通貨ペア

信用取引に関する説明書

信用取引に関する説明書
(※画像はイメージです/PIXTA)

緊急レポート!ビットコイン急落の背景「テラ事件」を解説

緊急レポート!ビットコイン急落の背景「テラ事件」を解説

NFT市場*…(Non-Fungible Token:非代替性トークン)。偽造できない鑑定書・所有証明書などがついた「デジタルデータ」のこと。暗号資産と同じく、ブロックチェーン上で発行&取引される。
DeFi市場**…分散型金融(Decentralized Finance:ディファイ)。ブロックチェーン「スマートコントラクト」上の金融サービスで、金融機関の管理や仲介が不要なため、透明性や利便性が向上すると期待されている。

USTドルペッグ崩れる

今回の下げの直接的な原因の一つはステーブルコインTerra USD(UST)のペッグ(連動)離れだ。USTはTerraform Labsが開発したテラ***というブロックチェーンで発行されるステーブルコインで、アルゴリズム型と呼ばれ、同じくテラのネイティブトークンであるLUNAとの交換により価格を維持する仕組みとなっていた。

テラ(LUNA)*** …米ドルや韓国ウォンをはじめとした各国の法定通貨の価格に連動する「ステーブルコイン」を発行するプロジェクト。

▼DeFiやNFTにも飛び火

この問題は、これまで調子のよかったDeFiやNFTにも飛び火した。退屈そうなサルのデジタル画像が何千万円で取引されていたBAYCを保有するともらえるトークン、ApeCoin****は1日で半分近くに価格が下がり、DeFi PulseによればDeFiにロックされている暗号資産の時価総額は5月11日から13日の2日間で678億ドルから567億ドルに16%減少した。

ApeCoin**** …高値で取引されている人気NFT「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」に関連する暗号資産。

不動産投資に資格は必要か?役立つ資格12選と成功のポイントを解説

不動産投資に資格は必要か?役立つ資格12選と成功のポイントを解説

(※画像はイメージです/PIXTA)

1. 不動産投資のために資格は必要か?

(※画像はイメージです/PIXTA)

2. 不動産投資に役立つ資格12選

(※画像はイメージです/PIXTA)

2.1. 宅地建物取引士

(※画像はイメージです/PIXTA)

・独占業務を行える
・不動産に関する知識や法律を学ぶことができる
・税金の取扱いが詳しくなる

2.2. 賃貸不動産経営管理士

(※画像はイメージです/PIXTA)

・建物や設備に関する基礎知識を身につけることができる
・賃貸住宅経営上でのトラブルが発生しても、独自で判断を下せるようになる
・賃貸住宅の募集から契約までの流れを学ぶことができる
・賃貸借契約に関連する法律を学べる
・不動産管理について学ぶことができる
・不動産管理について学ぶため、管理会社と話すときに対等に話ができるようになる
・管理会社や仲介業者とやりとりする際に優位に立てる
・賃貸住宅経営を行ううえで、さまざまな経営判断を取れるようになる

2.3. ファイナンシャルプランナー

(※画像はイメージです/PIXTA)

・不動産投資や不動産に関連する法制度を学べる
・キャッシュフローを作成できるようになるので、物件購入前の資金計画が容易になる
・資金計画ができるようになるので、不動産投資の失敗を最小限に抑えられる

2.4. マンション管理士

(※画像はイメージです/PIXTA)

・マンション管理組合の仕組みを学べる
・マンションの構造や技術面が学べるので専門的知識が得られる
・管理組合の総会や理事会の内容を理解できるようになる

2.5. 管理業務主任者

(※画像はイメージです/PIXTA)

・契約書類の内容を事細かに理解できるようになる 信用取引に関する説明書
・独占業務を担える
・物件管理について法的な対応の取り方が学べる
・建物の設備や修繕に関する知識が得られる

2.6. 簿記

(※画像はイメージです/PIXTA)

・貸借対照表や損益計算書がわかるようになる
・銀行融資に必要な書類を作成できるようになる
・確定申告の流れがわかるようになる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる