FXがはじめての方へ

乗り換え売買

乗り換え売買
津田沼駅は総武線快速や各駅停車の始発駅となることが多く、総武線快速で東京駅まで30 分、総武線各駅停車で秋葉原まで35 分ほどでつくことができます。平日には津田沼駅からは東西線直通列車も出ているため、茅場町や高田馬場など東西線沿線に行くにも大変便利な場所です。

不安を感じたら乗り換えもアリ!不動産業者との媒介契約を解除する手順とは|永大ハウス工業

不動産業者の対応に不安や不満を感じるということは、短期間では改善しない営業マンの実力や、人間的な相性面に問題がある可能性が高いです。
そもそも、好条件の売買契約を仲介できれば担当者の営業成績が良くなるため、満足できる対応ができる営業マンは、最初からできる限りの対応をしています。
多少営業マンと相談をしたり、注意をしたりしたところで劇的に改善する見込みは少ないです。
実力があり、評判の良い不動産業者なら万人が満足できるというわけではないので、「合わない」と感じたら早めに解約した方がお互いのためになるでしょう。

●媒介契約の解約自体はとくに問題のある行為ではない

「一度契約を結んだのに、途中で解約するのは問題なのでは?」と考えて、契約をためらう人は少なくありません。
しかし、不動産売却における媒介契約は、あくまでも「手数料を支払う代わりに、不動産売却を業者に手伝ってもらう」ための契約です。
現実問題として売り主の希望に近い条件で売却先を見つけられていないのは、業者側の手落ちなので、合わないと感じたら思い切って解約しましょう。

媒介契約を解約する方法

●一般媒介契約の解約方法

3種類ある媒介契約の中で、一般媒介契約は唯一「契約の自動更新」や「契約期間の縛り」がありません。
特約を設定して上記の項目を付け加える場合もありますが、一般媒介契約に関してはいつでも無料・無条件で解約できます。
とはいえ、不動産業者からの連絡を無視するといった方法で解約すると、後々トラブルになるリスクがあるので、解約するときは不動産業者に連絡を入れましょう。

●専任媒介契約・専属専任媒介契約の解約方法

専任媒介契約と専属専任媒介契約は、原則として3ヵ月契約です。
そのため、契約期間中は中途解約できません。
契約期間の縛りがある関係上、3ヵ月ごとに媒介契約を結び直すことになるため、解約する場合は契約更新のタイミングで「更新しない」と伝えましょう。

なお、契約期間満了後の解約だと、違約金などは請求されません。
なぜなら、不動産売却における仲介手数料は、「買い主を見つけた」ことに対する成功報酬だからです。
3ヵ月の契約期間中に広告費等がかかっていても、売買契約が成立していなければ、無料で媒介契約を解約できます。

●専属専任媒介契約の解約方法

専任媒介契約や専属専任媒介契約は、原則として中途解約できません。
しかし、例外として、「通常の媒介契約で業者側に義務付けられていること」ができていない場合、違約金なしで中途解約できます。
大雑把に説明すると、媒介契約を中途解約できるのは、

  • そもそも買い主探しをしていない
  • レインズに不動産情報を登録していない(本来なら5~7営業日以内の登録が義務)
  • 売り主へ定期的に連絡していない(1~2週間に1回以上の連絡が必須)

中途解約をする際のポイントと注意点

媒介契約を中途解約する場合、解約の申し込みを書面で通知しましょう。
電話や直接営業マンへの口頭連絡だと、本当に解約を申し込んだかどうかの証拠が残りません。
悪徳な業者の場合、解約申し込みの証拠がないことを理由に違約金を請求してくることも考えられます。

不動産業者の対応に不安を感じたら、媒介契約を解約しましょう。
合わない不動産業者に売却を任せるよりも、ある程度の期間で見切りをつけ、信頼できる業者に乗り換えた方が、結果的に満足できる可能性は高まります。
ただ、専任媒介契約や専属専任媒介契約だと、中途解約で違約金が発生する場合もあります。
トラブルになると不動産売却がさらに遅れてしまうので、余計なリスクを避けつつ適切な手順で解約するのがおすすめです。

不動産売買FC会社の乗り換えはできる?異業種からの場合は?

まず1つ目は 現元会社が倒産、または経営難に陥るとき です。フランチャイズ展開をしている企業というのはほとんどが一般的にも名前が知られている大企業なので、可能性としてはとても低いですが、それでも過去にだれもが知っている企業が倒産したり、経営難に陥って事業を大幅に縮小する、といったケースは何度もあります。特に何らかの手段で元会社が倒産の危機にあることをした際には、別会社への加盟も検討しておかなければ失業する恐れがあります。

次に元会社から 不当な解約指示を出されたとき も乗り換えが認められる可能性が出てきます。例えば親会社が大幅な減収によって経営難に陥って事象の縮小を余儀なくされ、それによって突然契約を解約すると辞令が出された場合などはこのケースに当たります。

しかしながら、 乗り換えを認めてもらうためには元会社に対して裁判を起こし、自分の正当性を証明 しなければいけません。裁判を起こすためには弁護士を立てる必要があるので、弁護士への報酬が必要ですし、裁判を起こすための費用も必要です。また手続きする際には手間がかかることと、元会社が手抵抗論の姿勢を見せればそれだけ裁判が長引くことも覚悟しておかなければいけません。

別業種から不動産売買FCへの乗り換えは可能か

では、別業種から不動案売買FCへの乗り換えは可能なのでしょうか。実は別業種への乗り換えというのは、 親会社とのもめ事を起こさずにフランチャイズ会社を変更する方法として、とても有効 なものとなっています。

その後は説明会の指示に従って新しいフランチャイズ会社への加盟に向けての手続きを進めていきます。特に 現行のフランチャイズと同時進行の場合は業務に差支えが無いよう気を付けましょう

フランチャイズ契約を結んだ際には一定の契約期間が設けられていることから、例外を除いて乗り換えは難しいと言えます。しかし 異業種であれば、現事業を続けながら準備を進めることが出来る場合もあり 、スムーズに乗り換えできるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる