内部者取引

バイナリー オプション 海外 手法

バイナリー オプション 海外 手法
前提の準備 利用するバイナリーオプション業者:ハイローオーストラリア/HighLow 利用するトレードツール「MT4」:MT4の設定 トレードの考え方 「HighLow」「Turbo」はトレードスタイルによって使い分ける.

バイナリーオプションの取引方法の種類と違いとは?種類別のメリットデメリットと攻略法

ハイローオーストラリア/HighLowのメリット 倒産時にも顧客資産は保護される 最短30秒の短期取引が可能 最大2.3倍のペイアウト倍率の取引が可能 国内銀行送金での出金が可能 出金時の手数料無料 デモ口座がすぐに使えて使いやすい 口座開設で出金条件のない5,000円ボーナスあり ポイントプログラムありハイローオーストラリア/HighLowのデメリット トレードプラットフォームの機能が弱いハイローオーストラリア/HighLowのおすすめポイントハイローオーストラリア/HighLowがもっとも優れている点は「業者の信頼性」です。.

High&Low(ハイ・ロー)オプション(スプレッドタイプ)

High&Low(ハイ・ロー)オプション(スプレッドタイプ)

High&Low(ハイ・ロー)オプション(スプレッドタイプ)とは
High&Low(ハイ・ロー)オプション(スプレッドタイプ)のメリット
  • ペイアウト倍率が2倍以上と高い
High&Low(ハイ・ロー)オプション(スプレッドタイプ)のデメリット
  • はじめからスプレッド分負けた状態でスタートするので勝ちにくい
High&Low(ハイ・ロー)オプション(スプレッドタイプ)のペイアウト倍率相場
High&Low(ハイ・ロー)オプション(スプレッドタイプ)の例

High&Low(ハイ・ロー)オプション(スプレッドタイプ)の例

ハイローオーストラリア/HighLowのメリット 倒産時にも顧客資産は保護される 最短30秒の短期取引が可能 最大2.3倍のペイアウト倍率の取引が可能 国内銀行送金での出金が可能 出金時の手数料無料 デモ口座がすぐに使えて使いやすい 口座開設で出金条件のない5,000円ボーナスあり ポイントプログラムありハイローオーストラリア/HighLowのデメリット トレードプラットフォームの機能が弱いハイローオーストラリア/HighLowのおすすめポイントハイローオーストラリア/HighLowがもっとも優れている点は「業者の信頼性」です。.

海外バイナリーオプションにとって結局どの手法がいいのか


(上の絵はLOWを買うとき。HIGHを買うときは逆です) バイナリー オプション 海外 手法
順張りというのは長期のトレンドと同じ向きを買うことです。

シンプルな順張りの例

ドル円の1分足です。
デモです。
なかなか教科書にあるようなきれいな下げトレンドは見つかりませんが、これは一応下がっているということで下落トレンドです。
順張りなのでLOWを買います。

トレンドラインを上に引くと、抵抗ラインというのになります。
これは、下落トレンドのときはこれ以上上がらないという考えをします。
黄色い↓のところはもう下がり始めています。

ということで、ラインに近付いた後は下がるだろうということでタイミングが少し遅かったのですが、LOWを買いました。
順張りのときは少しくらい上下しても最終的にはトレンドと同じ方向に行くと考えられるので、長めの判定時間で1分(ローソク足1本分でもあります)を買います。
判定時間3分とかでもいいときもありますが、逆に30秒など短くすると誤差で負けるかもしれません。


いい感じでまだまだ下がりました。

このように、トレンドラインを引くのが一番シンプルにできると思います。
トレンド方向をみるために移動平均線やボリンジャーバンドを使うこともあります。

勝てるときと勝てないとき

シンプルな逆張り手法は勝てるのか


(上の図は下がっているときにHIGHを買うとき。LOWを買うのは逆)
逆張りというのは長期のトレンドと反対の向きを買うことです。

シンプルな逆張りの例

さっきのドル円は、安値が下がっていかないのでちゃんとした下落トレンドにならないかもしれません。
安値が似たようなところで止まるので、下に適当に水平ラインを引きました。
引くためのピッタリな位置を選ぶのは難しいですが、ここでは一番低いところにしました。

理想をいえば、下の水平ラインに触ってから反発して上昇するといいのですがそうならなさそうです。
下ヒゲは、下がったけど上がったということです。
その次のローソク足が上からはじまっていますし、これからしばらく上がるかもしれません。

HIGHを買いました。

V字を描いて上がるというわけでもないですね。

とちゅうで危ないときがありました。
このときに判定時間を迎えて居たら負けだったのですが、30秒後にはまた上がったのでセーフです。

トレンドと反対方向に跳ね返るという短時間の動きを狙うのですが、慣れないと失敗続きになります。
シンプルな方法として紹介しましたが、ラインの引き方も、ある程度練習したほうがいいかもしれません。
こちらも、ほかのテクニカルインディケータを使うことができます。

勝てるときと勝てないとき


上の図は、さっきのトレードの後の様子です。
結局上昇しました。後で見れば順張りにも見えますね。
安値が下がっていかなかったのもあって、やっぱり下落から上昇への転換タイミングだったようです。

逆張りの勝てるときは、このような転換のときと、レンジ相場のときです。
うまくトレンドラインを引けるなら、そうでなくても勝てることがあります。
転換のときは見極めるのが難しいのでふつうはレンジ相場のときにしましょう。

また、 トレンドに関係なく急変があって価格が行き過ぎたときにその反対を買うと勝ちやすい ですが、
短時間にしないと上下の動きが出て失敗します。これはFXなどでもグランビルの法則というので有名な方法です。

天才的な人がやるよくわからない手法、参考資料

すごく勝てているtweetをあげているような人で、説明もしているのに読んでもよくわからないことがあります。
これは、本人もうまく説明できないような直感や経験則、センスでやっていて言葉にできていないのです。
こういうのを読むと自信を失ってしまうことがありますが、気にしないようにしましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる