌月に入るとビットコインの相場がするすると上昇して、いつの間にか1ビットコインは約25万円になった。そして 私の口座に表示されるビットコイン残高は、円換算で16万円 になっていた。

ビットコインの値上がり分はすぐ円に換金!
格安セレブ流「残高を減らさず、損もしない」投資術

ビットコインを円換算した残高が10万円から16万円へと増えて、「これからさらに上がるかもしれない!」という期待を持つのは同然だと思う。しかし 格安セレブの流儀では、ここでとりあえず増えた6万円分のビットコインを円に戻して使ってしまう のだ。ちなみにビットコインは利益確定したときや利用する時点で雑所得として税金が発生する。ただしサラリーマンで確定申告が不要な人の場合は、20万円までの所得は申告する必要がない。

6万円をあっという間に使ってしまったことで ビットコインの残高は0.4ビットコインに減ったが、円換算した口座残高はあいかわらず10万円と、ビットコインを始めた当初から減ってはいない 。ここが、「あぶく銭」で始めた格安セレブ流ビットコイン投資の気楽な点だ。

そこから忙しく仕事が続いて、ビットコインの存在自体を忘れてしまっていた私だが、3ヵ月後、夏休みに存在を思い出してまたビットコインの口座を覗いてみた。すると1ビットコインは45万円へと値上がりしていた。私の ビットコインを円換算した口座残高は18万円 になっている。嬉しい夏休みのお小遣いが8万円も入ったわけである。

すでに値上がり分で14万円を回収済み、
それでも元本10万円分は口座に残ったまま!

さて、この散財によって ビットコインの数量は0.22ビットコインに減ったが、口座にはまだ10万円分のビットコインが残っている 。これがビットコイン投資の楽しいところだ。

この頃になると「中国政府がビットコイン規制を本格的に強める」などのニュースも耳に入り、ビットコインの相場が急落する日もあった。一瞬不安になったものの、よく考えてみたら、もともと“あぶく銭”の10万円から始まった投資。しかも 途中で値上がり分の6万円+8万円=14万円を使ってしまっているから、もう元本は完全に回収している 。だから今残っている10万円はゼロと同じである。だから、このままガンガン値が上がってしまった後に急落したり、突然消えてしまったりしても失うものは何もないと気づいて、安心して放っておくことにした。

(筆者注:2017年11月11日にビットコイン相場は一時1ビットコイン=60万円台まで暴落した。ビットコインの分裂騒動をめぐる国際的な動きのせいである。後になってみると「税金をケチって1ビットコインが85万円のときに売らなかったのは失敗だった」と言いだす人が出てくるかもしれない。だから、 「1ビットコインが100万円を超えそうだ」という楽観的な意見には十分気を付けたほうがいい

【おすすめのピックアップ記事!】
ビットコインの価格は5年後に「6倍以上」に上がる!? ビットコインETFの登場で、個人投資家中心の市場に 機関投資家の莫大な資金が流入して一層活況になる!
「数字オンチ」でも、わずか5年で資産を10倍にした 個人投資家・藤川里絵さんのシンプル投資術とは? 買いの基準や現在の注目銘柄、損切りルールも紹介!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ

【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ

ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ

【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ

【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ

【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!

【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ

【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ

【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!

【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2022年6月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説

◆楽天カード

楽天カード公式サイトはこちら

楽天カードの公式サイトはこちら

◆三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)の公式サイトはこちら

NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

◆Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)の公式サイトはこちら

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの公式サイトはこちら

◆JCB CARD W(ダブル)

JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら

JCB CARD Wの公式サイトはこちら

◆セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら

◆三井住友カード ゴールド(NL)

0.5~5.口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 0%

5500円
(ただし、年100万円以上の
利用で次年度から 永年無料 ) VISA
Master iD

三井住友カード ゴールド(NL)のカードフェイス

三井住友カード ゴールド(NL)の公式サイトはこちら

◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※) VISA
Master -

au PAY カードのカードフェイス

au PAY カードの公式サイトはこちら

【Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム】
年150万円利用で「無料宿泊特典」+「上級会員資格」が
もらえて得する最強ホテルカード⇒ 関連記事はこちら

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード公式サイトはこちら

「JCB CARD W」は年会費無料で、
通常還元率1%超!⇒関連記事はこちら

コンサル流「格安セレブ術」の関連記事

ビットコインの価格は5年後に「6倍以上」に上がる!? ビットコインETFの登場で、個人投資家中心の市場に 機関投資家の莫大な資金が流入して一層活況になる!(2017.08.21)

資産1億円超の投資家3人が「サラリーマンでも1年で 資産倍増」できる極意を伝授!「資産倍増」を可能に する売買ルールや銘柄選び、2018年の大化け株とは?(2017.10.20)

「数字オンチ」でも、わずか5年で資産を10倍にした 個人投資家・藤川里絵さんのシンプル投資術とは? 買いの基準や現在の注目銘柄、損切りルールも紹介!(2017.11.01)

「2倍株」を探すコツをスゴ腕の元機関投資家が伝授! 半年~1年で株価が2倍に上昇した5つの銘柄を例に、 割安株から成長株へと変身する株の見つけ方を紹介!(2017.11.07)

「個人型確定拠出年金(iDeCo)」を活用すれば、 多くの人が運用利回り15~30%の“天才投資家”に! 「iDeCo」のお得な仕組みと節税メリットを解説!(2017.01.25)

ビットコイン取引所の閉鎖検討やICO全面禁止など あらゆる仮想通貨に対して、中国政府が規制を強化! 仮想通貨の未来と、日本の取るべきスタンスとは?(2017.09.11)

コンサル流「格安セレブ術」 バックナンバー

フランスの冷凍食品「ピカール」を利用して、自宅で 豪華なフランス料理を1人1000円で楽しむ方法を紹介! 格安でセレブ気分を味わえる、おすすめ冷凍食品は?(2018.04.22)

「コストコ」は家電を買ってもお得だった! 話題の 有機ELテレビやダイソン、高性能ミキサーなど、 コストコなら低価格で手に入るおすすめ家電を紹介!(2018.04.06)

Yahoo!マネーを活用してTポイントをお得に貯める “錬金術”を伝授! Yahoo!ショッピングで2%還元、 Yahoo!ダイニングで予約すると食事代20%オフも!(2018.03.27)

接待ランチのお店選びの秘訣とお得な裏ワザを紹介! 「食べログ」で接待の店を探すコツと「OZmall」や 「一休」を駆使してランチを割引で食べる方法とは?(2018.03.14)

接待は豪華&格安な「一流店のランチ」がおすすめ! 格安で豪華な高級ランチが食べられるおすすめ店と、 ランチが割引価格で食べられるお得な予約方法を紹介(2018.02.27)

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 ザイ・オンライン編集部(2022.6.1) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2)
  • (まとめ)日経平均は米国株高を受けて反発 今晩発表の米雇用統計に注目 - 市況概…
  • 米インフレ懸念の後退からハイテク関連株中心に買いが先行する展開に
  • アルチザ、FIG、ピープルなど
  • 出来高変化率ランキング(14時台)~iFEナ100無、助川電気がランクイン

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 ◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

コインチェックの評判は?|実際の利用者のリアルな口コミ・評判を紹介!

読者

読者

コインチェックの特徴

会社名 コインチェック株式会社
親会社 マネックスグループ株式会社(口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 東証一部 8698)
会社設立日 2012年8月
代表取締役 勝屋 敏彦

金融庁登録済みの仮想通貨取引所

コインチェックは金融庁に登録済みの暗号資産交業者である コインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所 です。

取り扱い通貨数が多い

取り扱い通貨数が多いということは、仮想通貨取引における 選択肢が広がる というメリットともなるため、これから投資を始めようと考えている人にとっては嬉しい魅力と言えるでしょう。

初心者の人は、何が何だかわからない人も多いと思いますが、その時は ビットコインやイーサリアム、リップルなどの代表的な仮想通貨で取引することをおすすめ します。

取引画面がシンプルで使いやすい

取引画面はチャートやレートなど、何が何だかわからないことも多いですが、コインチェックであれば 簡単なタップ操作で取引ができる 点が特徴です。

取引手数料が無料

初心者の人で 少額で何度も取引をして仮想通貨取引に慣れたい という人も多いと思いますが、そのような場合、手数料がかからないため、何度でも取引が可能です。

セキュリティ体制が充実

2段階認証 では、第三者の不正使用やログインを防ぐことができ、 コールドウォレット ではインターネットに繋がっていないウォレットで暗号資産を管理するため、安全に自分の資産が守られます。

仮想通貨以外のサービスも充実

Coincheckでんき は毎月の電気代を現金で支払う場合、 電気代の最大7%がビットコインで還元される お得なサービスです。

コインチェックの良い口コミ・評判

キャンペーンが充実している

夜中にボソッと……

眠れなかったので夜活してたところ、なんとコインチェックで10,000円発生してましたー😆キャンペーン終了間際は狙い目ですね。ブログは1回書けば何回も訴求チャンスがある。やはりWebライターをしつつもブログは持っておくべきだなと再確認しました。あ、嘘じゃありませんからね🤫

— きど|Webライター×ブログ (口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 @kidoblog) March 31, 2022

厳しいこと言うけど『コインチェック』を知らない人が多すぎる。アプリDL数は前年比6.4倍で圧倒的に国内No. 1。マネックスグループが運営するから信頼性もバツグン。3/31までならお得なキャンペーンもやってる。でも恐ろしい落とし穴がこのツイートのすぐ下に。分からない人は今すぐチェックしてみて

— りくひろ | NFT × 仮想通貨 (口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 @RIKUHIRO7) March 20, 2022

厳しいこと言うけど『コインチェック』を知らない人が多すぎる。アプリDL数は前年比6.4倍で圧倒的に国内No. 1。マネックスグループが運営するから信頼性もバツグン。3/31までならお得なキャンペーンもやってる。でも恐ろしい落とし穴がこのツイートのすぐ下に。分からない人は今すぐチェックしてみて

— りくひろ | NFT × 仮想通貨 (@RIKUHIRO7) March 20, 2022

  • 【最大1万円!】Coincheckつみたて、BTCプレゼントキャンペーン
  • 全員BTCがもらえる!春のビットコインあげちゃうキャンペーン
  • 20名様に1万円をプレゼント!春の購入キャンペーン

キャンペーンは時期によっても内容が異なりますが、 定期的にキャンペーンを開催しています ので、コインチェックで口座開設をする時は、必ずキャンペーンを事前に確認しておきましょう。

使いやすい

IOST
週足逆三尊だったのコインチェックに一億年ぶりに入金して買いました!
久しぶりにコインチェック使ったけど使いやすい!スプレッドは鬼だけどw

ビットコイン400万で関心高まる→新規口座開設→ビットコイン高くて買えねぇ→単価安いコイン買う!
この流れが前回バブルにあったので今回も🤔 pic.twitter.com/k4uw7KCcAE

— 波平61.8📈 (@cownamihei) January 8, 2021

リップル買い増し完了🎉

口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説

株の売却資金を朝一コインチェックへ送金💨

今は株より仮想通貨の方が魅力的やね♡

SBIVCの方が手数料安かったけど、パソコン立ち上げるのが面倒💦

やっぱりコインチェックの方が使いやすい😍

アプリでポチっとできるのが良いよね〜。 pic.twitter.com/iMKwiYTCTO

— ひろこ@投資家🍀元銀行員|FP (@hiroko_akilog) May 14, 2019

特に 難しい操作などは不要 で、簡単なタップ操作で入出金や取引ができます。

手数料無料なのが嬉しい

何度も言うけど、「コインチェック」を知らない人が多すぎ。暗号資産アプリダウンロードNo.1だからと”思考停止”ですすめられるがママに開設してはNG。国内取扱通貨数17種で最大級。BTCは取引手数料無料。でも注意すべき落とし穴をプロフに書きました。分からない人は僕をフォローして一緒に勉強しよう

— ゆーがた🐻‍❄️米国インデックスで資産増加 6年目 (@yougottafire) March 17, 2022

コインチェックの昨年度の経常利益が500億円、ビットポイントの2019年3月期の推計経常利益が200億円。
ボッタクリ手数料で落ち目のコインチェックに対し、手数料無料で海外拡大中イケイケのビットポイント。#リミックスポイント

— ラー@ (@rah_six_colors) May 2, 2018

売買する際はバイナンスではなくコインチェックの取引所で行うとだいぶお得ですよ♪バイナンスだと売買往復で0.2%の手数料を取られるので…。コインチェックは取引所だと取引手数料無料です!
適当なこと書いて初心者嵌め込んでんじゃねえぞカス https://t.co/Q4EWBpxbh7

— ぶーちゃん (@boocham_bot) June 5, 2021

売買する際はバイナンスではなくコインチェックの取引所で行うとだいぶお得ですよ♪バイナンスだと売買往復で0.2%の手数料を取られるので…。コインチェックは取引所だと取引手数料無料です!
適当なこと書いて初心者嵌め込んでんじゃねえぞカス 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 https://t.co/Q4EWBpxbh7

— ぶーちゃん (@boocham_bot) June 5, 2021

ただに、 日本円を入金する時や、出金、暗号資産を別の口座に送金する時の送金手数料などは発生してしまう ため、注意が必要です。

貸仮想通貨サービスの利率が高い

コインチェックの貸仮想通貨サービスで、1万円から貸付可能になりました!

というわけで、QTUMとLSKを「180日間(年率4.0%)」のプランで申請してみました。

貸し仮想通貨のやり方!実績やリップルで承認されないのか検証 #coincheckレンディング👉 https://t.co/Hfev2QkF0x pic.twitter.com/S7jC0ylMwW

— タクスズキ@セミリタイア達成しTV出演!投資収入をブログ固定ツイで公開!FIRE仮想通貨ビットコイン (@TwinTKchan) April 16, 2020

コインチェックの貸仮想通貨サービス、申請がスムーズに通らなくなりましたね。
年率5%ということで期待していましたが、貸せたらラッキーくらいに留めておいた方が良さそうです🥲 pic.twitter.com/yTQioDVOXX

— たぴろぐ-TapiLog- (@tapi030) 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 November 13, 2020

コインチェックでは 貸仮想通貨サービス を提供しており、 自分が保有している仮想通貨を貸し出すことで、利率を得ることができます。

一部上場企業が運営していて安心

厳しいこと言うけど『コインチェック』を知らない人が多すぎる。アプリDL数は前年比6.4倍で圧倒的に国内No. 1。マネックスグループが運営するから信頼性もバツグン。3/31までならお得なキャンペーンもやってる。でも恐ろしい落とし穴がこのツイートのすぐ下に。分からない人は今すぐチェックしてみて

— りくひろ | NFT 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 × 仮想通貨 (@RIKUHIRO7) March 20, 2022

コインチェックの4-6月の業績が発表。マネックスグループ全体の営業利益の80%をコインチェック1社で稼ぎ出しました。

◆コインチェックのKPI
販売所売買高:2571億円(前年比11倍)
営業収益:127.4億円(同16倍) 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説
セグメント利益:90.0億円(同88倍) pic.twitter.com/hZ4rxsGAnl

— ユキダマボウズ (@growthbozu) July 28, 2021

マネックスの株が急上昇!
コインチェックはマネックスグループだから、当然か。当たり前のことを逃していた。勉強になりました。
そして、そろそろIPO当たってくれ。
♯仮想通貨♯ビットコイン♯マネックス♯マネックス証券♯コインチェック

— タク (@takuma0811base1) February 9, 2021

口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説

Bitterzの特徴・選ばれる理由

最大レバレッジ888倍・ゼロカット処理 最大レバレッジ888倍・ゼロカット処理

最大レバレッジ888倍・
ゼロカット処理

選べる入金方法

選べる入金方法

仮想通貨入金

クレジットカード決済

お得なキャンペーンを開催!

お得なキャンペーンを開催!

Bitterzの取引プラットフォーム

仮想通貨に特化したMT5 デモ口座による取引体験 デモ口座による取引体験

仮想通貨に
特化したMT5

仮想通貨に特化したMT5

インストール不要でウェブですぐにお取引可能な「WebTrader MT5」
EAやカスタムインジケーターの使用など、中上級者向けの「PC版MT5」
外出先などお手元にて快適にお取引をしたい方のための「モバイル版MT5」

【2022年4月キャンペーン情報】仮想通貨への投資をお得にするなら!現在キャンペーンが行われている暗号資産取引所まとめ


コインチェックはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。初心者でも扱いやすい販売所を提供している他、取引所サービスではビットコインを手数料無料で購入できます。コインチェックのスマホアプリは、取引画面もシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいよう設計されており、累計ダウンロード数は415万を突破しています(2021年6月末時点)。

コインチェックの取扱通貨

  • 取引所の取扱い銘柄:

キャンペーン1:家族友だち紹介キャンペーン

Coincheck campaign 2


こちらのキャンペーンはコインチェックを紹介した人、紹介された人の両方が1,000円もらえるお得なキャンペーンです。参加するには、紹介者がコインチェックのアプリの「アカウント」タブから家族友だち紹介プログラムにアクセスし、「招待リンクをコピー」ボタンをタップして招待リンクを取得します。そして、招待リンクを家族やお友だちに共有し、被紹介者が招待リンクから登録ページに移り、アカウント登録・本人確認を終えると参加手続きが完了します。特典の付与は、参加手続きが完了し次第、順次ユーザーのコインチェックのウォレットに付与されます。なお、紹介人数上限は1ヶ月間で10名までとなっています。

東証一部上昇のGMOインターネット株式会社が運営する「GMOコイン」


GMOコインは、東証プライム上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMO証券など金融サービスの運営ノウハウがGMOコインにも活かされており、高機能トレードツールがPC・スマホアプリでも利用できます。初心者からトレーダーまで幅広いユーザーが利用するGMOコインの口座数は37.4万件を越えています(GMOフィナンシャルHD、2021年12月期第1四半期決算資料より)。

GMOコインの取扱通貨

  • 取引所(現物取引):

キャンペーン1:暗号資産の購入で毎日10人に1,口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 000円が当たる

GMOコイン Campaiggn 2

こちらのキャンペーンでは、GMOコインの販売所で1回以上の仮想通貨を購入したユーザーの中から毎日抽選で10名に現金1,000円がプレゼントされるものです。当選した場合、「キャンペーン・プログラム情報」ページの「当選金受取」ボタンが表示されるようになっています。こちらは抽選条件として金額は提示されていないので、最低1回でも仮想通貨を購入することで自動でエントリーされます。

キャンペーン2:暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる


こちらのキャンペーンでは暗号資産FXにおいて、1日600万円以上の新規取引を行ったユーザーの中から抽選で毎日1名に現金1万円がプレゼントされます。抽選条件を達成すると自動で抽選にエントリーされます。当選した場合、「キャンペーン・プログラム情報」ページの「当選金受取」ボタンが表示されるようになっています。

株式会社DMM.comのグループ会社が運営している「DMM Bitcoin」


「DMM Bitcoin」は株式会社DMM.comのグループ会社であるDMM Bitcoinが運営する暗号資産取引所です。DMMグループが培ってきた金融サービスのノウハウを活用し、株式などの金融商品取引経験のある投資家が利用しやすい取引サービスを提供している特徴があります。

DMM Bitcoinの取扱通貨

キャンペーン1:新規に口座開設をされたお客様全員に2,000円をプレゼント


DMM 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 Bitcoinのキャンペーンの1つ目は、新規口座開設でもれなく2,000円プレゼントです。期間は2022年4月1日 7時00分〜2022年8月1日 6時59分となっております。

キャンペーン2:抽選で200名に5,000円が当たる!入金&取引キャンペーン

こちらのキャンペーンは、「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」の第3弾です。概要は、期間中に2万円以上の入金後、キャンペーン対象の現物5銘柄のいずれかを2万円以上購入すると抽選で5,000円が当たるキャンペーンです。さらにキャンペーン対象の現物5銘柄全て購入すると、当選確率が5倍となります。キャンペーン期間、2022年3月30日(水)メンテナンス後~2022年5月1日(日)6:59。当選者数とプレゼント金額は、当選者数:対象者の中から抽選で200名、プレゼント金額:5,000円です。プレゼントの抽選条件は、①期間中の日本円入金額の合計が2万円以上、②以下の対象銘柄の内、どれか1銘柄の「購入金額」が合計2万円以上。現物 ETC/JPY、現物 OMG/JPY、現物 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 ENJ/JPY、現物 BAT/JPY、現物 MONA/JPY

キャンペーン3:マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン

こちらのキャンペーンは、DMM.BitcoinのWEBサイトに掲載されているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、以下のとおりスプレッドが縮小されます。対象銘柄は、その日に取り上げた暗号資産銘柄及びBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つ(円建て、レバレッジ取引のみ)。対象期間は2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)、該当時間帯はマーケットレポート公開日の15時00分~21時00分となっています。

株式会社ビットポイントジャパンが運営する暗号資産取引所「BITPoint」


BITPoint(ビットポイント)は、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。BITPointは12種類の仮想通貨を取り扱っており、販売所、取引所を使って売買可能です。中にはジャスミーやエイダコインなど国内では同社でしか購入できない有名コインもあり注目を集めています。日本円の即時入金や現物取引、仮想通貨の入出庫など各種サービスが手数料が無料で利用できるので、これから仮想通貨投資を始めたい方にもおすすめな仮想通貨取引所です。

BITPointの取扱通貨

キャンペーン1:3銘柄スターターセット口座開設キャンペーン

こちらのキャンペーンは、2022年3月31日(木)16時~2022年4月28日(木)16時の期間中に、口座開設が完了したユーザーを対象に、1,000円相当のBTC、1,000円相当のADA、1,000円相当のDEP、合計で3,000円相当をプレゼントさらに、小田会長の著書「1時間でわかる 再入門!これからのビットコイン 」のオンライン版がプレゼントされます。プレゼント実施日は2022年5月12日(木)を予定。

LINEアプリから仮想通貨の購入ができる「LINE BITMAX」

LINE BITMAXの取扱通貨

  • 販売所:
    6銘柄:ビットコイン、XRP、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、LINK

キャンペーン1:LINE BITMAXはじめてみようキャンペーン

こちらのキャンペーンは、ウェルカムミッション達成でリンク(LN)がプレゼントされます。対象者はウェルカムミッションを達成したユーザーです。プレゼント上限は1人あたり最大690円相当のリンク(LN)です。プレゼント付与方法は、条件達成後にLINE BITMAX内のミッションページから「受け取る」ボタンを押します。ウェルカムミッションは以下の内容です。

キャンペーン2:毎週お得な水木金曜日、スプレッド相当分の一部を暗号資産で還元!


こちらのキャンペーンはミッション達成でリンク(LN)がプレゼントされます。対象者はキャンペーン期間中、各暗号資産を1,000円以上売買したユーザーです。キャンペーン期間は、2022.3.16(水) ~ 2022.6.3 (金) の毎週水曜日12:00 ~ 金曜日11:59までです。プレゼント上限は1人あたり毎週、最大240,000相当のリンク(LN)です。プレゼント付与方法は、条件達成後にLINE BITMAX内のミッションページから「受け取る」ボタンを押します。ミッションは以下の内容です。

グローバルにサービスを提供するHuobiグループの日本法人


Huobi Japanはフォビジャパン株式会社が日本の規制に基づいて運営する仮想通貨取引所です。Huobiグループが8年以上培った仮想通貨取引サービスのノウハウを活かし、SSL認証最高ランク(A+レベル)の安全性の高い金融サービスを24時間365日利用できます。Huobi Japanでは販売所だけでなく取引所の対応通貨も豊富で、仮想通貨を2円から売買できます。

Huobi Japanの取扱通貨

  • 販売所:
    ビットコイン、XRP、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、HT、トロン、オントロジー、リスク
  • 取引所:
    ビットコイン、XRP、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、モナコイン、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、HT、トロン、オントロジー、ネム、リスク、シンボル

キャンペーン1:【必ず2,000円相当の暗号資産がもらえる】のりかえ・おかえりキャンペーン

こちらは2022年1月19日(水)~ 2022年4月19日(火)のキャンペーン期間中に、お友達を紹介すると「紹介した方」も「紹介された方」も特典がもらえます。紹介した方は、お友達がキャンペーン期間中に口座開設を完了すると、 紹介した方に1,000円相当のHT(フォビトークン)がプレゼントされます。さらに、お友達がキャンペーン期間中に販売所で10万円以上の取引をすると、紹介した方に追加で1,000円相当のHT(フォビトークン)がプレゼントされます。

キャンペーン2:【最大30,000円相当の暗号資産が当たる!ウェルカムキャンペーン

こちらのキャンペーンは、2022年1月26日(水)〜2022年4月26日(火)の間に新規登録(メールアドレス登録)を行い、新規登録から7日以内に各種条件をクリアしてキャンペーンページからエントリーすることで、最大で30,000円相当のHTが当たります。こちらは、口座開設申込み、入金、販売所取引、取引所取引のいずれかを行ったことのないユーザーが対象です。

豊富なチャート機能でテクニカル分析ができる「ビットバンク」

bitbankの取扱通貨

キャンペーン1:BOBA(ボバネットワーク)取扱開始記念キャンペーン

こちらのキャンペーンでは、ボバネットワーク(BOBA)の取扱開始を記念して、2022年4月13日(水)9時59分まで、期間限定キャンペーンを実施。キャンペーン期間中、BOBA/JPY、BOBA/BTCの(メイカーとメイカー)取引手数料を無料で提供しています。

キャンペーン2:「18歳からできる」暗号資産デビュー応援キャンペーン!

こちらのキャンペーンは、2022年4月6日(水)〜2022年5月9日(月)11時59分まで、「暗号資産デビュー応援キャンペーン」を実施。キャンペーン期間中に、新規でビットバンク口座を開設したうえ、日本円30,000円以上入金したユーザーから抽選で100名に現金2,000円がプレゼントされます。

【1万円もらえる?】初心者のための海外FXの始め方|初めての海外口座の選び方・開設手順を徹底解説

ちなみに、海外FX初心者におすすめの業者GEMFOREXです。
GEMFOREXは、総合的に評価して、初心者に限らず広く上級者まで使いやすい業者です。
なんと言っても、ボーナスキャンペーンが非常に手厚く、スプレッドも良心的。さらに100種類を超える自動売買や、スキャルピングができて、日本人スタッフのサポート付き!
これだけ条件の揃った海外FX業者は稀有な存在と言えるでしょう。
金融ライセンスも審査がしっかりしているニュージーランドで取得しており、信頼性は十分です。

海外FXのメリット

レバレッジを効かせ、少額の資金で大きな利益を狙える

海外FXの人気が大きく出たのは、金融庁によって国内業者へのレバレッジ規制が強化された2011年以降。
それまで許されていた「ハイレバレッジ」が最大25倍に引き下げられた事を受け、規制のない海外業者に注目が集まったのです。

レバレッジは「てこの原理」という意味で、この数字が大きいほど、資金を増やした取引ができます。
現在、多くの海外業者が数百倍から1,000倍、場合によっては数千倍というハイレバレッジを提供しています。

例えば同じ1万円の資金でも、1,000倍のレバレッジを提供する海外FX業者を使えば、1,000万円の規模で取引できます。
しかし最大レバレッジが25倍に抑えられた国内FXでは、最大でも25万円にしかなりません。
当然、そこで得られる利益の上限には大きな違い、この場合で言えば40倍もの差が生まれます。

ゼロカットシステムは負債を避ける安全装置

多くの海外FX業者では、トレーダーを保護する必須の機能として「ゼロカットシステム」が導入されています。

もともとFX取引では国内海外を問わず、相場の変動で口座資金が少なくなった時に強制決済させる「ロスカット」機能が備わっています。
資産がゼロになる前に強制決済する事で、トレーダーの保護に繋がりますが、これをさらに発展させたのがゼロカットです。

相場変動があまりにも急激な場合、ロスカットが適用されても間に合わず、口座残高がマイナスになってしまう危険があります。
その場合、マイナス分はトレーダー側の負債(借金)となり、FX業者に返済する必要が生じるのです。
これを追証(追加保証金の略)と言い、国内FXでは借金をしてしまう原因になります。

それに対しゼロカットは、マイナスが出ても、その分の負債をFX業者がかぶってくれるシステムです。
口座に入れた資産以上にお金を失う事はなく、追証が課せられる事もありません。

ハイレバレッジで資金を大きくすると少しの相場変動にもリスクが伴いますが、ゼロカットがあれば金銭的・精神的な負担を減らせるのです。

例えば1万円を1,000倍レバレッジ、つまり1,000万円で運用したが、100万円の損失を出してしまった場合。
元手の1万を除く99万円が借金扱いになったら大変です。
しかしゼロカットシステムがあれば、トレーダーが失うのは元手の1万円だけ。
このリスク対策が、国内FXにはない安心な点です。

口座開設ボーナスや入金ボーナスがある

国内の規制が及ばない海外FXでは、国内とは段違いのサービスで口座獲得を図っています。
中でも代表的なものが口座開設ボーナスや入金ボーナス。

口座開設ボーナスは、新規に口座を作ると自動的に資金が貰えるというものです。
海外FXでは1万円や2万円など、多額のボーナスを用意している業者もあります。

入金ボーナスは、口座に入金すると、それに比例した金額がキャッシュバックされるものです。
例えば100%の入金ボーナスで1万円を入れると、同額の1万円が付与されます。
つまり合計の2万円を資金にして取引できるという事。

海外FXは条件が緩いのも特徴です。
国内業者でもキャッシュバックをアピールしている場合がありますが、よく見ると「10万円以上の入金」「20万通貨以上の取引」「FX積立の定期買付」などが条件になっていたりします。
中には、12,000円のキャッシュバックを受けるのに500万通貨の取引(米ドルなら約5億円!)が必要とされるケースも。

その点、海外業者なら口座を作るだけで1万円。
1万円を入れたら更に1万円、という感じです。

取り扱っている通貨ペアや商品の種類が多い

国内業者の場合、取り扱っている通貨ペアは概ね20~30種類程度です。
それに対し、海外業者の多くは50種類以上の通貨ペアを取り扱っています。
国内業者にはない通貨ペアを試せるので、トレードの幅が大きく広がるのが魅力です。

そもそも国内業者の場合は「円」を絡めた銘柄が中心で、それ以外は米ドルを除けば「ついで」感を拭えません。
それに対して海外業者は米ドル以外の通貨ペアにも積極的な場合が多く、特に英ポンドやユーロを絡めた銘柄で取引したい人にはおすすめです。

海外業者が優位なのは通貨ペアの数だけではありません。
通貨以外にも、株式指数や金、銀、原油など、様々な取引銘柄が揃っています。
国内FX業者の多くは、そもそもFX(通貨ペア)以外の銘柄がないため、それらの取引をしたい場合は海外FX業者を使う事になります。

世界の標準ツール、MT4やMT5を利用できる

MT4やMT5は、MetaQuotes社が開発・提供元になっている取引プラットフォームです。
「MT」は「MetaTrader」の略で、「4」「5」はそのバージョン。
いずれも国や業者を問わず使われている、いわば世界の標準ツールです。

このように優れた取引プラットフォームであるMT4・MT5ですが、国内での導入はあまり進んでいません。
国内業者の場合、自社で開発した取引プラットフォームが提供される傾向があります。

また多くの海外FX業者がMT4やMT5を採用しているため、業者を乗り換えても、使い慣れた取引ツールをそのまま使えるという隠れたメリットもあります。
複数の業者の口座を登録すれば、同じ画面で口座を切り替えながら取引が出来るのも、国内業者では真似の出来ない優位性です。

PAMM口座やオートチャーティストなど、最新ツールを利用できる

MT4やMT5に限らず、世界では多くの企業が使っているのに、日本の企業には採用されていない機能やツールは他にもあります。
それらが使える事も、海外FXのメリットです。

例えば、プロのトレーダーに資産の運用を任せられる「MAM口座」や「PAMM口座」という仕組みがあります。

PAMM口座はイメージ的には投資信託に近く、運用過程は公開されませんが、MAM口座は自分の口座を貸すものなので、どのような取引をしているか逐一確認できます。
また自動売買系では、自動で相場の変動を予想する「オートチャーティスト」もユニークな機能です。

約定力が高い

約定力とは、注文をした時、どれくらい確実に取引が成立したかを示すものです。
他のスペックがどれほど優れていても取引が成立しなければ、絵に描いた餅と同じで意味がありません。

約定力は、決済までにかかった時間や、注文の何%が実際に決済されたかで表現されます。
例えば「0.5秒以内に99%が約定しています」など。

そうした約定力の強弱は、サーバなどの物理的な環境に加えて、取引の形式自体が関係します。
国内FXでは業者の多くが取引に介入する方法を取っているので、業者側の損失が見込まれる場合は「約定拒否」も可能です。
そのため、注文が約定する確率が下がる方向に向かいます。

それに対し海外FXでは、業者の多くが取引に介入できない方式なので、「約定拒否」ができません。
そのため、国内FXより、約定力が高くなる傾向となるのです。

ただでさえスプレッド幅があるのに、加えて約定力も低かったら、顧客満足度は大きく下がってしまうでしょう。
そのため海外業者の多くは、約定力を高める事を重要な任務と捉え、サーバなどの環境強化を図っているのです。

より公正な取引ができる

どういう事かと言うと、トレーダーの注文を受けた業者は実際の市場に注文を出さず、業者の中で処理してしまうのです。
これを「DD方式」と言います。
業者の利益とトレーダーの利益が相反するため、見た目はオープンな市場取引に見えても、内情は閉鎖的な環境で透明性のない取引です。

それに対して海外FXの多くは「NDD方式」と呼ばれる透明性の高い方法を採用しています。
トレーダーから受けた注文をそのまま市場に流すため、業者の損得で取引が影響される心配がありません。

業者が儲かりやすいのは、当然、DD方式を採用している国内FXの方です。
長い目で見れば、より公正な取引環境を用意している海外FXの方に信頼性を感じる人も多いでしょう。

海外FXのデメリット

ハイレバレッジで大きな損失が出るリスクがある

「海外FXのデメリット」をテーマにした記事はたくさんありますが、なぜか「ハイレバレッジで大きな損失が出る危険性」については多くが口を閉ざしているようです。
ハイレバレッジを評して「一歩間違えると落とし穴」と表現しているケースもありますが、一歩どころか「あっという間に」落とし穴と言うべきでしょう。

ハイレバレッジは国内FXでは体験できない、まさに海外FXの最強要素ですが、その取り扱いは絶対注意!
ゼロカットがあるので負債を抱える事はないものの、少しの値動きでロスカットされてしまう事態は避けなくてはなりません。

相場分析を確実にして、どれだけ大きな値動きをしても、想定の範囲内ならロスカットされないポジションを持つ。
ロスカットレベルよりはるかに手前で確実に「損切り」する。
安易なナンピン買いをしない。
「コツコツドカン」に陥らない。

ハイレバレッジこそ基本の基本が試されます。
経験の浅い初心者は、デモトレードやローレバレッジで失敗を含めて多くの練習を積んでから、もしくはごく少額投資でハイレバレッジに挑戦するようにしてください。

スプレッドが広い傾向がある

取引方式の違いで、海外FXは国内FXよりスプレッドが広くなる事情がある事は、先ほど説明した通りです。
スプレッドは小さいほど有利な取引が出来るので、その差は無視できません。

口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説
国内FX(原則固定スプレッド) 海外FX(変動スプレッド)
GMOクリック証券 外為オンライン 外為ジャパン ヒロセ通商 XMTrading is6com GEMFOREX AXIORY
USD/JPY 0.2pips 0.9pips 0.2pips 0.2pips 1.5pips1.6pips 1.6pips 1.4pips
EUR/JPY 0.5pips 1.口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 9pips 0.5pips 0.55pips 2.4pips 2.3pips 1.5pips1.4pips
GBP/JPY 1.0pips 3.4pips 1.0pips 1.0pips 3.8pips 3.1pips 2.1pips 1.4pips
AUD/JPY 0.7pips 3.2pips 0.7pips 0.6pips 3.4pips 2.3pips 2.3pips 1.9pips
NZD/JPY 1.2pips 3.6pips 1.2pips 0.8pips 3.1pips 2.9pips 2.5pips
EUR/USD 0.4pips 1.4pips 0.4pips 0.3pips 1.口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 7pips 1.5pips 1.6pips 1.1pips
GBP/USD 1.0pips 2.8pips 1.0pips 0.6pips 2.2pips 2.4pips 2.4pips 1.5pips
AUD/USD 0.9pips 2.6pips 0.口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 9pips 0.4pips 1.8pips 2.0pips 2.5pips 1.6pips
NZD/USD 1.6pips 3.8pips 1.6pips 1.0pips 2.9pips 2.7pips 3.0pips 1.7pips
EUR/GBP 1.0pips 3.2pips 1.0pips 0.8pips 2.2pips 2.0pips 1.6pips 1.2pips
EUR/AUD 1.5pips 2.8pips 1.口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 4pips 3.4pips 3.3pips 2.2pips
GBP/AUD 1.口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 6pips 6.0pips 1.4pips 4.8pips 3.6pips 2.8pips
平均 0.97pips 2.97pips 0.85pips 0.75pips 2.43pips 2.60pips 2.37pips 1.73pips

対して海外FX業者は、最も狭いスプレッドが1.1pipsで、国内の最狭業者の平均値にも及びません。
通貨ペアの平均でも最も狭くて1.73pipsと、国内組に比べて幅が広い事は明らかです。

ただ、これはいかに国内業者のFXサービスが、世界から見て特殊な方法で運営されているかを示すものとも言えるでしょう。

稼ぐほど国内FXより税金がかかってしまう

国内FXでは「分離課税」扱いとなり、税率は一律で20%になります。
いくら儲けが出たとしても、それより税率が高くなる事はありません。
分離扱いなので、本業や他の副業でいくら所得があっても、それらの影響は受けずに済みます。
そのため計算が簡単で済むというのもメリットです。

一方、海外FXでは「総合課税(累進課税)」扱いとなります。
税率は利益が出るほど上がっていくため、中級者以上の人には国内FXより不利に働くケースが多いでしょう。
分離扱いを受けないため、課税額は本業や他の副業で得た所得との合算で決まり、計算はやや複雑になります。

口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説
年間所得の合計額 控除額 所得税率 住民税率 税率合計
1000円〜194万9000円 0円 5% 10%15%
195万円〜329万9000円 97,500円 10% 10% 20%
330万円〜694万9000円 427,500円 20% 10% 30%
695万円〜899万9000円 636,000円 23% 10% 33%
900万円〜1799万9000円 1,536,000円 33% 10% 43%
1800万円〜3999万9000円 2,796,000円 40% 10% 50%
4000万円以上 4,796,000円 45% 10% 55%

実際に、どの程度の差が生まれるのか、見てみましょう。
なお海外FXが適用される総合課税では、本業等の収入によって全体の課税額が決まるため、あくまで参考値として見てください。 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説
下記の例は、本業の年収を400万円とし、細かい計算を除いて概算額を出したものです。

口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説
FXの所得 年間所得の合計額 控除額 海外FX 国内FX
税率 課税総額 本業の税額 FXの税額 課税総額
10万円 410万円 427,500円 30% 110万1750円 107万1750円 2万円 109万1750円
50万円 450万円 427,500円 30% 122万1750円 107万1750円 10万円 117万1750円
100万円 500万円 427,500円 30% 137万1750円 107万1750円 20万円 127万1750円
200万円 600万円 636,000円 33% 177万0120円 107万1750円 40万円 147万1750円
300万円 700万円 636,000円 33% 210万0120円 107万1750円 60万円 167万1750円
500万円 900万円 1,536,000円 43% 320万9520円 107万1750円 100万円 207万1750円
1000万円 1400万円 1,536,000円 43% 535万9520円 107万1750円 200万円 307万1750円
2000万円 2400万円 2,796,000円 50% 1060万2000円 107万1750円 400万円 507万1750円

日本語サポートが不十分な場合が多い

海外に拠点のある業者の場合、日本語が分かるスタッフがいるとは限りません。
特に経営陣に日本人がいなかったり、事業規模が小さかったりすると、完璧な日本語サポートは期待できない可能性が高いでしょう。

ただ日本人が創業したり、日本人市場を重視して事業展開している業者の中には、日本人スタッフを常駐させて日本語サポートを提供している所もあります。
公式サイトに日本語コンテンツが充実しているかどうかは、1つの目安になるでしょう。
情報量が少なく、いかにも自動翻訳のような文章が並んでいたら要注意です。

信託保全を採用していない

そうならないよう、FX業者は預かった資金を保護する責任があります。
その方法には「分別管理」と「信託保全」という2つの種類があり、信託保全の方が万全です。


    トレーダーの資金を業者の資金とは別の口座で管理する事で、何かあった場合に返金されやすくなります。ただしあくまで業者の管理下にあるので、倒産してしまった場合は返金されないかもしれません。
    トレーダーの資金の管理を丸ごと外部に任せてしまう方法です。トレーダーの資金は業者が手を出せない所にあるので、会社の資産が底をついてもトレーダーの資金は守られます。 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説 口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説

国内業者の場合は信託保全が義務化されていますが、海外FXでは業者任せになっているため、信託保全を採用していない業者が少なくありません。
ただ、信託保全の有無が問題になるのは、業者が倒産した時です。
十分な資金力があって倒産リスクの少ない業者であれば、分別管理のみでもリスクは少ないでしょう。

入出金の方法が限られる面がある

海外に拠点があるFX業者の場合、口座の入出金も海外の金融機関を経由させる事が多く、国内で完結する日本のFX業者の方が簡単に済む面があります。
例えば国内FXであれば、メガバンクやネットバンクなど馴染みのある日本の銀行に振り込んだり、コンビニから入金できたりするでしょう。
しかし海外FXの場合、金融庁から認可を受けていない事もあり、そうした手段は提供されていません。

実際には、国内FX以上に多彩な入出金方法が用意されている事もあるのですが、日本人には馴染みのない方法が多いのです。
ただしクレジットカードやデビットカードは使えますので、実用上、問題になる事は少ないでしょう。
また仮想通貨で入出金ができるなど、海外FX特有のユニークな方法はメリットとしても受け取れます。

信用できない業者もある

国内のFX業者であれば必ず金融庁の認可を必要とするので、悪質な業者はほぼいないと言えるでしょう。
しかし海外FXの場合、日本以外のどこかで金融ライセンスを取得していても、その信用度を測るのは難しい面があります。

中には最初から詐欺を目的としたような怪しい業者も混じっているので、評判がしっかりしていない業者を使うのは危険です。
よくあるのは、トレーダーから資金を集めておいて、突然運営が停止し、そのまま行方をくらませてしまう。
あるいは出金の要請を受け付けず、いつまでたっても利益を引き出せないなど。

日本から撤退する可能性がある

会社の方針や、金融庁からの締め付けにより、海外業者が日本から撤退してしまうというリスクもあります。
そもそも金融庁としては、違法ではないものの、自らの規制を外れて自由に活動する海外業者を快く思っていません。
何かあると理由をつけて日本市場から締め出す機会を伺っています。

過去にはオーストラリアの金融ライセンスを持っているFX業者が撤退した事もあるので、万一の事態は想定しておいた方が良いでしょう。
ただちゃんとした業者であれば、撤退に当たっても出金を拒否する事はないので、過度な心配は不要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる