FXブログ

決済ソリューションを通じて収益を得る方法

決済ソリューションを通じて収益を得る方法

ゲームプラットフォーム の求人一覧 - 株式会社ディー・エヌ・エー

ゲームプラットフォームの更なる進化を図るべく、サーバサイド開発エンジニアを募集します。 月間のユーザー数が数百万人にも及ぶプラットフォームサービスを運営しユーザーにエンターテインメントの場を提供し続けることにチャレンジします。掲げるミッションは2つです。 ・ユーザにコンテンツを提供し続け、ブラウザで多様なゲームをプレイできる環境を作る ・ディベロッパーが魅力的なゲームを提供するための開発・運用支援を行う 大規模なプラットフォームをユーザに提供するために、組織には自社開発の数多くのバックエンドサービスがあります。ユーザにエンターテインメントの場所を提供し価値を届けるためには効率的なバックエンド運用と、中長期を見据えた機能改善が必要です。非効率な運用の再設計・効率化や、ブラウザやクライアント/OSの最新アップデートに素早く対応する技術力が求められます。 また、SDKの開発やAPIの開発にも注力しております。ディベロッパーはSDKを組み込むことでプラットフォーム機能(アカウントや決済など)の開発コストを減らすことができ、ゲームの本質的な機能開発に注力できます。 ユーザとディベロッパーにゲームプラットフォームの場と価値を提供することでミッション達成を目指します。 ◆主な仕事内容 シニアエンジニア/システムアーキテクト ・エンドユーザー向け機能のサーバーサイドシステムの設計・開発・運用 ・ゲームディベロッパー向け SDK, Webアプリケーションの設計・開発・運用 ・運用効率化のための再設計・開発 ・安定性・拡張性の継続的な改善 ・技術動向の把握・対策・設計 ◆この仕事の魅力 自社プロダクトであり、事業オーナーをはじめとしたメンバーと非常にフラットに関われます。 仕事の仕方は人それぞれです。本プロダクトではエンジニア自身が裁量を持って仕事に取り組む事を推進しサポートします。 また、UX 向上のための機能改修・拡張や、運用効率化のための新技術導入など、自身の提案をしっかりプロダクトに反映できます。 本プロダクトを通してゲームプラットフォームならではの経験や成長の機会があります。 ・月間のユーザー数が数百万に及ぶ大規模トラフィックを捌くための知見 ・ゲームディベロッパー・エンドユーザーの双方に対して価値を提供していくための視点 ・エンジニアリングの観点からプロジェクトを推進する経験 ・認証認可・決済などプラットフォームに必要な機能開発の経験 ゲームプラットフォーム「Mobage」がサービスを開始してから培ってきた開発・運用の経験は多くの開発に活かすことができます。 ◆働き方・チーム 当該部署においては現時点では出社必須の日は設けておらず、フルリモートに近い働き方をしています。 チームのカルチャーやこれまでの取り組み事例を紹介しています。 https://engineering.dena.com/team/mobage/ 実際に当該部署で働くエンジニアリングマネージャーが日々の開発運用において重視していることややりがいについて語っています。 https://fullswing.dena.com/archives/8004 ◆カジュアル面談大歓迎 当該部署で働くエンジニアとMobageというサービスや開発現場での仕事、働き方などについてカジュアルに話してみませんか? https://meety.net/matches/ncEZbuxbJJdY https://meety.net/matches/AMXOtuLcjQgv

【ゲームプラットフォーム事業 】モバイルアプリ向け SDK開発エンジニア(iOS/Android)

DeNA では「Mobage Open Platform」を軸として、多くの皆様に沢山のゲームを体験していただける場を提供してきました。 現在でも超大型タイトルを始め、様々なタイトルがプラットフォーム上でリリースされており、月間のユーザー数も数百万人に及ぶ大規模サービスとなっています。 大規模なプラットフォームを展開・運営する上では、汎用的かつ拡張性を備えたシステムを構築するとともに、エンドユーザ・ビジネスパートナー・市場など様々な状況やニーズを的確に捉え、良化し続ける実行力と変容力が重要です。 たくさんのお客様にストレスなく楽しんでいただくことと、たくさんのビジネスパートナーに価値を感じていただくことを両立させるために、SDK からアプリケーションまで広範囲のサービスを高いパフォーマンスで提供し続けることが私たちのミッションです。 DeNA もしくは 外部の開発会社において開発される「Mobage Open Platform」のゲームをモバイルアプリから利用するための各プラットフォーム(iOS/Android/Unity)向け SDK の開発と運用を行っています。 デベロッパーにゲームの開発に注力頂けるよう、我々はプラットフォームとして充実した機能を高いクオリティで提供する必要があります。 また、デベロッパーがより良い体験ができる魅力的なゲームを提供するための開発・運用支援を行っています。 エンドユーザーとデベロッパーの双方にゲームプラットフォームの場と価値を提供することを目指します。 ◆具体的な業務内容 ・iOS/Android用のSDK開発・運用 ・長期的に安定的な運用をするための運用改善、効率化 ・毎年更新される外部環境変化の情報キャッチアップと対応(iOS/Android の新バージョンOS、ポリシー変更に対応するなど) ・タスクを取りまとめて関係者と巻き込み機能の開発・運用 ・デベロッパーとエンドユーザー両方の目線を重視した開発 ・デベロッパー向けのドキュメント整備 ◆ この仕事の魅力 ・大規模サービスのため関係者も多く、様々な部署/職種のメンバーと接しながら多様な経験を得ることができます。 ・「Mobage Open Platform」がサービスを開始してから培ってきた開発・運用の経験は多くの開発に活かすことができます。 ・DeNA の携わる多様なサービス開発に関わるチャンスがあります。 ・SDK 開発の性質上、広い範囲に目を向け最新情報に常に追従、デベロッパー様へ迅速に提供することの価値が非常に高い仕事です。 ・デベロッパーとアプリを利用するエンドユーザーの双方に対して価値を提供することができます。 ・エンジニアが裁量を持って仕事に取り組み、他職種メンバーに対しても提案しやすい環境が整っています。 ◆働き方・チーム 当該部署においては現時点では出社必須の日は設けておらず、フルリモートに近い働き方をしています。 本ポジションに関わるチームのカルチャーやこれまでの取り組み事例を紹介しています。 https://engineering.dena.com/team/mobage/

【ゲームプラットフォーム事業】AndApp プロダクトオーナー

スマホアプリがPCで遊べるAndApp(https://www.andapp.jp/)はスマートフォン向けのゲームをPCで遊ぶことができるプラットフォームです。 スマートフォン版とのデータ連動に対応したゲームを配信しており、2022年6月には6周年を迎えます。) そのAndAppのプロダクトオーナーとして、事業計画推進、タイトル獲得、プロダクト開発に携わっていただける方を募集いたします。 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 一緒にユーザーへDelightを届けませんか? <主な仕事内容> ・事業の方針策定/事業進捗管理 ・事業の計数管理や、AndAppの開発計画の立案・管理 ・年間を通じた事業計画の立案、事業進捗を管理し、状況や必要に応じて対策を講じる ・AndAppチームの船頭となる ・プロダクト開発 ・新機能や施策等の企画・仕様の作成 ・サーバ・クライアントの各エンジニア、QA、CSなど各領域の担当者と連携してプロダクトの開発やサービスの運用を行う ・タイトル拡充 ・新規タイトル獲得に向けたタイトルの選定、ビジネスプランの検討、提案書の作成 ・事業開発担当(営業・渉外)と並走するかたちで、パートナー企業への企画・提案を推進 ・プラットフォーム運営に付随する業務 ・既存タイトルへのプロモーション、キャンペーンの企画・開発・運用 ・CSと連携した顧客対応方針の検討 <チームメンバー構成> ・プロダクトオーナー(当ポジション) ・クライアントエンジニア 1名 ・サーバーサイドエンジニア 3名 ・QC/CS担当 2名 ※渉外や、バックオフィスは別チームの担当者との協業になります <この仕事の魅力> ・ゲームプラットフォームを自分で運営して育てることができます ・プロダクト運営/開発を裁量をもって、一気通貫に動かせる手触り感があります ・Twitterの運用も含めて、ユーザーへ直に届けられフィードバックを感じられます

【ゲームプラットフォーム事業】Mobage ゲームグロースディレクター

新規タイトルを成功に導く!Mobageのユーザプールを最大限活かしたゲームグロース企画をやってみませんか? 多くのパートナー様よりゲームを提供頂いているMobageプラットフォーム。 月間数百万を超えるユーザが、パートナー様のタイトルで、より楽しくプレイするようになること、それがミッションです。 中でも、開発力が高い中国パートナー様のタイトルリリースを促進しています。 Mobageの強みを最大限を活かし、プラットフォーム上での施策をご担当いただきます。 企画の立案、導線の整備やタイトルリリース時のグロース施策全般(ユーザ獲得支援、実施企画のレポーティング、UI/UX改善による導線設計)など、定常的な施策運用に加え、ご自身の裁量を持って推進することが可能です。 多くのゲームユーザを獲得し、タイトルのグロースに貢献できると別のタイトルも後続し、一本の成功が連鎖的に循環することが期待され 高い事業インパクトを実現が見込まれます。 <主な仕事内容> Mobageで配信されているゲームタイトルがグロースできるような、Mobageプラットフォーム上での施策企画・運営運用業務をご担当いただきます 例えば 新規タイトルの場合… ・リリース時の事前登録やキャンペーン企画検討、実施、効果検証など行います ・ゲームタイトルの成功を目指して支援を実施します 例えば 既存タイトルの場合… ・注力タイトルへの月次開催モバコインキャンペーンの企画検討および実行まで行います ・事例:mfes(えむふぇす) ・ゲームで遊ぶだけで、インセンティブであるモバコインがプレゼントされるキャンペーン ・各タイトルへの誘導強化などPF内導線を意識した回遊を促進 こちらは現施策になりますので、もちろん新しいアイデアを実現頂くことが可能です!! <具体的な業務内容> ・Mobageプラットフォーム上でのグロース戦略・戦術企画の策定 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 ・既存施策に留まらない自由な発想を期待します ・例) UI/UX改善といったプラットフォームの設計 ・Mobageプラットフォーム上でのキャンペーンやプロモーション施策の企画・仕様作成・開発の進行管理 ・営業やデベロッパーサポート窓口と連携して、パートナー企業への素材提供依頼 ・キャンペーン社内審査など関連部署のメンバーとの連携 ・各種ツールを用いたキャンペーン設定 ・社内専門部署へのデザイン発注・監修 ・プロモーション予実管理 ・各種効果分析、レポーティング <この仕事の魅力> 以下のスキルや能力を身につけることが可能です。 ・大規模プラットフォームビジネスの構造理解や知識の獲得 ・PDCAの一連の流れを一気通貫で行える業務推進能力の獲得 ・分析特化組織との協働から得られる、PDCAをまわすために必要な分析視点の獲得 ・多数のステークホルダーと調整や交渉が可能となるコミュニケーション能力の獲得 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 ・課題解決志向の運用オペレーション最適化のノウハウ習得

グローバルなEC決済ソリューション

すでに数多くの名だたる企業にご活用いただいているグローバル規模のインフラを利用することにより、新市場に簡単に参入することができます。当社は最終販売責任を持つ売り主(Merchant & Seller of Record)として、グローバルスケールで決済に関連するリスクとそれにまつわる課題の解消にあたります。クライアントは自社のオンラインビジネスを拡大することだけに集中し、Digital Riverがリスクマネジメントに集中します。

  • 出店地域に最適化された決済手段
  • 税務申告
  • ローカル・コンプライアンス
  • 不正注文検知
  • 課金処理の最適化
  • 財務調整

Localized Payment Strategy

The Onshore Advantage™.

クライアントのオンライン事業収益の成長を、クロスボーダー ECビジネスモデルでは得ることのできないオンショアビジネスモデル、The Onshore Advantage™によりサポートします。クロスボーダーECによっても新市場への参入は可能ですが、その一方で、カスタマーエクスペリエンスは犠牲にされることとなります。注文に対し海外取引手数料が請求される、現地発行のクレジットカードによる決済が拒否されるなど、さまざまな問題がおこることが予想されます。一方、The Onshore Advantage™ を採択いただくことで、20のローカルアクワイアラとの提携、世界中で70以上の決済手段の活用が可能となり、現地消費者のニーズに応じるすぐれたカスタマーエクスペリエンスの向上を狙うことができるようになります。

The Onshore Advantage™ には次のような利点があります。

  • オーソリ率の向上
  • カゴ落ち率の改善
  • カスタマーエクスペリエンスの向上
  • 収益の増加

APIインテリジェンス

Digital Riverが提供するAPIのグローバルスイートを活用することで、当社の「決済 & リスクマネジメント」機能をフロントエンドCMSやコマースプラットフォームに接続することが可能となります。接続が完了すれば、ターゲット国に最適化された、決済通貨や手段、税の設定、配送手段など、ECを展開するうえで必要な要素が素早く自社環境に導入できますので、グローバルなビジネス展開に伴う面倒な手続きはありません。あとは、次から次へと、オンラインビジネスをグローバルで展開していただくだけです。

決済効率改善

ビジネスを拡大しようとするときはいつでも、Bankers Almanac Paymentsソリューションを利用すれば、以下の項目に対応するデータへのアクセスによってグローバルな決済を確実に効率化できます。

200,000 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 件の金融機関

190以上の国と地域の国別銀行コード

すべてのSWIFT/BIC

158の決済システム

110万件の銀行支店


決済ソリューションのオプション

ペイメントAPI

顧客またはサプライヤーから入手した決済情報が不正確である場合、決済は失敗することがあります。LexisNexis® Bankers Almanac Validate は、顧客がモバイルアプリまたはウェブサイトで決済情報を入力する際に、リアルタイムで国際決済およびコンプライアンスのルールに照らし合わせて検証します。この決済ソリューションは、銀行口座番号や銀行の詳細情報などを検証できます。また、ペイメントAPIを貴社の決済フローのいずれかの位置に統合して、決済情報の確認やアクセスに利用できます。

データファイル

企業
LexisNexis® Bankers Almanac Global Payments File ERPは、企業のERPシステム内の銀行マスターデータを、最新の正確な銀行詳細情報および決済参照データに自動的に更新します。

銀行および決済サービスプロバイダー
LexisNexis® Bankers Almanac Global Payments Plusは、決済処理プラットフォーム内の正確な銀行および決済経路情報を維持して、世界中の決済経路決定ができるようにします。

その他のファイル
Bankers Almanac Paymentsソリューションは、特に英国の銀行および米国の金融機関向けのファイルを通じてあらゆる種類の決済データを提供します。適切なソリューションの選定については、当社の営業担当社にご相談ください。

オンライン検索ツール

LexisNexis® Bankers Almanac Global Payments Resourceは、金融機関および決済経路の最新データを提供します。このオンライン検索ツールは、手作業による調査の時間節約に役立ちます。このソリューションは、IBANなどの銀行口座詳細の迅速な検証、および決済情報の強化にも利用できます。

地域金融機関向けMKI決済ソリューション: MOCT

※1 SWIFT : SWIFT は、国際送金等において利用される国際通信手段で、国際銀行間金融通信協会( Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication )の略称です。
※2 SaaS : 「 Software as a Service 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 」の略で、クラウド上に作られたアプリケーションやサービスを、インターネットを通じて利用する形態のことを指します。

国際送金業務のデジタルワークフロー:MOCT-FT

MOCT-FTの特徴

国際送金の実業務に寄り添う、 『 ユーザー目線 』 の画面設計・操作性

多くの 金融機関から業務詳細をヒヤリングし、実際のユーザー様の意見を基に構築した業務システムです。
現行の業務の流れを大きく変えない形での電子化・効率化を目指し、使いやすさを最優先に設計・開発 しました。

これまでシステム化されなかった 『 送金依頼の精査業務 』 を初めて電子化・効率化

営業店での個人・法人送金依頼受付から 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 SWIFT 電文作成までを全てカバーする単一ワークフローシステムは、 MOCT のみがパッケージ化を実現しました。
特に、国際送金依頼の精査業務の電子化・効率化を、機能の中心に据えたシステムは他にありません。

送金データを一元化し、データ活用の道を拓く 『 クラウドソリューション 』

送金依頼データと SWIFT 電文データを一元管理できるため、監査対応はもちろん、送金データを活用した新規ビジネス検討の基盤としてご利用いただけます。
中長期的には、この送金データを活用した個人・法人のお取引様向け拡張機能までをご提供予定です。

クラウド基盤の活用

国際送金業務は、金融機関における重要業務 です。 障害発生や不測の事態に備え、 MOCT-FT はクラウド基盤の利点を活かして 災対環境を標準で用意、本番環境と災対環境での自動同期も実現しています。障害等が発生しても、自動で環境が切り替わり業務継続ができます。
MOCT-FT は一般的な 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 SaaS 型のサービスとは異なり、金融機関ごとに占有テナントを設けることでデータベースの独立性を強化しており、完全かつ安定したサービスの提供を行います。

移行事例パート 2: NCR と Opus がクラウドでカード管理の可用性と復元力を向上させた方法

大企業がレガシー システムをクラウドに移行するのは大変であることを繰り返してお伝えすることから始めますが、多くの企業は、クラウドでデプロイすることで、パフォーマンス、スケーラビリティ、可用性の向上といったメリットを得ることができます。このブログでは、NCR と Opus Consulting Solutions が、Google Cloud で利用可能な機能を適切に選ぶことで、クラウド ソリューションをどのように設計したか詳しく説明します。

適切なコンポーネントを選ぶことが重要な理由

1 NCR & Opus.jpg

ソフトウェア プロダクトは、その機能の品質、セキュリティ、可用性、将来の拡張性、またその他多くの要因によって定義されます。最新のテクノロジーを使用して適切なプロダクトを構築することはその一つですが、ソリューションをクラウドにデプロイする際に主要な関係者の目的を念頭に置きながら、適切なコンポーネントを選択することは別の問題で、困難なタスクになる可能性があります。クラウドでプロダクトに適したアーキテクチャを構築しながら、いくつかの要因によって設計の決定が促されます。銀行業務やコンプライアンスから IT のデリバリと運用に至るまで、さまざまなチームが、テクノロジーを日々活用して管理する方法においてさまざまなニーズを抱えています。クラウド プロバイダは豊富なマネージド サービスを提供しているため、決定を下す際には、主要な関係者が、サービスの選択、メリット、関連するコストのバランスを考慮する必要があります。主に、クラウド コンポーネントはハードウェア、仮想化、ストレージ、ネットワークに分類され、ソリューションを設計する際には慎重な選択が必要です。 考慮が必要な主な要素は:

クラウドの機能

NCR Authentic Cards 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 は、Google Cloud の複数の個別のネイティブ コンポーネントとカスタム コンポーネントを組み合わせて構築されています。アーキテクチャ全体は、プロダクトのさまざまな側面を考慮して、高い精度で設計されています。このアーキテクチャには、セキュリティ ファーストのアプローチが採用され、セキュリティとリソース管理の向上のために Google Cloud が提供するいくつかのマネージドサービスが利用されています。Google Kubernetes Engine や Cloud SQL などの主要なインフラストラクチャ ソリューションは、NCR Authentic Cards のビジネス ロジックとデータをデプロイするために使用されます。一方、Cloud NAT や Cloud Armor などのコンポーネントは、プロダクトのセキュリティ シールドを提供します。

2 NCR & Opus.jpg

Virtual Private Cloud(VPC)

アーキテクチャの主要なコンポーネントで、プロダクト全体とその構成コンポーネントが存在してプレイできるプレイグラウンドとして機能します。これは、複数のリージョンにまたがるプライベート クラウド ネットワーク内のプロダクトを包含し、外部要素からセキュリティを確保できるようになります。VPC 内のコンポーネントは、プライベート IP のみを持つように構成されています。そのため、VPC 内からのみアクセスでき、外部からは見えなくなります。VPC 内のデータは転送中に暗号化されるため、プロダクトを通過するデータの安全性がさらに高まります。VPC のセキュリティは、VPC 内のコンポーネント間の通信を限定および制限する一連のファイアウォール ルールを適用することで、さらに強化されます。

Cloud NAT

この Google Cloud のマネージド サービスは、このアーキテクチャの主要な機能であり、プライベート IP を使用してゲートウェイの背後にあるコンポーネントへのアクセスを制限します。Cloud NAT は、単一のゲートウェイで VPC リージョン内のサブネットに対しネットワーク アドレス変換を可能にします。簡単に言うと、内部リソースとそのコンポーネントは、アップグレードなどで必要な場合に、送信インターネット接続を作成できます。システムの内部リソースのセキュリティを確保するために、このアーキテクチャのコンポーネントとして設計フェーズで慎重に選択されました。

Google Kubernetes Engine

Google Kubernetes Engine は、プロダクトのビジネス ロジックを含むサービスコードをホストします。ソフトウェア コードは、ランタイム環境やコードの実行に必要なライブラリなどの依存関係とともにコンテナにパッケージ化され、Google Kubernetes Engine の Pod にデプロイされます。このプロダクトは複数のマイクロサービスで構成され、ノードで実行される Pod にすべてデプロイされます(マシンと同等)。これにより、Google Kubernetes Engine は、需要に基づいてサービスをより多くの Pod にデプロイすることで、水平方向に自動スケーリングでき、アプリケーションはこれまでにない負荷やトラフィックの急増に対応できます。このコンポーネントを選択することで、リソースの効率的な使用、サポートおよびインフラストラクチャ管理のオーバーヘッドの軽減、自動デプロイなどのメリットを得ることができます。また Google Kubernetes Engine は、Namespace を使用したリージョン クラスタ内のアプリケーションのデプロイにも対応できます。リージョン クラスタは、ゾーン全体がダウンしている場合や問題がある場合でも、より高い可用性をサポートし、Namespace は マルチテナントのコスト最適化を可能にします。NCR と Opus の実装チームは、CI / CD パイプラインを構築して、GKE クラスタにデプロイされたプロダクトへの拡張機能とアップグレードの構築、テスト、デプロイを可能にしました。

Cloud SQL

NCR Authentic Cards は、リレーショナル データベースである Postgres を使用してデータを保存します。Cloud SQL では、パッチやアップデートの適用、バックアップの管理、レプリケーションの構成など、マネージド サービス データベースの他の利点を活用しながら、Postgres を選択できます。データベースは 2 つのゾーンに複製されるため、可用性が高くなります。ゾーンとリージョンの選択は構成可能で、お客様の地理的データ基準に基づいて行えます。また、データが暗号化されて Cloud SQL に保存されるため、プロダクトにセキュリティ 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 レイヤが追加されます。アプリケーション コードは、SQL Auth プロキシを使用してデータベースに接続し、アプリケーション コードとデータベース間の接続を安全に保てるようにします。

Cloud Memorystore

NCR Authentic Cards の実際のプロダクト設計には、キャッシュを管理するための Redis コンポーネントが含まれていました。Google Cloud のアーキテクチャを設計する際に改訂され、Cloud Memorystore が Redis に代わる新しい Authentic Cards 領域に追加されました。Cloud Memorystore はマネージドサービスでもあり、プロダクトにキャッシュ機能を提供し、サービスの応答時間を短縮します。

Cloud Load Balancing

NCR Authentic Cards のサービスは、Google Cloud が提供する完全に分散されたソフトウェア定義のスケーラブルなマネージド サービスである Cloud Load Balancing 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 を通じてお客様に公開されます。 Cloud Load Balancing は、サービスを利用するためにお客様から呼び出されるエニーキャスト外部 IP の背後にあるプロダクト全体をデプロイするのに役立ちました。NCR Authentic Cards は、この単一の IP の背後にあるフェイルオーバー、可用性、地理的なニーズに対応して、複数のリージョンにデプロイされます。また、プロダクトとそのリソースは、お客様に影響を与えることなく、必要に応じて自動スケーリングできます。Cloud Load Balancing は SSL オフロードもサポートしています。つまり、お客様からの受信 SSL トラフィックがロードバランサで終了し、内部サーバーにそのまま送信されないため、セキュリティのレイヤの追加につながります。

Cloud Armor

Cloud Armor は、Google Cloud のマネージド WAF(ウェブ アプリケーション ファイアウォール)サービスで、DDoS 防御の提供、セキュリティ ポリシーの適用、OWASP で特定されたシステムの主要なリスクの軽減を支援します。このコンポーネントは、NCR Authentic Cards の設計に追加され、プロダクトに次の 2 つの主要なセキュリティ機能を提供します。

許可された IP ソースだけがサービスにアクセスできるようにするための IP アドレスの許可 / 拒否リストの構成。

Apigee

NCR Authentic Cards のアーキテクチャでは、外部トラフィックを処理するゲートウェイとして Apigee API 管理を使用します。また、Apigee はロードバランサを介してトラフィックをルーティングしますが、OAuth 2.0 API プロキシを使用して、レイヤで各トランザクションを個別に承認します。Apigee は充実した API ライフサイクル管理機能を備えており、進化、拡大し続けるカードサービスの統合エコシステムをサポートすると同時に、API プロダクトの収益化を可能にします。これにより、ソリューションでは社内外のシステムに新しいエンドポイントや幅広いコネクタが常時提供されます。Authentic Card API は Apigee の API プロキシにマッピングされているため、セキュリティやその他の要件に対しプロキシレベルでポリシーを定義できます。API プロキシに適用されるデフォルトのポリシーは、VerifyAccessToken で、すべての API のトークン認証を確実に行えるようにします。Authentic Cards の Apigee アーキテクチャを次の図に示します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる