オプションFXとは

CFD取引をする理由

CFD取引をする理由
03-6221-0190

CFDとは

これでもCFDに関して不明な点が残っていれば例で検討したほうが分かりやすいでしょう。例え、Apple証券の最初の価格は$100とし投資家がApple stocksCFDコントラクト1000件買うとします。その価格は$105になると売り手は買い手に$5,CFD取引をする理由 000払うことになります。価格は逆に$95に落ちた場合その逆となります。コントラクトは、物理的な所有権がなく購入に関連する所有権の登録を回避するため取引コストを下げます。

CFDをどう使うのか

> 例えば、投資家は金属市場が上昇すると期待し、世界最大の上場銅製品会社であるFreeport-McMoRan Copper & Gold Inc. (FCX)の1000証券を買うとします。それを米国におけるブローカーで買う方法もあるが必要な証拠金は50%になっているので大金額を払うことになります。

それと、同じ会社の1000CFDコントラクトを購入することができる。その場合は必要な証拠金はIFC Marketsの場合はたった2.5%となっている。

CFD取引

デイトレード

株式、コモディティ、インデックスおよびFX取引

株式、コモディティ、インデックスおよびFX取引

ブール・ベアーマーケットでの取引

CFDは、柔軟な投資資産です。投資家がマーケットは上昇すると信じた場合、FDを購入またはロングすることで利益を上げることができます。またショートしCFD取引で価格下落を推測することができます。は調整入金日の取引セッションの開始時に取引開いたロングポジションを持っている場合は証券CFDで開い買いポジションの保有者が発表された配当額に等しい配当調整を取得し、(配当落ち日と一致しています) 。これとは対照的に、配当金の調整はショートポジションの場合には、顧客の口座から差し引かれます。

投資ポートフォリオをヘッジ

アイエフシーマーケットでCFD取引

株CFD取引

商品CFD

このような取扱商品は、商品へ投資することが出来ます。(例:Light Sweet Crude Oil先物相場を反映する原油CFD)

CFDとFXの違いとは?特徴と相違点を比較して徹底解説

CFDとFXの違いとは?特徴と相違点を比較して徹底解説

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

金融戦士CFD

投資界に衝撃を与える金融商品CFDとは…

【CFD取引に関するご注意】 CFD取引は、デリバティブの対象となる株式、株価指数、その他指数、金利、為替、商品現物、商品先物、上場投資信託の価格の変動によりCFD取引価格が変動しますので、お客様の予想と反対方向に変動することにより、損失が生じるリスクがあり、投資元本は保証されません。また、損失の額が証拠金の額を上回る可能性があります。証券CFD取引に必要な証拠金の最低額は、株価指数CFDは各建玉の対価の額の10%、その他指数CFDは各建玉の対価の額の20%、商品CFDは5%、株式CFDは20%、上場投資信託を参照原資産とするCFDは株価指数に連動するものは10%、その他のものは20%に相当する円価格です。取引価格には、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。スプレッドは相場急変時等に拡げる場合がございます。取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額、権利調整額、価格調整額が発生する場合があります。相場の変動により、ロスカットレートから乖離して約定する場合があり、その結果、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。

商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
設立:2005年10月
資本金:43億4,666万3,925円

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者 銀行代理業者 関東財務局長(銀代)第330号 所属銀行:GMOあおぞらネット銀行株式会社
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

お問い合わせはこちら【フリーダイヤル】0120-727-930【携帯電話からは】03-6221-0190【受付時間】月曜日 午前7:00 ~ 土曜日 午前7:00(月曜日 午前7:00 ~ 土曜日 午前6:00 / 米国夏時間)

03-6221-0190

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる