暗号資産

イラストと動画で取引方法とルール説明

イラストと動画で取引方法とルール説明
編集部

【個人でもOK】絵師さんにイラストを依頼する方法と注意点|おすすめイラストレーターも

絵師 依頼

編集部

依頼する手段

これは、すでにお気に入りの絵師さんがいる場合におすすめです。

お気に入りの絵師さんがいない、という時にはココナラがおすすめです。
ココナラには、次のようなメリットがあります。

・非常に多くのイラストレーターが在籍しているので、絵柄や用途など、理想の絵師さんを見つけやすい
・料金があらかじめ提示されているので、予算内に収めやすい
・初めて絵の依頼をする人でも操作が簡単で分かりやすい

編集部

依頼時の流れ

編集部

①絵師さんに依頼・相談をする

②ヒアリングをしてもらう

③ラフ画を確認する

④完成したイラストを確認

⑤納品してもらう

絵のデータを送ってもらい、納品完了です。
納品されたら、お礼を伝えると喜ばれますよ。

安全に依頼するための注意点

費用で注意しておきたいのがオプション料金です。
眼鏡などの小物や、建物などの背景を追加するとオプション料金がかかる場合があります。
また、商用利用の場合も別途料金がかかることが多いです。
オプション料金を含めても予算内に収まるか、依頼時に確認しておきましょう。

依頼時に伝え忘れて、納品されたあとに修正してほしいことができた、となっても修正してもらえる可能性は低いです。
そのため、次のリストを参考に依頼内容をしっかり固めておきましょう。

③絵の権利について

イラストを依頼する時には「著作権」が発生します。
これはイラストを描いた絵師さんが持つ権利です。

そのため、 最初に伝えた用途以外で利用をする時商用で利用する時などには絵師さんに伝える必要があります。
この時追加で料金がかかる可能性があることも覚えておきましょう。

今すぐ依頼できる!ココナラのおすすめ絵師さん12名

ココナラに多数在籍している絵師さん。
今回はそこから、編集部おすすめの絵師さんをご紹介します。
これまで紹介した用途以外でも使えるイラストを作成してくれる方も沢山在籍しているので、自分にぴったりの絵師さんを探してみてくださいね。

ご存知でしたか?

2022年1月スタート「電子帳簿保存法の改正」徹底解説!!

電子取引に係る電磁的記録保存への移行のための宥恕(ゆうじょ)措置について

  • 保存要件に従って保存をすることができなかったことについて、やむを得ない事情があると認められること
  • 出力書面を適切に保存し、提示又は提出の求めに応じることができるようにしていること

電子帳簿保存法4つの改正ポイント

電子帳簿保存法4つの改正ポイント

電子帳簿保存法とは?

電子帳簿保存法の電子保存の対象となる帳簿・書類

電子帳簿保存法の電子保存の対象となる帳簿・書類

令和5年10月スタート「インボイス制度」

改正ポイントについて取材いただきました

転載元:TechTargetジャパン/キーマンズネット
TechTargetジャパン/キーマンズネット2021年6月25日掲載記事より転載。
※本記事はTechTargetジャパン/キーマンズネットより許諾を得て掲載しています。
※掲載されている内容は2021年9月17日現在の情報です。電子帳簿保存法改正に関する最新情報は国税庁のWebサイトをご確認ください。

マンガで解説:こう変わる 電子取引の電子保存が義務化に 2022年1月、電子帳簿保存法改正スタート

2022年、電子帳簿保存法改正により国税関係帳簿書類のデータ保存要件が緩和されると同時に、電子取引で生じる国税関係書類の保存が義務化される。企業が対処すべき範囲は想像以上に広い。どうすればよいのか、マンガで解説する。

画像

なぜならば、2022年の法改正は「国税関連帳簿のデータ保存に関する要件緩和」だけでなく「電子取引に関するデータ保存の義務化」を含むからだ。「電子取引ってどこからどこまでが対象なの? 複合機で受信したFAXも? いったいどうすればいいのか……」と焦るA社経理部のメンバー。同社はどう対処すればよいのか。電子帳簿保存法の改正内容とそれに伴う対処について、マンガを交えて解説する。

要件緩和だけではない、法改正の影響

電子取引で生じる電子データの扱いをどうするか

  • 総務担当者がEC(電子商取引)サイトで備品を購入し、領収書をPDFデータでダウンロードした
  • 取引先がFAXで送付してきた請求書を、複合機でデータ保存した
  • 財務担当者がテレワーク中で、オフィスに請求書を郵送されても受け取れないため、PDFデータにした請求書をメールで送付してもらった

画像

複数システムを組み合わせたトータルでの解決が必要

画像

企業向け会計システムを中心にさまざまなIT製品/サービスを提供するミロク情報サービスは、今回の電子帳簿保存法改正に関してもトータルでの提案が可能だ。ERP製品「Galileopt NX-Plus」や「MJSLINK DX」「ACELINK NX-CE」といった主要システムは全て2022年の法改正に準拠。クラウドサービスの「Edge Tracker経費精算」や「Edge Trackerワークフロー」を組み合わせれば、従業員がいつでもどこからでもスマートフォンやPCで領収書のデータを送付し、効率的に経費精算できるようになる。ミロク情報サービスはこれらの製品・サービスだけでなく複合機などの周辺システムも含めて、企業ごとの事情に合わせた解決策を提案できる。ミロク情報サービスのシンクタンクである「税経システム研究所」によるタイムリーな情報提供も同社の強みだ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる