プロが徹底解説

覚えておきたい特徴とFX取引での活用法

覚えておきたい特徴とFX取引での活用法
FX

注目の今年度「想定為替レート」は? 為替市場の仕組みとプロの見方

最大で10連休にもなった今年のゴールデンウイーク。全国的に行動制限を伴わない春の大型連休は3年ぶりのこと。屋外も含め、日々アクティブに過ごした人も多いのではないだろうか。当たり前のように過ごしていた初夏を意識し始める独特な季節感も、今年はとても懐かしく、久しぶりに会う2人には、実に新鮮で貴重な時間となった。 「上場企業の3月期決算発表、いよいよ本番ね。会社計画を上回ったり、過去最高益を更新したりする企業の数も多そうだわ」 「何しろ、昨年度の東証上場企業の『想定為替レート』は1ドル105~110円程度。まさに『円安』効果が主役の決算ラッシュになりそうだ」 「でも、海外からの輸入コストは高くつくわよね? 原油などのエネルギー、それから原材料も。企業経営もバランスが大事ということね」 「この十数年で生産拠点を海外に移した企業も多いし、ドル建ての取引も増えた。『円安』メリットも昔ほどじゃないのは確かだ」 「『円安』と言えば、私、最近『FX』を始めたの。スマホで簡単にできるし、今がチャンスかなって。最近は為替取引所の様子もニュースでよく見るし、親近感もあるわ」 「ん? ……為替取引所。為替ブローカー(仲介取引業者)のこと?」 円形のテーブルを囲む人たちが、身ぶり手ぶりを交えながら、電話やマイクに向かって為替注文の売り手と買い手をつなぐ、そんななじみの光景。為替市場が動意づけば、決まって映像や写真で目にする。しかし実際は、株式を取引する東京証券取引所のような専用の取引所は為替市場には存在しない。 そんな為替ブローカー経由の取引も今ではかなり少なくなった。主流は、パソコンから売りや買いの注文を出し、自動的に取引を成立させる仕組み。金融機関同士が直接取引を行うことも当たり前の時代。これらの総称が為替市場だ。そんな為替取引で、社会人になり立ての頃の私が最初に抱いた疑問。それは世界中で多くの人が取引をするにもかかわらず、例えば「円」と「ドル」との交換比率、つまり「為替レート」が一つにまとまることの不思議だった。 資産運用の現場における私の最初の仕事は、国内大手信託銀行の外国債券・外国株式のファンドマネジャーだった。そこで目の当たりにした「裁定取引(異なる市場、同種の商品間の利益差や価格差を利用して利益を獲得する取引行為)」による為替レートの1本化。売りたい側は少しでも高く売りたいし、買いたい側は少しでも安く買いたい。両者のこの思いが、瞬間的に生じたはずの複数の「為替レート」を瞬時に一つにまとめていく。情報効率の高い為替市場では、一物一価がみるみる実現していく。あの時の感動は今でも鮮明に覚えている。

1000万円でできるおすすめの投資は?
資産運用のメリットとリスクを徹底解説!

IMAGE PHOTO

INDEX

低リスク・高コスパの資産運用

株やFXは短期間で大きく資産価値が変動するため、細かく管理する労力(コスト)がかかります。
家賃は景気による大幅な増減はしないため、不動産は、手間をかけずに長期の安定したリターンが望める投資先です。

1000万円を投資!資産運用10選

IMAGE PHOTO

不動産投資

メリットデメリット
・毎月入居者から家賃収入を得られる
・ローンを活用すると生命保険効果が得られる
・税金の節約につながる
・ワンルームなら少額でも始めやすい
・空室や家賃下落のリスクがある
・種類によっては初期投資にまとまった資金が必要になるケースがある
・土地や建物の価値が下落するリスクがある
・災害によって破損する恐れがある

メリットデメリット
・少額で始められる
・複数の不動産に投資してリスクを分散できる
・上場リートなら売買しやすい
・不動産そのものを所有できない
・投資先の会社が倒産するリスクがある
・上場を廃止すると価値が下落する

不動産私募ファンド

メリットデメリット
・REIT(公募ファンド)に比べて高いリターンが期待できる
・運用の自由度が高いケースが多い
・専門的な知識を必要とする場合が多い
・多額の初期費用を求められる

ロボアドバイザー

メリットデメリット
・投資の知識がなくとも始められる
・一任型の場合、売買のタイミングを見極める手間が省ける
・客観的な判断が可能
・元本割れのリスクがある
・手数料が発生するケースが多い
・経験と知識を蓄積できない

メリットデメリット
・運用のプロに任せるため、専門的な知識が不要
・リスクを分散しやすい
・売買や管理のための手数料が発生する
・リアルタイムな取引が困難

ヘッジファンド

メリットデメリット
・投資できる対象が限定される
・比較的自由な運用が可能
・投資信託に比べて利回りが高い
・多額の資金を要するケースが多い
・元本割れのリスクがある

メリットデメリット
・普通預金より金利が高い傾向がある
・外国の高い金利が利益になる場合がある
・為替変動で元本が割れるリスクがある
・取引の際に手数料が発生する

メリットデメリット
・好きなタイミングで売買できる
・売買差益のほか、企業から配当金が出る場合もある
・株主優待がある
・専門的な知識が必要
・業績悪化や倒産が理由で価値が大幅に下落するリスクがある

メリットデメリット
・短期間でハイリターンが実現できるケースがある
・日本円以外の通貨でも購入できる
・利息を得られる場合がある
・他の方法に比べてリスクが高い
・強制的な売却により損失が生じるリスクがある

メリットデメリット
・24時間いつでも売買できる
・さまざまな仮想通貨に分散投資が可能
・売買にはインターネット環境が必要
・税率が高額な傾向にある
・価格変動が激しい

おすすめできない資産運用は?

ローリスクでスタートする不動産投資

株やFXと比べ不動産投資は”老後に備えたい方”や”中長期的な運用をしたい方”向けの初心者におすすめなローリスク&ロングリターンな資産運用です。

資産運用をするメリット

IMAGE PHOTO

知らないと損をする? 最低限身に付けておきたい「金融リテラシー(知識・判断力)」

「金融リテラシー」って何?~「お金との付き合い方」を知って、確かな人生を

資料:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)(平成25年)を基に作成
(注)
1. 金融資産非保有世帯を含むベース。
2. 「生命保険」は、これまで払い込んだ保険料の総額。ただし、掛け捨ての保険、年金型商品は除く。
3. 「個人年金保険」は、これまで積み立てた掛け金の総額。ただし、公的年金の掛け金を除く。
4. 「債券」、「株式」、「投資信託」は時価。「株式」には従業員持株制度による株式を含む。
5. 「その他金融商品」は抵当証券、金貯蓄口座、オプション取引など。

「金融経済教育」はなぜ必要?~「金融リテラシー」を身に付けておきたい3つの理由

(1)金融リテラシーで生活スキルを高めよう

(2)金融リテラシーを向上して、健全で質の高い金融商品を育てよう

近年、金融にかかわる規制緩和を背景に様々な金融商品が登場しています。さらにクレジットカードやキャッシングにかかわる金融サービスなど、多種多様なサービスが提供されるようになっています。
選択の幅が広がる一方で、それぞれの金融商品や金融サービスの仕組みや特徴、リスクなどについて利用者が正確に理解することが難しくなっています。様々な利用者保護を図る仕組みはありますが、なによりも、利用者一人一人が金融リテラシーをもち、商品を選別する目を養うことが重要です。
金融に限らず多くの商品やサービスでは、消費者が十分な知識や情報を持ち厳しい選択眼を持つことで適切な競争を促し、よりニーズに合った良質な商品やサービスを生む原動力となってきました。私たち一人一人の金融リテラシーが向上し、質の良い金融商品や金融サービスを選択することで、質の改善が図られ、より良い金融商品や金融サービスが普及していくことが期待されます。

(3)家計の金融資産を有効活用しよう

最低限身に付けておきたい「金融リテラシー」とは?~金融知識に加え、家計管理、生活設計、金融商品の選択、外部の知見を活用する力

最低限身に付けておきたい金融リテラシー(4分野・15項目)

分野1. 家計管理

分野2. 生活設計

分野3. 金融と経済の基礎知識と、金融商品を選ぶスキル

【金融取引の基本としての素養】
(3)契約をするとき、契約の基本的な姿勢(契約書をよく読む、相手方や日付・金額・支払い条件などが明記されているか、不明点があれば確認するなど)を習慣にすること
(4)情報の入手先や契約の相手方である業者が信頼できるかどうかを必ず確認すること
(5)インターネット取引の利点と注意点を理解すること

【金融分野共通】
(6)金融と経済の基礎知識(単利・複利などの金利、インフレ、デフレ、為替、リスク・リターンなど)や金融経済情勢に応じた金融商品の選択について理解すること
(7)取引の実質的なコスト(価格、手数料)を必ず確認すること

【保険商品】
(8)自分にとって保険でカバーしたい事態(死亡、病気、火災など)が何かを考えること
(9)カバーすべき事態が起きたとき、必要になる金額を考えること

【ローン・クレジット】
(10)住宅ローンを組む際の留意点を理解すること
ア.無理のない借入限度額の設定、返済計画を立てること 覚えておきたい特徴とFX取引での活用法
イ.返済を難しくさせる事態に備えること
(11)無計画・無謀なカードローンやクレジットカードなどの利用を行わないことを習慣にすること

【資産形成商品】
(12)高いリターンを得ようとする場合には、より高いリスクを伴うことを理解すること
(13)資産形成における分散(運用資産の分散、投資時期の分散)の効果を理解すること
(14)資産形成における長期運用の効果を理解すること

知らないと損をする? 最低限身に付けておきたい「金融リテラシー(知識・判断力)」

「金融リテラシー」って何?~「お金との付き合い方」を知って、確かな人生を

資料:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)(平成25年)を基に作成
(注)
1. 金融資産非保有世帯を含むベース。 覚えておきたい特徴とFX取引での活用法
2. 「生命保険」は、これまで払い込んだ保険料の総額。ただし、掛け捨ての保険、年金型商品は除く。
3. 「個人年金保険」は、これまで積み立てた掛け金の総額。ただし、公的年金の掛け金を除く。
4. 「債券」、「株式」、「投資信託」は時価。「株式」には従業員持株制度による株式を含む。
5. 「その他金融商品」は抵当証券、金貯蓄口座、オプション取引など。

「金融経済教育」はなぜ必要?~「金融リテラシー」を身に付けておきたい3つの理由

(1)金融リテラシーで生活スキルを高めよう

(2)金融リテラシーを向上して、健全で質の高い金融商品を育てよう

近年、金融にかかわる規制緩和を背景に様々な金融商品が登場しています。さらにクレジットカードやキャッシングにかかわる金融サービスなど、多種多様なサービスが提供されるようになっています。
選択の幅が広がる一方で、それぞれの金融商品や金融サービスの仕組みや特徴、リスクなどについて利用者が正確に理解することが難しくなっています。様々な利用者保護を図る仕組みはありますが、なによりも、利用者一人一人が金融リテラシーをもち、商品を選別する目を養うことが重要です。
金融に限らず多くの商品やサービスでは、消費者が十分な知識や情報を持ち厳しい選択眼を持つことで適切な競争を促し、よりニーズに合った良質な商品やサービスを生む原動力となってきました。私たち一人一人の金融リテラシーが向上し、質の良い金融商品や金融サービスを選択することで、質の改善が図られ、より良い金融商品や金融サービスが普及していくことが期待されます。

(3)家計の金融資産を有効活用しよう

最低限身に付けておきたい「金融リテラシー」とは?~金融知識に加え、家計管理、生活設計、金融商品の選択、外部の知見を活用する力

最低限身に付けておきたい金融リテラシー(4分野・15項目)

分野1. 家計管理

分野2. 生活設計

分野3. 金融と経済の基礎知識と、金融商品を選ぶスキル

【金融取引の基本としての素養】
(3)契約をするとき、契約の基本的な姿勢(契約書をよく読む、相手方や日付・金額・支払い条件などが明記されているか、不明点があれば確認するなど)を習慣にすること
(4)情報の入手先や契約の相手方である業者が信頼できるかどうかを必ず確認すること
(5)インターネット取引の利点と注意点を理解すること

【金融分野共通】
(6)金融と経済の基礎知識(単利・複利などの金利、インフレ、デフレ、為替、リスク・リターンなど)や金融経済情勢に応じた金融商品の選択について理解すること 覚えておきたい特徴とFX取引での活用法
(7)取引の実質的なコスト(価格、手数料)を必ず確認すること

【保険商品】
(8)自分にとって保険でカバーしたい事態(死亡、病気、火災など)が何かを考えること
(9)カバーすべき事態が起きたとき、必要になる金額を考えること

【ローン・クレジット】
(10)住宅ローンを組む際の留意点を理解すること
ア.無理のない借入限度額の設定、返済計画を立てること
イ.返済を難しくさせる事態に備えること
(11)無計画・無謀なカードローンやクレジットカードなどの利用を行わないことを習慣にすること

【資産形成商品】
(12)高いリターンを得ようとする場合には、より高いリスクを伴うことを理解すること
(13)資産形成における分散(運用資産の分散、投資時期の分散)の効果を理解すること
(14)資産形成における長期運用の効果を理解すること

FXとは?利益が出る仕組みを初心者にも分かりやすく解説!

表のように1ドルを90円で買ったとします。その後1ドルが110円になったタイミングでドルを売ると、20円の利益を得ることができます。

つまり 値上がりする(チャートが右上にのびる)と思ったら買い→売り の順番で売買を行うと利益がでます。

②高く売って安く買う

FXは 通貨を買う前に売ることができる ことが特徴です。
後日買い戻すことを約束に手元にない通貨を売ることができます。

つまり 値下がりする(チャートが右下にのびる)と思ったら売り→買い の順番で売買を行うと利益がでます。

③スワップポイント

このランドと円の金利差を スワップポイント といいます。
ランドを買い円を売らずに保有していると、このスワップポイントを金利として毎日受け取ることができます。

高金利通貨はどれ?

  • オーストラリアドル
  • ニュージーランドドル
  • メキシコペソ
  • トルコリラ
  • 南アフリカランド

ただし高金利通貨を売って低金利通貨を買わずに保有している場合は、 スワップポイントを支払う ことになります。
とくに南アフリカランドやトルコリラなどの新興国通貨は値動きが激しいため、金利が大幅に下がる可能性もあるため買ったまま放置しないよう注意しましょう。

FXで覚えておきたい用語とは?3つを簡単に解説

ポジション

新しく買い注文・売り注文をしてから決済するまでの状態を ポジション 、または 建玉 (たてぎょく)といいます。
ポジションをもつ・ポジションを建てるという表現を使うことが多いので、ぜひ覚えておきましょう。

ポジションをもった状態では決済をしていないため、利益・損失は確定していません。
この確定していない状態の利益を 含み益 、損失を 含み損 、まとめて 含み損益 といいます。

レートが自分の予想と反対の動きをした際にでる損失を確定する決済のことです。
FXでは 早めの損切で損失の拡大を防ぐ ことが大切です。

スプレッド・レバレッジとは?FXでの仕組みを解説!

スプレッドは取引コスト

FXでは取引する際、売値と買値の2つの価格が同時に表示されます。
その際売値を Bid 、買値を Ask 、売値と買値の差を スプレッド と呼びます。
スプレッドは証券会社に支払うため、実質の取引コストとなります。

たとえば1ドル=109.515円のときにドルを買い、値動きしないうちに売ったとします。
通常であれば同じ値段で売ったので利益・損失ともに0のはずです。
しかしこのスプレッドがあるために売るときは1ドル=109.519円となり0.004円の損失となります。

少額資金で取引ができるレバレッジ

レバレッジは少額のお金で大きな金額の取引ができることがメリットです。
しかし 損失をだしたときの支払う金額が大きくなる 可能性があります。

資金を守るロスカット

例えば
・レバレッジ25倍
・有効証拠金5万円
・必要証拠金4万円

1ドル=100円で1万通貨の取引を行う場合
有効証拠金(5万円)÷必要証拠金(4万円)×100=125
証拠金維持率は125%となります。

また証拠金維持率が100%を下回ると、証拠金の追加が必要な場合があります。
この追加の証拠金のことを 追証 (おいしょう)と呼びます。

FXを始めるのにはいくら必要?

1万通貨 → 5,000円の利益
1,000通貨 → 500円の利益

覚えておきたい特徴とFX取引での活用法 覚えておきたい特徴とFX取引での活用法
レバレッジなし レバレッジ2倍
NZドル/円 78万 39万
トルコリラ/円 12万 6万
南ア/円 7万 4万
ペソ/円 4万2万

よくあるQ&A!FXの学習のやり方は?

本サイトではFX初心者にGMOクリック証券のFXネオをおすすめしています。
GMOクリック証券はFX取引高が世界No.1※という実績があり、初心者だけでなくFX上級者にも長い間選ばれているFX会社です。
特にスマホで取引をする場合はウィジェットに為替の状況が出たり、スマホアプリのチャートが見やすいといった利点があります。まずスマホで手軽に始めたい初心者はGMOクリック証券FXネオの口座を開設するといいでしょう。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

FX初心者でもまずは口座開設から始めてみよう!

FX

外為どっとコムの評判や口コミは?手数料やキャンペーン紹介

FX

LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力!評判や口コミは?

FX

FXブロードネットの取引システムの評判は?口コミや手数料も紹介

FX

MATSUI FXの口コミ評判!100円から取引できるって本当?

FX

GMOクリック証券 覚えておきたい特徴とFX取引での活用法 FXネオの口コミ評判は?デモ取引も解説

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。 覚えておきたい特徴とFX取引での活用法
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる