暗号資産速報

移動平均線を抜けられない相場

移動平均線を抜けられない相場
インジケーター解説

必見!初歩のテクニカル分析ガイド

ローソク足は、始値・高値・安値・終値の四本で構成され、相場の方向性・転換点・力強さの程度を知る手掛かりとなります。始値に対して終値が高い物を「陽線」、始値に対して終値が安い物を「陰線」と呼びます。
上昇相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。陽線、陰線は罫線とも呼ばれ、価格の足どりを見る上で欠かせないツールと言えます。ローソク足の上についた線を「上ヒゲ」、下についた線を「下ヒゲ」といいます。
また、ヒゲのついていないローソク足を「丸坊主」と呼び、ヒゲを伴う線の、実体の別や長さでも大まかな強さのニュアンスをみることができます。

Step3 トレンドライン

トレンドラインの引き方

チャンネル

Step4 サポート(支持線)&レジスタンス(抵抗線)

レジスタンス

トレンド転換のシグナル

上昇トレンドの転換 上昇トレンドにおいては、価格はレジスタンス・レベルで一時的に下がった後、通常は、再度そのレベルを超えて上昇します。 前回の高値を抜けなかった場合はトレンド転換のシグナルと見ることができます。

Step5 移動平均線

グランビルの法則

  • 1 . 平均線が長期下落ないし横ばいの後、上昇に転じた場合は買いの第一段。
  • 2 . 上昇中の平均線を価格が下回っても、平均線の上昇基調に変化がないと思われる時は押し目買い。
  • 3 . 価格が足踏みののち、上昇中の平均線とクロスしないで再騰し始めたときは買い乗せ。
  • 4 . 平均線が下降中でも価格が異常にかけ離れて下落した場合は、自律反騰の公算大。
  • 5 . 平均線が長期上昇ののち、横ばいかあるいは低落し始める場合は買い手仕舞いの第一段。
  • 6 . 下降中の平均線を価格が上回っても、平均線の下降を食い止められないと思われる時は戻り売り。
  • 7 . 価格が保ち合いののち、下降中の平均線とクロスするまでに至らずに、再下落した場合は売り乗せ。
  • 8 . 平均線が上昇中でも価格が異常にかけ離れて上昇した場合は、自律反落の公算大。要するに、株式にはトレンドと修正リズム、つまり趨勢としての方向と、時には価格行き過ぎの修正運動があり、それを移動平均線の動きを軸として分析し、売買のタイミングを捉えようとするものです。

ゴールデンクロス/デッドクロス

移動平均線の種類

加重移動平均線 昨日と今日の終値を比べ、今日の終値にウェート置くように計算して出したもの。
移動平均の先端がより値動きに素早く反応すると考えられます。

指数平滑移動平均線 一定期間の平均を求めるのではなく、過去全ての価格が計算対象。
単独で使うことはなく、他の指標の基礎データとして使われることが多い。

変位移動平均線 単純移動平均を先行させたもの。
交差までに時間を要するのでその分ダマシのシグナルが少なくなります。

Step6 MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)

MACD構成

    移動平均線を抜けられない相場
  • 短期指数平滑移動平均線
  • 長期指数平滑移動平均線
  • MACD=(短期指数平滑移動平均線)-(長期指数平滑移動平均線)
  • Signal=MACDの移動平均線

通常は 短期 12日、長期 26日、Signal 9日 で計算されることが多い。

MACDの見方

  • MACDがSignal(MACD平均線)を下から上に抜いたら買い
  • MACDがSignal(MACD平均線)を上から下に抜いたら売り
  • 買いシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを上回ればシグナルの有効性追認
  • 売りシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを下回ればシグナルの有効性追認

3.MACDとシグナルとの差(乖離)が最大となった場合も絶好の売買タイミング 以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安。0ラインの前後での反転も多い。
価格の動きと照らし合わせても、トレンド転換の予兆を察知できます。

4.ダイバージェンス(逆行)による反騰・下落の示唆 上昇の示唆 価格は下落中だが、MACDは上昇、又はMACDラインのボトムが切り上がっている。 下落の示唆 価格は上昇中だが、MACDは下落、又はMACDラインのトップが切り下がっている。

  • 上昇トレンド入り→価格が上昇に向かう、MACDも上昇に向かう。
  • 下降トレンド入り→価格が下落に向かう、MACDも下落に向かう。

Step7 RSI (相対力指数・Relative Strength Index)

MRSI(相対力指数・Relative Strength Index)は価格の上昇・下落に変動した値幅を考慮したうえで計算したものです。通常、過去14日間のデータをもとに計算されることが多い。

計算式は以下のような式
RSI = 過去14日間の上昇幅の合計 ÷ 過去14日間の値幅の合計 × 100%

RSIの一般的見方

  • 70%を超えると買われ過ぎ
  • 30%を下回ると売られ過ぎ

RSIの弱点

価格が上昇&RSI下降 → 上昇力は弱い 上昇相場でRSI(70%以上)の山が直前の山を越えられないで、その後、直前の谷を割りこんだ場合は売りシグナル

価格が下落&RSI上昇 → 下落は弱い 下降相場でRSI(30%以下)が直前の谷を割り込まないで、直前の山を越えた場合は買いシグナル

Step8 エリオット波動分析

エリオット波動の構成

第1波:上昇 →第2波:下降 →第3波:上昇 →第4波:下降 →第5波:上昇
a波:下降 →b波:戻し →c波:下降
以上8つの波(5つが上昇、3つが下降)を1サイクルとしている。

エクステンション(延長波) エリオット波動の理想的な上昇トレンドは5つの波から構成されます。
そのうちの一つの推進波(第1波、第3波、第5波)がさらに5つの波に分かれて拡張する様相をエクステンション(拡張、延長)といいます。
エクステンションが起きるのは珍しいことではなく、大多数の波は3つの推進波のうちのどれかにエクステンションが発生します。 第1波がエクステンションを起こすことは珍しいが、第3波のエクステンションは株式市場で、商品市場では第5波のエクステンションがよく見られます。エリオットの波動には、エクステンション以外にも、ダイアゴナル・トライアングル(斜め三角形)やフェイラー(未達成)といった他の変形波もあります。
エクステンションを伴う推進波は第1波、第3波、第5波のうち一つの推進波だけです。よって第3波がエクステンションしたら、第5波のエクステンションはなく、第5波は第1波と類似したものになり第1波と第3波にエクステンションがなければ、第5波はエクステンションしやすいと予想できます。

様々なエクステンションのパターン 第5波がエクステンションした場合、2回復帰(ダブル・リトレイスメント)が起きる。
第5波のエクステンション完了後、

  • 1 . まず3つの調整波によりエクステンションの開始時点まで下降が起こる
  • 2 . 次にエクステンションが終わった水準までの戻しが起こる
  • 3 . その先、上昇トレンドに戻るかあるいはトップを形成するのかは、長期サイクルにおける現在の価格の位置による。

Step9 フィボナッチ級数(数列)とエリオット波動

フィボナッチ級数の構成

  • 1 . 連続する2つの数の和はその上位の数(上記の2つの連続する数字の合計)は、次の数に一致する。
    〈例〉1+1=2、 1+2=3、 2+3=5、 3+5=8、 5+8=13、・・・という具合です。
  • 2 . どの数もその下位の数に対しては1.618倍
    (フィボナッチ数列の数値を1つ前の数値で割ると、1.618という数値になる)。
    ※ 数値が大きくなればなるほど、1.618に近づく。
    〈例〉13÷8=1.625、 21÷13=1.615、 55÷34=1.6176、 144÷89=1.6179
  • 3 . どの数もその上位の数に対しては0.618倍
    (1つ後の数値で割ると、0.618という数値になる)
    ※ 数値が大きくなればなるほど、0.618に近づく。
    〈例〉8÷13=0.6153、 13÷21=0.6190、 34÷55=0.6181、 89÷144=0.6180
  • 4 . どの数も2つ下位の数に対しては2.618倍
    (フィボナッチの系列の数値を2つ前の数値で割ると、2.618という数値になる)。
    〈例〉34÷13=2.6153、 55÷21=2.6190、 89÷34=2.6176、 144÷55=2.6181
  • 5 . どの数も2つ上位の数に対しては0.382倍
    (2つ後の数値で割ると、0.382という数値になる)。
    〈例〉34÷89=0.3820、 21÷55=0.3818、 34÷89=0.3820、 55÷144=0.3819
  • 6 . 0.618を2乗すると0.382、1.618を2乗すると2.618となる。
    1.618や0.618、0.382といった数値は、黄金分割とか黄金比率、平均律と呼ばれた数値です。その比率はピラミッドや古代ギリシャのパルティノン神殿の建築様式にも使用されています。 移動平均線を抜けられない相場
    この比率は、エリオット波動理論では目標値を定めるのに欠かせない数値です。日本でも昔から2/3戻し(0.618=61.8%)1/3戻し(0.382=38.2%)といった様に使用されています。
    その他に重要な数値は、1÷2(0.5=50%)、1÷1(1.00=100%)。これらの数値は、重要なサポートやレジスタンスとなります。

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

あい証券株式会社
第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

16年間使い続けてる『移動平均線』手法と設定をご紹介の巻

インジケーター解説

今回は、ORZがFXトレードで長年使い続けて来た相棒 『移動平均線』 をテーマに、「移動平均線とは何なのか?」というところから、「期間設定や実践トレードでの活かし方」まで、徹底解説いたします(・∀・)!

「移動平均線(Moving Average)」 は世界で最も有名なインジケーターの1つで、使っていないトレーダーの方が珍しいほど、広く一般的に使われているインジケーターです。

【概要】そもそも移動平均線とは、なんですの?

まずは見た目から行きましょ〜
画像の 赤いライン が、実際のチャートに表示させた移動平均線です(・∀・)

移動平均線の見た目

移動平均線とは、その名の通りある一定期間の価格(終値)の 平均 値を 移動 させながら結んで 線 を表示させるインジケーターのことです!

移動平均線の「傾き」や「ローソク足との距離」、2,3本表示させて「移動平均線同士の距離」なんかを見て、 相場の方向性や勢い を判断するのに活用します。

移動平均線の計算方法

移動平均線は、ローソク足を構成する4つの値「高値(たかね)」「始値(はじまりね)」「終値(おわりね)」「安値(やすね)」の内、 ”移動平均線を抜けられない相場 終値” に焦点を当て、 指定したローソク足の本数(期間)の平均値を結んだ線 です。

ローソク足の構成図と終値同士結んでいる様子を表した画像

ローソク足5本の終値から平均値を出しているイラスト

そして1日経ち新しく日足が出来上がると、 期間を1日ずらして もう一度同じ計算がされます。上の計算例では 「1日目の終値」が計算から外れて、新たに「6日目の終値」が計算に加わります (・∀・)

期間をずらして計算しながら徐々に移動平均線が出来上がるイラスト

移動平均線の種類

  • 単純移動平均線:Simple Moving Average(SMA)
  • 指数平滑移動平均線:Exponential Moving Average(EMA)
  • 加重移動平均線:Weighted Moving Average(WMA)

SMA:単純移動平均線

指定した期間の終値の平均値を結んで形成されるタイプで、仮に期間を「5」にした場合 「(A+B+C+D+E)÷5」 という計算式になります。

チャートにSMAを表示させた画像

EMA:指数平滑移動平均線

「直近」というのは、つまり1番新しい値動きに重点を置いているので 単純移動平均線よりも敏感にローソク足に反応する ようになっています。もちろん、計算方法も少し違います。

どのように違うのかというと、指数平滑移動平均線は 「1番新しいローソク足の終値」を2回足して 平均値を求めます。仮に期間を「5」に設定した場合は 「(A+B+C+D +E+E )÷6」 このような式になります。

チャートにSMAとEMAを表示させた画像

WMA:加重移動平均線

チャートにSMAとEMAとWMAを表示させた画像

初心者にオススメの移動平均線の種類は?

なので、 まずは単純移動平均線を使いましょう^^
(ORZもなんだんかんだでSMAを使い続けてます)

【設定】移動平均線は「短期・中期・長期」3本の期間設定がおすすめ

そのため移動平均線は 「短期・中期・長期」 の3本セット で使うことが一般的です(・∀・)

この3本にそれぞれ"期間"を設定するのですが、一般的な組み合わせとして「 20 ・ 50 ・ 100 」とか「 25 ・ 75 ・ 200 」といったものをおすすめします♪

ちなみにORZは画像で表示してるとおり「 20 移動平均線を抜けられない相場 ・ 50 ・ 100 」の組み合わせを愛用してます。

よく「なんで 20 ・ 50 ・ 100 の組み合わせなんですか〜?」と聞かれるのですが、 いろいろ試してみた結果、自分に合ってたのがこの組み合わせだったから です(・∀・)

【基本】チャンスを知らせる移動平均線のパターン

ゴールデンクロスとデッドクロス

期間の短い線が長い線を下から上に抜けていれば 「ゴールデンクロス」 、期間の短い線が長い線を上から下に抜けていれば 「デッドクロス」 とそれぞれ呼びます。

そして、新たなトレンドが発生するということは、それまで続いていたトレンドの終了も意味しますので、 「ゴールデンクロス≒下降トレンドの終了」「デッドクロス≒上昇トレンドの終了」 でもあるのです^^

  • 上昇トレンドの予兆(≒下降トレンド終了の予兆)
  • 期間が短い線が長い線を下から上に抜ける

ゴールデンクロス

  • 下降トレンドの予兆(≒上昇トレンド終了の予兆)
  • 期間が短い線が長い線を上から下に抜ける

稼げるチャンスの予兆「パーフェクトオーダー」

移動平均線を使って分析を続けていると、時たま「チャンス相場」を予兆するパターンが出ることがあります。それが 「パーフェクトオーダー」 です。

パーフェクトオーダーのチャート画像

最低限、後述する 押し目買い・戻り売り については理解して仕掛けるようにしましょう٩( ‘ω’ )و

【実践①】FXで大活躍!移動平均線の"相場状況"把握能力

移動平均線を使った相場状況の把握

  • ローソク足が移動平均線より 上にある時 『強気な相場(=上昇トレンド)』
  • ローソク足が移動平均線より 下にある時 『弱気な相場(=下降トレンド)』
  • ローソク足と移動平均線が 重なる時 『横ばい相場(=レンジ相場)』

移動平均線でトレンド判断

たとえば、移動平均線が3本とも上向きだったら、 「短期・中期・長期間で平均値がどんどん上がっている」 という事なので、 上昇トレンド と見ることができます。

反対に全て下向きだったら、平均値がどんどん下がっているということなので 下降トレンド と判断する事ができます。

移動平均線でレンジ判断

レンジ相場では MA100 はほとんど横ばいになり、 MA20 と 移動平均線を抜けられない相場 MA50 が上下に慌ただしく動いてるのが特徴の一つです。

【実践②】移動平均線は、相場の反発ポイントを教えてくれる?

この時の上下の反発する動きは、過去の値幅やパターンなどを元に分析していくのですが、実は移動平均線が示す 平均的な価格 が反発のポイントとして意識されることが多いんです(´ー`)

ローソク足のみの画像

移動平均線を表示させた画像

移動平均線で反発したポイントでエントリー


◎移動平均線が下に向いている時は、大きな流れは下方向
→ 平均値で反発したところで売る
◎移動平均線が上方向に向いている時は、大きな流れは上方向
→ 平均値で反発したところで買う

この記事を書いている人

シナジスタ:ローソン<2651>の本決算前後の株価動向

高橋 佑輔(たかはし ゆうすけ)
トレード歴12年以上の現役ベテラントレーダー。2008年より開始し、過去12年間で11年利益を上げる。相場の値動きの「法則」を発見し、その法則を戦略化したシステムトレードで自己資金を運用中。12年間でたった一度負けがあっただけで、11年間安定的な成績を上げ、堅実に利益を積み上げる。高橋佑輔執筆【eBook(電子書籍)『日本株再入門』】の無料配布はこちらをクリック。

【高橋佑輔の関連記事】

株式会社シナジスタの提供する、コラム・教育サービスは、投資に関する考え方の一例をご紹介するというものですので、その正確性や完全性等について保証するものではありません。 実際の投資はお客様のご判断・ご責任で行って頂くものであり、当社は、お客様の投資におけるいかなる利益も保証するものではなく、また、お客様の投資によるいかなる損害に対しても補償を行うものでもありません。 本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

コラム&レポート Pick Up

相場見通し

投資アイディア

プロの見方

移動平均線を抜けられない相場

(C) 2007 IFIS Japan Ltd.All Rights Reserved.

株式会社アイフィスジャパン| サイトポリシー| 利用推奨環境| 個人情報保護方針| お問合せ

本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社アイフィスジャパンは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社アイフィスジャパン及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

複数の移動平均線乖離を活用した逆張りトレード。/週ナビ381

今週の見通し

  • 2015年高値を先週陽線終値がブレイク、次の2002年高値まで9円近い値幅がある。
  • 週足以下ではレジスタンス候補が見当たらないので100ピプス単位のキリ番を意識する。


2015年高値を先週陽線終値がブレイク、上昇トレンドが継続中。

売り手の注目
買い手の注目

TR上段㊤:128.0

TR中段:127.0と3月高値125.0

TR下段㊦:先週安値124.0

4時間足ベアの視点:4月上昇分の調整波狙いでWトップで押し目候補へショート。

4時間足ブルの視点:①4月上昇推進波の続きを押し目買い。②4月上昇分調整後にロング検討。

今週の値動き


火曜大陽線200ピプスの急騰から調整が入り、127.5を押し目に買われたが高値更新には至らなかった。

毎日の見通し

04/18月曜
  • 4月上昇トレンド継続、2015年高値を先週陽線終値がブレイク。
  • 木曜安値起点の上昇波を基準にする。

1時間足ベアの視点:先週高値で頭を押さえられれば、2015年高値目安にショート。

1時間足ブルの視点:木曜安値起点の上昇波を押し目買い。①2015年高値付近の押し目形成からロング。②浅い押し目から先週高値をブレイク後、127.0の反発を受けて押し目買い。

04/19火曜

1時間足ベアの視点:127.0上抜けがダマシになれば、前日陽線の押し目ボックスへショート。

1時間足ブルの視点:前日陽線押し目買い。 ①127.0反発で127.5へロング。 移動平均線を抜けられない相場 ②前日陽線押し目ボックス(先週高値と126.5)まで売られれば押し目買い検討。

04/20水曜
  • 円安加速で128.0をブレイク。
  • 130円をサイコロジカル・ラインとみる。

1時間足ベアの視点: 現在の上昇ペースが崩れれば、調整波をショート。

1時間足ブルの視点: 現在の上昇ペースに従い押し目買い。

04/21木曜 26:00パウエル発言

1時間足ベアの視点:前日下降波戻り売り、127.5押し目崩れで127.0へショート。

1時間足ブルの視点: 前日高値へ押し目買い。127.5または127.0が押し目候補。

04/22金曜

1時間足ベアの視点: ①前日高値への試しから127.5へショート。 ②水曜高値付近まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①前日高値Wトップ崩れで水曜高値へロング。②127.5まで売られればロング検討。

毎日の値動き

04/18月曜
04/19火曜
04/20水曜
04/21木曜
04/22金曜

ユーロドル

今週の見通し


月足クラスのキリアゲ・ラインで持ち合い、長期レンジ化の疑いアリ。

  • 2021安値レジスタンスと3月安値サポートの戦場。
  • 3月安値付近、先週高安で底値固め中。
売り手の注目
買い手の注目

TR上段㊤:4/5戻り高値

TR中段:先週高安

TR下段㊦:2020年安値

4時間足ベアの視点:①3月安値サポート崩れで2020年安値へショート、先週安値サポートに注意!②先週高値付近まで買われれば3月安値へショート。

4時間足ブルの視点:①3月安値2番底から波の反転狙い。3月安値サポートで先週高値へロング、先週安値サポートに注意。②2020年安値付近まで売られればロング検討。

今週の値動き


火曜安値が先週安値の2番底となり反転開始。

毎日の見通し

04/18月曜

1時間足ベアの視点: 3月安値1.08サポート崩れで先週安値へショート、下抜けば保有。

1時間足ブルの視点:①3月安値1.08サポートで金曜高値へロング。②先週安値まで売られればロング検討。

04/19火曜

1時間足ベアの視点:先週安値の2番底崩れで先週安値抜きショート。

1時間足ブルの視点: 先週安値の2番底サポートで金曜高値へロング。

04/20水曜

1時間足ベアの視点:先週安値の2番底崩れでショート。

1時間足ブルの視点: 先週安値の2番底サポートで金曜高値へロング。

04/21木曜 18:00欧州消費者物価指数 26:00パウエル発言

1時間足ベアの視点: 木曜急落高値まで買われれば下押しショート検討。

1時間足ブルの視点:①3月安値への下押しから木曜急落高値へロング。 ②前日高値Wトップ崩れで木曜急落高値へロング。

04/22金曜

1時間足ベアの視点:①前日急騰安値崩れから3月安値反発を受け先週安値へショート。 ②前日高値三尊天井肩ラインからショート。 ③1.09まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①前日急騰安値サポート、火曜安値から木曜安値への切上げでロング、3月安値を試す動きに注視!②先週安値まで売られればロング検討。

毎日の値動き

04/18月曜
04/19火曜
04/20水曜
04/21木曜
04/22金曜

今週の見通し


2018年高値が意識される局面。


2018年高値下にWトップを形成中。

売り手の注目
買い手の注目

TR上段㊤:2015年高値141.0

TR中段:2018高値(3月高値)と2週前安値仮ネック

TR下段㊦:2月高値133.0

4時間足ベアの視点:2018年高値2番天井から2週前安値へショート。

4時間足ブルの視点:①2018年高値2番天井崩れで2015年高値へロング。②2週前安値まで売られればロング検討。

今週の値動き

移動平均線を抜けられない相場
さらに円安が加速し火曜大陽線が2018年高値のWトップ2番天井を崩した。その後の押し目買いは高値更新が浅く上値の重さを感じる。

毎日の見通し

04/18月曜

1時間足ベアの視点:先週高値のレジスタンス待ってショート検討。

1時間足ブルの視点:136.0サポートで先週高値へロング。

04/19火曜

1時間足ベアの視点:先週高値レジスタンスでショート検討。

1時間足ブルの視点: ①先週高値上抜けで2018年高値抜きロング。 ②前日安値まで売られればロング検討。

04/20水曜

1時間足ベアの視点: 前日の上り電車道が崩れれば押し目候補へショート。

1時間足ブルの視点: 前日の上り電車道をロング。

04/21木曜 18:00欧州消費者物価指数

1時間足ベアの視点:前日高値Wトップでショート検討。

1時間足ブルの視点: 前日安値、または、138.0サポートで前日高値へ押し目買い。

04/22金曜

1時間足ベアの視点: 前日高値への上値試しから高値切下げで水曜安値仮ネックへショート。

1時間足ブルの視点:水曜安値まで売られればロング検討。

毎日の値動き

04/18月曜
04/19火曜
04/20水曜
04/21木曜
04/22金曜

今週の視点

ドル円攻略ポイント


今週の攻略ポイントは、先週に引き続き、値ごろ感による根拠なき逆張りに注意!パーフェクト・オーダーで買い目線固定。


週足・日足・4時間足・1時間足がオール買い目線のパーフェクト・オーダーなのでビギナーはロングだけ考えましょう。

ユロドル攻略ポイント


今週の攻略ポイントは、3月安値+月足キリアゲラインのサポートを意識、下値は先週安値まで含めて考える事。


先週安値Wでボトムになって買われました。

ケーススタディ

ある事象が短期的に偏っても、中長期的には平均値に近づくことを「平均回帰」といいます。


そこで、今週は19日火曜の200ピプス大陽線を使って「逆張り」に挑戦しました。

ボクは4時間SMA21と1時間SMA21の位置関係が乖離していればチャンスと捉えます。

来週の攻略ヒント

  • 130.0サイコロジカル・レートが意識され。
  • 4月最終週で4月足の勢いが弱まるタイミング。
  • 先週高値と4/20安値にもう一山つくる動きになればフォロー。
  • 4/20サポート崩れで先週安値へショート。
  • 130.0レジスタンスでショート検討。
  • ファンダメンタル要因による強い円安で上昇トレンド継続。
  • 先週高値と4/20安値にもう一山つくる動きになればフォロー。
  • 先週安値まで売られればロング検討。
  • 先週高値Wトップ崩れで130.0へロング。

  • 先週安値割れで2020年安値まで売られやすくなる。
  • 先週安値崩れで2020安値へショート。
  • 先週高値への上値試しで高値を切下げれば先週安値へショート。
  • 先週高値まで買われればショート検討。
  • 3月安値×月足キリアゲ・ラインの底値固め。
  • 先週安値Wボトムで先週高値へロング。
  • 2020安値付近まで売られればロング検討。

バイーンを逃さない!ローソク足の一生から相場の勢いを知るコツ。

エリオット波動とは波のリズム、優位性の高い3波目を狙う。

エリオット波動とは相場の波のリズムを定義したものです。投資家の心理を考えればとても納得できる法則ですしトレードの武器として十分活用できるものです。 photo credit: osseous via photopin cc .

週刊チャート分析(ユロ円)Vol.16 レンジの予兆と戦術。

トレード初心者が合理的に勝ち残る方法。/週ナビ#333

【週ナビ#236】フィボナッチ・リトレースメント「9」の使い方

【週ナビ#175】トレードはソラ・アメ・カサの順番で考える

  • MATSU
  • 2022年 4月 23日

ドル円 高値追いロングは出来ませんでした。
水曜日天井からはショートできませんでしたが戻り売りでIN、4時間SMAを目指した動きがとれました。
金曜日にやられました。
東京終盤赤○でショートIN、ショートが伸びる可能性があると考え
128キリ番反発で決済せずホールド、戻り売りが入らず「あれっ」と思いましたが粘ってしまい上昇に飲まれてしまいました。
違和感を感じたものの立ち廻りに活かせなかったのが敗因だと考えています。
マヨハレ様の解説の通り売りの弱さを感じ取りポジションの運びにまで頭脳を働かせなければいけなかった。

ユーロドル 月曜~水曜はノートレード。
木曜 前日高値ブロック上抜けでロング。ブレイク飛び乗りだったため1.09キリ番でチキン気味決済。
先週高値からショート目線でしたが逆V字で下落し手を出せず。
金曜 イメージできずノートレード

今週の視点
ドル円 基本はロング目線で対応すること。
水曜ショート挑戦は良かったと考えています。
金曜はショートが伸びる可能性はあったがショートにバイアスを掛けられる事実には乏しい状態でした。
結果的に上昇の動きになりましたがロングも悩むところでした。
トレードを控えてもよかった場面だったと振り返っています(難しいところを難しく考えてわざわざトレードしない)

  • NoN
  • 2022年 4月 24日
  • mr03911gt1
  • 2022年 移動平均線を抜けられない相場 4月 24日

ユーロドル木曜
ECB副総裁の7月利上げ発言で急騰、
1.092に日足ピボットR2、1.091が週足ピボットR1、直近の天井ゾーン1.移動平均線を抜けられない相場 093近辺、
そして先週ECBの下落の起点と揃っていたので1.092指値ショート! と思いましたが
今回も敢えて値動きを見ることにしました。

1.0920に到達したのが16:40頃。ここから例えばM15がミニダブルトップを作ってそのネックライン割れで
ショートすると仮定したら最低でもM15のローソク足が5.6本は必要です。つまりここから2時間は待つ、
ということがこの時点で予想されます。長いな。笑 是非V字で返って欲しい。

最初の下落が確定したのが17:30位、そこから小さく上がってミニネックを割って確定したのが19:30の足
ここで初めて売れると決まったので、次の足の未確定陽線が陰転化した瞬間にショートエントリー、
一旦かなり戻されるが根拠がハッキリしているのでホールド、欧州市場終了のタイミングで約70pipsで利確。

迷晴れさんは先が読めるからもう少しエントリーが早かったようですね。
1.0920指値ショートにしていれば85pipsだった。指値で放置していた方が良かったのか
それともチャートパターンを見た方が良かったのか。どちらだと思いますか?

良く短期足をガン見するとポジポジ病になると言います。
でも、この例みたいに短期足をガン見してパターンの確定を待っていると
必然的に3時間待たざるを得ない結果になります。

FXで移動平均線の高勝率な使い方・設定・手法を公開【完全版】

鈴木拓也

鈴木拓也

移動平均線の概要

移動平均線とは、 過去一定期間の終値の平均値を線で結んだもの です。

移動平均線の概要

移動平均線の仕組み

移動平均線の仕組み

3種類の移動平均線

移動平均線には、①単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)、②加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)、③指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)の3種類があります。

  • ①単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)
  • ②加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)
  • ③指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)

単純移動平均線(SMA:Simple Moving 移動平均線を抜けられない相場 Average)

加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)

指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)

どの移動平均線がいいのか?

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

結論から言うと、どれが一番いいかなんて一概には言えない。「良いものには裏がある」じゃないけど、それぞれメリットもあればデメリットもあるんだ!ここでは、その違いを理解することが大切だよ!

SMAとEMAの比較

ただし、世界ではEMAを使っているトレーダーが多く、初めて移動平均線を使う場合には、 EMAから始めることをおすすめ します。

鈴木拓也

鈴木拓也

移動平均線の期間設定について

初心者

初心者

移動平均線の期間については、15、21、25、50、75、100、200などの期間がよく使われています。

よく初心者の方は、移動平均線の「設定期間はどの数値が一番いいのか?」という疑問にぶつかるかと思いますが、結論から申し上げると、 短期は15か25、中期は50か75、長期は100か200 と、短期・中期・長期の中から一つずつ選択するのであれば、どれを選んでもOKです。

  • 短期:15、21、25
  • 中期:50、75、100
  • 長期:200

移動平均線の基本的な使い方

移動平均線は、向き・角度・ローソク足との位置に注目する

  • 移動平均線の向き:トレンドを認識
  • 移動平均線の角度:トレンドの強弱を判断
  • ローソク足との位置関係:エントリーポイントを選定

トレンドの方向性の認識

まず、為替相場の動きは、上昇するか、下降するか、それとも横ばい(レンジ)かの3つしかなく、 トレーダーは上昇している時は“買い”、下落している時は“売り”、横ばいの時は“様子見”の選択肢 しかありません。

上昇トレンド下降トレンド横ばい
相場環境 FXトレンド FXトレンド FXトレンド
取引買い売り様子見

移動平均線をチャートに表示させれば一目瞭然ですが、 移動平均線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンド と判断することが出来ます。

移動平均線によるトレンド把握

トレンドの強弱

移動平均線の角度は、そのトレンドの強弱を表します。移動平均線の角度が急な程、トレンドが強いことを示します。

移動平均線によるトレンド強弱

エントリーポイントの判断

  • ① 上向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも上にある場合
  • ② 上向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも下にある場合
  • ③ 下向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも下にある場合
  • ④ 下向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも上にある場合
  • ⑤ 移動平均線を抜けられない相場 横向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも上にある場合
  • ⑥ 横向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも下にある場合

そして、これらの移動平均線の向きとローソク足の位置や動きに着目をし、トレード手法として確立されたのが、次に説明する「グランビルの法則」です。

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

グランビルの法則

移動平均線を使ったトレード手法として、 グランビルの法則 という超有名な法則があります。(グランビルの法則は、米国の投資家:ジョゼフ・E・グランビル氏が考案)

  • 買いエントリーのポイントは、①、②、③、④
  • 売りエントリーのポイントは、⑤、⑥、⑦、⑧

グランビルの法則

グランビルの法則による4つの買いシグナル

① 移動平均線が下向きから横ばいか上向きに変化し、レートが上抜け

もし、 下向きの移動平均線を上抜けても 、それはトレンド転換とは判断出来ないので注意が必要です。

② 移動平均線が上向きの中、レートが下へ乖離

③ 移動平均線が上向きの中、レートが近づき反発

④ 移動平均線が下向きの中、レートが下に大きく乖離

グランビルの法則による4つの売りシグナル

グランビルの法則による売買シグナル

⑤ 移動平均線が上向きから横ばいか下向きに変化し、レートが下抜け

もし、まだ 上向きのままの移動平均線を下抜けても 、それはトレンド転換とは判断出来ないのは、買いの場合と同様です。

⑥ 移動平均線が下向きの中、レートが上へ乖離

⑦ 移動平均線が下向きの中、レートが近づき反落

⑧ 移動平均線が上向きの中、レートが上に大きく乖離

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

ゴールデンクロスとデッドクロス

「グランビルの法則」に続いて、もう一つの有名な移動平均線によるトレード判断の方法に、「ゴールデンクロスとデッドクロス」と呼ばれるものがあります。

  • ゴールデンクロス:短期が中期を上抜け
  • デッドクロス:短期が中期を下抜け

ゴールデンクロスによる買いシグナル

ゴールデンクロスとは、短期移動平均線が、中期または長期移動平均線を下から上へ突き抜けることです。

デッドクロスによる売りシグナル

デッドクロスは、先ほどのゴールデンクロスとは逆に、短期移動平均線が、中・長期移動平均線を上から下へ突き抜けることです。

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

移動平均線の実践的な使い方

鈴木拓也

鈴木拓也

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる