仮想 通貨

取引チャネルを刷新

取引チャネルを刷新
これまでの当社のビジョンは、「努力が報われる社会をつくる」というものでしたが、これは主にインドネシアのカカオ農家を念頭に置いておりました。今回、ビジョンを刷新するにあたり、対象をカカオ農家に限らず、消費者や取引先、自社従業員、そして自然環境も含めたすべてのステイクホルダーに広げ、すべての人にとってWin-winとなる「All-winな社会をつくる」と定めました。また、この新しいビジョンを具現化するために、下記ビジョン・ステートメントも同時に策定しました。

取引チャネルを刷新!FXサービスのリニューアルに関するお知らせ


<取扱商品のリスクおよび手数料等の説明>
■NetFx(外国為替保証金取引)は、金利変動等による通貨の価格の変動、金利差調整額(スワップポイント)の支払により損失が生ずることがあります。また、取引金額が差入れる保証金の額に比して大きいため、差入れている保証金額を上回る損失が発生することがあります。急激に為替価格が変動した場合や、スプレッドの拡大が行われた場合には、ロスカット機能で設定した価格から大きくかい離した値段で約定する可能性があります。その結果、当初設定していたロスカット幅を超えて差入れている保証金額を上回る損失が発生することがあります。
■NetFxの取引手数料は無料です。ただし、受渡決済手数料は通貨別で約定通貨数量×6~20円です。
■取引する通貨ペアで、より高金利の通貨を売付ける場合スワップポイントの支払が発生します。
※スワップポイントの額は、その時々の金利情勢等に応じて決定されますので、その金額等をあらかじめ記載することはできません。
■必要保証金は約定代金(日本円)×通貨ペアごとの保証金率(※)を基準とし、ロスカット設定により増加します。増加額は「設定したロスカット幅×建玉数量」で計算します。
※通貨ペアごとの保証金率は、4%と為替リスク想定比率のうち、より高い方を設定します。為替リスク想定比率は、一般社団法人金融先物取引業協会が公表する数値を採用します。
■取引金額の必要な保証金の額に対する比率は、その時々の為替価格、ロスカット幅の設定等によって異なりますが、最大で25倍になります。
■買注文は売気配を売注文は買気配を参考に約定します。当社の提示する売参考気配と買参考気配は一致しません。提示する売気配と買気配の価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは外国為替相場の状況等により、拡大する場合があります(相場の急変時、経済指標の発表時、著しい流動性の低下時等)。
■成行注文には、発注時点に期待した価格と実際の約定価格にかい離が生じるリスクがあります。
■一部、発注ができない時間帯があります。
■取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。 取引チャネルを刷新
■当社またはカバー先の業務や財産の状況が悪化した場合には、お客様が損失を被る危険があります。
■外国為替相場の急変時、安定的かつ適切な価格を配信できる状態にないと当社が判断した場合に、価格配信の停止を行う場合があります。価格配信の停止を行った場合は、当社の外国為替保証金取引のすべての注文の受付および約定処理を停止します。
■当社WEBサイトの契約締結前交付書面、取引規程、取引ルール等で取引の仕組み、リスクについてご確認いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。
■業者名等 松井証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第164号
■加入協会名 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

ホームページの機会別リニューアル要件

これまで現状のホームページでは、BtoBの機会促進や法人営業には活かすことはなかった、またその役目を期待していたが、なかなか問合せや見積の機会は得られなかったなど、過去には事業やビジネスに貢献できる状況ではなかった。
このような中で事業拡大・新事業参入・新チャネル構築・新製品投入、また海外進出・グローバル展開など、企業間取引の新たな機会創出を求められる場合、ホームページを何とかその戦力にできないか?というご相談をよく承ります。
やはり既存チャネル・既存顧客だけでなく、新規ユーザーへのリーチ~顧客獲得を目指すことに、ホームページをその戦術の中核に据えることは、もはや何の異論も無いと言えます。
ところが過去にはホームページにそれらの役割を求めていなかった、或いは実現できなかった状況ですので、「すわWebで」とは言っても一朝一夕には優れた戦力という訳にはいかないようです。
この場合、やはり仕切り直しで、ホームページをリセットすることが大きな選択肢の一つになるでしょう。
その際リニューアルする戦略立てを丁寧に行う必要があります。
特にいつのタイミングから機能させたいのか、どのような役割を期待するのか、どのような新規ユーザーに、どれくらいの問合せ・反響を求めるのか…定性・定量で緻密な企画・プランニングが必要で、検索エンジン対策やコンテンツマーケティングも視野に置き、企画段階から深く掘り下げ、Webコンテンツづくりに反映させます。
リニューアルだけでなく、リリース後からが実戦本番の始まりで、運用・管理面での戦略・戦術、PDCAのチェック・アクションに基づくサイトチューニング、効果検証…に合わせ、MA(マーケティング・オートメーション)の仕組み導入も十分検討を重ねたいものです。

東亜利根ボーリング株式会社 様|企業フィシャルサイトTOP

02 CI刷新やリブランディング

これには詳しい説明は不要と思いますが、例えば世代交代や事業の再構築でCI(コーポレート・アイデンティティ)を大きく変革しロゴマークなどを作り替える、またコーポレートブランドやプロダクトブランドを全面或いは一部刷新するリブランディング、いずれもこれらと親和性の高い企業ホームページはリニューアルをする機会でしょう。
特に後者のリブランディングは、製品やサービスで直接・間接にステークホルダーとのコンタクトポイントが発生しますので、そのブランドのイメージチェンジはホームページでの広報・周知・露出は必須となります。
もちろんCIは頻繁に変革するものではないため、これまでCIを明確に定義していなかった企業のCI確立というのも、ホームページリニューアルの大きな動機となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる