プロが直接査定

ハイローオーストラリアが撤退する

ハイローオーストラリアが撤退する
うさ太郎

【海外バイナリーオプション】ハイローオーストラリア、日本から撤退するってよ!


https://matome.naver.jp/odai/2142953049134101301/2142987351034679303

オーストラリアの金融業者に関連する記事の存在

撤退したのは別の業者である可能性

本日2日、オーストラリアの大手FX・CFDブローカーであるPepperstone社が日本語サイト及び日本顧客向けのメールにて、日本在住顧客からの新規受け入れを終了し、さらに12月31日に既存顧客の口座も閉鎖することを発表した。

(中略)

5月にフォレックス・マグネイトが「日本金融庁、豪証券投資委員会、豪FXブローカーによる日本居住者の受け入れを禁じる方向へ」の独占記事を取り上げてから、Pepperstone社も含め一部のブローカーから否定の声が上がったが、結果的に日本金融当局と豪金融当局の連携プレーによる影響が明らかになった。今後も同様な動きが広がる事が予想される。
速報:豪大手ブローカーPepperstone社、日本在住者の受け入れを終了へ

ハイローオーストラリアが撤退する兆候は今のところまだない

Q HIGHLOWプラットフォームはオーストラリア向けのサービスですか?

A いいえ。すべてのお客様がHIGHLOWプラットフォームをお申し込み、利用することが可能です。
よくあるご質問 – HighLow

ハイローオーストラリア撤退の話、実は噂かも…


https://matome.naver.jp/odai/2142953049134101301/2142987351034680403

噂に惑わされないよう情報の取捨選択は重要!


https://matome.naver.jp/odai/2142953049134101301/2142987351034680603

【ポケモン赤緑青ピカチュウVC】覚えてる?初代ポケモン攻略サイ…

人生に疲れたら見てほしい、人生とは何かを思い出させてくれる映画…

【業界の闇】ハイローオーストラリアの日本撤退や潰れる噂は嘘【バイナリー】

うさ太郎

マツオカ

  • ハイローオーストラリアの日本撤退は国内業者のデマです
  • ハイローオーストラリアが日本からの撤退する、潰れると囁かれる不安要素

ハイローオーストラリア日本撤退はバイナリー国内業者による妨害工作

ハイローオーストラリア日本撤退はバイナリー国内業者による妨害工作

  • 国内バイナリーオプションは規制で稼げない
  • 営業時間…ハイローオーストラリアの問い合わせ可能時間
  • ハイローオーストラリアは日本から撤退せず安全に稼げるバイナリー業者

国内バイナリーオプションは規制で稼げない

簡単に言うと、バイナリーオプションの最大の強みである短期取引を封じ込められてしまったんですよね。

マツオカ

「国内」という事だけが取り柄の国内業者がつく嘘が「ハイローオーストラリアの日本撤退」

それだけでは押しが弱いので、広告仲介業者にステマ情報を拡散させ、「ハイローオーストラリアは日本から撤退する」とデマを流したのです。

マツオカ

ハイローオーストラリアを否定するステマ業者の見分け方

  • 国内バイナリーオプション業者推し
  • 海外業者は安心できないと言い続ける
  • 根拠の薄いハイローオーストラリアの日本撤退の主張

このあたりは完全にステマですね。実は、ハイローオーストラリアって広告仲介の権利って法人を持っていないとまず貰えないほど取得が難しい事で有名なんですよ。

うさ太郎

マツオカ

ハイローオーストラリアが日本からの撤退する、潰れると囁かれる不安要素

ハイローオーストラリアが日本からの撤退する、潰れると囁かれる不安要素

  • ハイローオーストラリアのアプリがダウンロードできない
  • EUのバイナリーオプション取引全面禁止
  • ハイローオーストラリアの取引口座移行

ステマ業者の特徴として、「根拠が全くない状態で悪口を言っても信じてもらえないので、事実の中で嘘をつく」傾向があります。

ハイローオーストラリアのアプリがダウンロードできない

  • Google ハイローオーストラリアが撤退する Play
  • App Store

うさ太郎

マツオカ

EUのバイナリーオプション取引全面禁止

…というのは建前で、「FXで金を落とせよ愚民ども」という事なんですよね。

うさ太郎

マツオカ

ハイローオーストラリアの取引口座移行

結局、その後はURLが変わったのと、ちょっとした手続きが必要なだけで済んだので問題ありませんでした。

マツオカ

ハイローオーストラリアが日本から撤退するという噂に騙されるな!

ハイローオーストラリアが日本から撤退するという噂に騙されるな!

  • 2013年頃からずっとハイローオーストラリアは撤退や潰れると噂されている
  • バイナリーオプションやるなら海外業者一択

2013年頃からずっとハイローオーストラリアは撤退や潰れると噂されている

マツオカ

バイナリーオプションやるなら海外業者一択

  • 海外業者:30秒から
  • 国内業者:2時間から

「ハイローオーストラリアの日本撤退や潰れる噂は嘘」まとめ

マツオカ

【実被害暴露】ハイローオーストラリアが撤退し日本でサービス終了するウワサ(ハイロードットコム)

【実被害暴露】ハイローオーストラリアが撤退し日本でサービス終了するウワサ(ハイロードットコム)

この記事でわかること 2020年版最新のハイローオーストラリア【ハイロードットコム】口座開設・登録手順 本人確認書類・承認作業についての補足 ごきげんよう、きよみです。 今回はご要望も多かった「Hig .

ハイローオーストラリア終了の噂は本当なのか

私もメイン口座の1つとして長らく利用していますが、出金トラブルもなく安定したサービスを受けてきていますし、客観的に業者としての信用度も高いです。若干サポートメールの返答が遅い感じを受けますが、それはユーザー数を抱えている大手である証拠でもあるでしょう。

ちなみに私は、使っていた海外バイナリーオプション業者が撤退し、 口座が消滅した体験が"何度も"あります。 ハイローオーストラリアが撤退する ぜひ皆さんにお伝えしたいびっくりエピソードもあるので、それも後述しますね…ふふふ…。

そもそも口座移行の通知の影響が大きかった

ハイローオーストラリアは過去何度も撤退と終了の噂が出ていますが、直近で決定的だったのは公式が行った 「口座移行」 の通知でしょう。

ハイローオーストラリア口座移行

正式に移行が実施されたのが「2019年6月16日」で、利用者としてはボタン操作1つで口座移行を行い、引き続きサービスを利用することができるので大きな問題は発生していませんが、いきなり「口座移行」と言われると不安に思われる方も少なからずいらっしゃったでしょう。直近で言えばこの時が最も撤退・終了が現実味があるように大きく話題になったタイミングだったかと思います。

口座が移行した理由

ハイローオーストラリアオーストラリアとマーシャル諸島

ハイローオーストラリアはその名の通りオーストラリアに運営拠点を置き 「HighLow Markets Pty Ltd」 という会社でサービスが展開されていました。

  • 変更前のURL:https://jp.trade.highlow.net
  • 変更後のURL:https://trade.highlow.com

なので提供サービスに変更はなくとも、事実上「運営拠点(国)」「サイト名・URL」などが変更となっており顧客の情報を許可なく移行させることができないため、利用者に移行確認というカタチで許可をとっていたという流れとなります。

もちろん名称の問題で 「当社とは関係ない~」 という返事をもらったものの、質問内容自体にはちゃんと回答してくれたので、事実とは異なる部分はハッキリしておかないと、と言う意味での言葉でした。そういう意味でも運営はしっかりしているという印象でしたよ。

(ワンポイント)ハイローオーストラリアは口座移行前、ハイロードットコムは移行後と認識くださいませ!

バイナリーオプション規制のこれまでの流れ

しかしハイローオーストラリアの撤退・終了の噂は、ずいぶんと昔から定期的に話題となっていた事をご存知の方も多いでしょう。(あくまで決定打が口座移行であっただけ)

日本による「バイナリー法改正」実施

ハイローオーストラリアバイナリー法改正

例えばFXでも国内よりも海外の業者のほうが、よりレバレッジを利かせらると海外業者を選ぶ人が多いですよね。それと同じ理屈で、日本ではギャンブル性を低くし、破産者を減らすためなどの理由で強い制限が設けらています。

結果、運営拠点がオーストラリアである以上、日本の法改正は適用されないということで、引き続き変わらず海外業者もサービス提供が行われているのですが、日本撤退・終了の話題はこの頃からあるので、利用者からすれば 「またか…」 というイメージを持っているでしょう。

EUでのバイナリーオプション取引禁止

そんな中2018年にEU(欧州)にてバイナリーオプションの規制強化が発表され、イギリス、ドイツ、イタリア、フランスなど、次々とバイナリーオプション取引を禁止にするという出来事がありました。

ハイローオーストラリアの場合、先述の通り当時はオーストラリアを拠点とし、今もうまく合法の上で運営を行えるよう口座移行など対応をしサービスを継続しているのですが、当時は 「ハイローオーストラリアも撤退する!」 と話題になった事を記憶しています。

ハイローオーストラリアに訪れた変化

ハイローオーストラリア公式アプリが終了

ハイローオーストラリアアプリ

逆に言えば、アプリの審査と公式サイトの運営は別物なので、アプリ終了を理由に撤退はないとも言えます。

ハイローオーストラリアで口座凍結が相次いだ?

ハイローオーストラリア口座凍結

それ故に悪質なトレーダーも多く、例えば規約上禁止されている自動売買ツールの利用者、複数の取引口座開設しボーナスを複数回受け取る、マネーロンダリングなどは口座凍結や、口座の強制解約なども随時ハイローオーストラリアは行っているのですが、一時期こういった取締が強化されたのではと噂になりました。

実際にそういった不正なアカウントがどれほどの量あったのかは定かではありませんが、歴史が長いサービスであれば取締強化を行うことは至極当然のことなので、確かに他の海外業者に比べると 所謂「口座凍結」の数は多い と思います。

実際に撤退した海外バイナリーオプション業者

ここまでハイローオーストラリアの撤退・終了の噂について紐解いてきました。結論としてハイローオーストラリアは今のところ撤退の可能性は低いと言えます。

ハイローオーストラリア撤退の可能性

バイナリーオプション業者が乱立した時代

バイナリーオプション芸能人武井壮

とは言え、悪質な業者がかなり多く紛れ込んでいて「入金したけど出金できない」などトラブルが相次ぎ、ここでバイナリーオプション自体が詐欺で悪質なものと覚えられた方も正直多いと思うのですが、私もバイナリーオプションをやっていると人に言えませんでした。

撤退を余儀なくされた"ハイローオーストラリアが撤退する 大手"サイトたち

現在、バイナリーオプションはハイローオーストラリア一強と言われるほど、トレーダー支持が偏っています。

【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

この記事でわかること バイナリーオプションとは おすすめのバイナリーオプション口座(業者)とその理由 バイナリーオプションで見ておくべきおすすめ要素 ごきげんよう、きよみです。 今回は数あるバイナリー .

しかし2014年の爆発的ブームから数年後、2016年~2018年頃はハイローオーストラリアと方を並べる人気業者がいくつか存在していて、24オプションオプションビットがその代表格だったのではないでしょうか。

24オプションとオプションビット

24オプションはもともとキプロスを拠点に運営をしていたものの、バイナリーオプション規制が強くなったため、運営地を変更し、かつ日本人向けとして24オプションの姉妹ブランド 「Yバイナリー」 という新規バイナリーサービスを立ち上げるなどしましたが、あえなく日本人向けのサービスを終了させていまいました。

YbinaryYバイナリー

海外が拠点である以上、日本の法規制の影響を受けないというのはハイローオーストラリアが撤退せずに営業を続けられている時点で証明されているのですが、悪質な業者が乱立したせいで「日本の金融庁の許可を受けていない業者は詐欺」という風評費が当時は強く、かつハイローオーストラリアが日本人ユーザーを多く囲ってしまい、日本人向けにサービスを提供してもあまり得はないと24オプション運営は判断し撤退したと言われています。

大手なのに出金せずお金持ち逃げ

オプションビット撤退

口座凍結オプションビットハイローオーストラリア

私の実体験を書くと、利益がそこそこ安定して出ていたので毎月出金を行っていたのですが、ある時(2018年の秋頃)いつもなら出金されている時期に入金されていなかったんです。

問い合わせをし、最初は 「出金申請が多くて対応が遅れている」 と言った回答だったのですが、とりあえずはサポートともやり取りができているので「しょうがないか、そんな時もあるだろう」とあまり深く心配もしていなかったのですが、翌月の出金申請と対応されず。

不安にさせてしまった方へお伝えできること

でもそんな経験をしているからこそ、ハイローオーストラリアは今は安心だと感じているという背景もあります。

結論としては、やはりハイローオーストラリアは今すぐの撤退の心配はなく、それを心配しだすと全ての業者に撤退の可能性があると言えると私は思います。

ハイローオーストラリアで大負けの原因と撤退時期を見極める

ハイローオーストラリアで負けた原因

バイナリーオプションは2択勝負であるにも関わらず勝率が50%ではないのはご存知の通りですが、負け続けるととことん予想が外れ続けてたかが2択を当選させる事が出来ない状態に陥る事があり、 どう足掻いても何故か勝てないという負け癖が付く場合があります 。確率上は2択ではありますがツイてない時は簡単に外しますので、ムキになって勝負を続けるよりも一旦休止をするなりチャート上で自信のある動きがあるまで大人しくしておくのが良いでしょう。

連敗からの大負けは賭け方に問題あり!?

大負けの原因

2択の勝負であっても連敗は避けられない物であり、5連勝する時もあれば5連敗する時もあります。問題は連敗時に如何に投資を抑えて、連勝時にどれだけ勝ち額を得られるかですが、 一定の金額を投資し続けたり負けた後に大きく投資金額を増やす事は非常に危険 な対策となります。

投資法を用いて投資金額を抑える

バイナリーオプションには特殊な投資法が存在し、それにより投資金額を抑える事が可能となっており、その手法を「マーチンゲール法」「グッドマン法」と呼びこれらの 投資法により負けも勝ちも安定させる事が可能 で大負けの可能性を下げる事が可能です。

グッドマン法を用いる事で敗北時の投資金額は少なく連勝時には大きく利益を得る事が可能となり、基本の金額を仮に1万円で設定をすると 1回の勝負で1万円以上の負債を追う事が理論上無く 、連勝時には10万円以上の利益を得る事が可能でしょう。

マーチンゲール法で確実に負債を取り戻す

一方のマーチンゲール法は連敗時は特に有効的な手法であり、単純に連敗を重ねる毎に投資金額を2倍に増やす手法で、一見無謀な挑戦に見えるかもしれませんが 連敗中に一度でも勝利をすれば投資金額全て取り戻す事が可能 となります。

勝負回数掛け金(投資金額)ペイアウト勝敗累計収支
1戦目10,000円2.00倍×-10,000円
2戦目20,000円2.00倍×-30,000円
3戦目40,000円2.ハイローオーストラリアが撤退する 00倍×-70,000円
4戦目80,000円2.00倍×-150,ハイローオーストラリアが撤退する 000円
5戦目160,000円2.00倍10,000円

上記の様に4連敗をしている状況下でもマーチンゲール法に基づき投資金額を倍に増やしていった結果、 5戦目に1勝をする事でそれまでの10万円にも及ぶ負債を全てチャラ にして勝利を得ています。

この様にテクニカル分析や知識が乏しい状況でも特定の投資法を行う事で大負けする可能性を減らし、 一回で取り戻すチャンスを得る事も可能となるのがバイナリーオプションの優れている点 です。

ツールへの頼りすぎは大負けの原因になりえる

ツールに頼りすぎない

バイナリーオプションでは数多くのツールが出回っており、無料の物から数十万円を超える物まで幅広く存在し 詐欺的な商品から本当に役に立つ商品まで様々 であり、見極めが非常に難しい商品なので初心者がいきなりツールを使用するのはオススメされていません。

ツールは有益な物から損をする物も・・・

ツールは使い方によっては非常に有益であり、単純に チャートを見やすくしたり相場の変動を詳しく知る為には有益 ですが、中にはエントリーするタイミングを知らせる自動売買ツールなど、ユーザーが特に何もしなくても良いソフトも存在しています。

情報を集めやすくするツールは有益であり使い勝手も良い物が揃っていますが、自動売買ツールは一定の条件で自動的にエントリー等を繰り返しますので、自力感が存在せず気づいたら口座残高が0になるという事も起こりえますので大負けの原因に為り得ますし、何より 公式サイトでは自動売買ツールは規約違反となる口座凍結の原因 になります。

勝率を謳うツールは詐欺の可能性大

バイナリーオプションにおいてテクニカル分析は必須の技術となりますが、 勝率○○%以上可能との売り文句のツールは大抵が詐欺商材 となり、ツールの通りにエントリーをしても全然勝てないという事案が多発しています。相場の世界で確実な勝利は存在せず、ツールを使用しての安定勝利は余程の知識と読みを自力で得ていない限りはありえず、ツールだけで確実に勝率を上げ続けるのは不可能となるでしょう。

ハイローオーストラリアから撤退する時期とタイミングは重要

確率だけに左右されない

ハイローオーストラリアの2択勝負であれば勝率50%だから次は勝てそうという考えは非常に危険であり、連敗した後の勝利も連勝した後の負けも決して約束された物ではなく、1回1回の勝負となるので自身の知識と経済指標に大きく左右され、 「High」が続いたから次は「Low」という考えは通用せず 予想に基づいたトレードが重要となるでしょう。

勝負回数連敗確率
1回目50%
2回目25%
3回目12.5%
4回目6.25%
5回目3.13%
6回目1.56%

上記は50%で連敗する可能性の確率であり、 5連敗したから次は1.56%でしか負けないという考えは間違い であり、勝率が50%である以上は常に50%勝負でこの確率が変動するのはテクニカル分析等で知識を得た上でエントリーをしている場合のみです。

撤退時期は収支に応じて決定する

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

  • 業者名:ハイローオーストラリア
  • 口座開設時間:2分
  • 判定タイプ:ハイロー 30セカンド、60セカンド、1ミニッツ、3ミニッツ、5ミニッツ、60ミニッツ、1日
  • ペイアウト率:約1.8倍~2倍
  • 取り扱い通貨:20通貨ペア
  • ハイローオーストラリアが撤退する
  • 最低取引額:1,000円

デモ取引はまずデモ取引画面にアクセスして、 右上のキャッシュバック案内の「取引を始める。」ボタンをクリック 。
無料ですので何度も試すことができます!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる